レウさん用よだれかけ作成 ~プランニング編~

まっきっきです。

前回の「レウさん、おめかしをする」にて、レウさん用のよだれかけ(「スタイ」と言うらしいですね。でもレウさんはミス・よだれですから、あくまでよだれかけです)を購入したことを書いたのですが、胸毛にべっちょりとよだれがつかないため、お手入れも少しだけ簡単に! やっぱりこれはなかなかどうして便利ですよ。

少し使ってみて分かったのですが、一枚だけじゃ絶望的に足りない。毎日洗ったとしても、まず乾燥が間に合わないので、どうしても複数枚必要です。

かといって、二千円近い金額はちょっと痛い。今後もヘタったり、破れたり、致命的なまでに汚れてしまってリカバー不能なんて状況が存分に考えられます。ここは一念発起して、よだれかけを自分で用意してしまおうプロジェクト(YODARE.J)を思い立った次第です。

人間の赤ん坊用のものなんかはきっと安価だし、これを使えばいいじゃないか!と名案が雷鳴の如く降りてきた(教えてもらった)のですが、昨日の散歩中になんとかいい写真が撮れないものかパシャパシャやっている際に、ベビーカーを押している奥様がいらっしゃったのです。

その様子を見て、致命的な問題があることに気がついてしまいました。

首周りが六十センチの赤ん坊なんてこの世にはいない。

きっとこの世のどこを探してもいない。よって、そんな商品のあろうはずもない。

やはり自分で作るのがいいんだろうという結論に至ったものの、裁縫なんて……えーと、何年ぶりだろう? 高校の家庭科なんかでやったかな……やった記憶がない……ぐらいのもので、おそらく最終裁縫履歴からちょろく十年以上は経過している計算になります。幸いなことに、すでに購入してある「お手本」があるので、これを採寸して、生地を買ってちょいちょいとやれば、思ったよりも簡単にできるはず!

とりあえず、必要そうなものをピックアップ。近所に洋裁用品を扱っている店なんてものはないので、お手軽に百円ショップで集めることになりそう。ハンズまで行くのはめんどくさいですしね!

  • タオル
  • ゴム
  • バイヤステープ(なんじゃこりゃ?)
  • 裁縫道具

うーん、意外と少なかった。

マジックテープやボタンなどでぺとりと止めるのが一般的なようですが、今のホックタイプのよだれかけが若干苦しそうに見えるので、ゴムでゆるめに固定できるように作ってみることにします。実はすでにヤフオクでハンディミシンを五百円かそこらで落札したものの、まだまだ届きそうにないので今回は昔ながらの手縫いでやってみることにします。

しかし、まぁ。

男性一人暮らしでよだれかけを作ろうとしているのは、ぼくだけなんじゃないだろうか。

空を見る。

  1. バイヤステープってのはあれだ。切った布がほつれないよう、周囲をぐるーっと縫うための布テープ。
    素材も太さも色もさまざまなものが売ってます。レース飾りがついたものを使うとゴージャスよだれかけに!

    んーでもひとつ思ったんだけどさ、人間用のヨダレかけのサイズでジャストフィットなら、ソレを買ってきて紐を加工したほうが早いと思うのよね。
    レウさんの首まわりの部分だけ作って、それをヨダレかけに縫い付ける。たぶん、吸水性もそっちのほうが良いだろう。
    パイル地(タオル地)はミシンで縫うにも引っかかることが多くて、けっこう苦労すんですよ。

  2. 私も赫乃丈サンに賛成です。
    バイアステープは、縫い物初心者にはなかなか厄介ですし。
    よだれかけはカーブが多いから、小さいわりに大変だと思いますよー。

    どんなのできるだろう、男性の縫い物。
    興味津々ですぅ。
    完成までのプロセス、見てみたいなあ。

    それにしても、首周り60センチですと!?ゲラゲラ。。。

    • Newf
    • 2007年 8月 9日 11:18am

    うむむ、難しいのですか! しかし既製品の改造は負けた気が!!

    近くの大手スーパー(ライフ)にいったものの、バイヤステープなんていうものはなく、裾上げテープしかなかったので、スゴスゴと帰ってきました。もしや自作しないとダメなのかしら……?

  3. バイヤステープはスーパーの裁縫コーナーにはないねえ。
    あれは0から裁縫する人のためのグッズなので、手芸店とかじゃないと置いてない。
    ホームセンターに手芸店が併設されてるようなとこだと入手しやすくていいよ。
    ジョイフルなんちゃらとか。ビバホームとか。

  1. トラックバックはまだありません。