[犬との暮らし] ときどき犬と話をしよう。

犬はヒトが思うよりもヒトが話していることを理解、または理解しようと努めています。

『この子は私の言うことをひとつも理解しないのよ!』だなんて言う前に、まず大事なことが一つあります。それは、自分こそが犬の言葉を理解しようとしているかです。

子供の言葉が分からないからといって、子供の出すシグナルを無視する親がいるでしょうか? まだ言葉をじょうずに理解できない幼い子供に話しかけて、伝わらないからと言ってかんしゃくを起こすのでしょうか?

それと同じことです。犬は言葉を話すことこそはできませんが、身体すべてを使って、自身の意志を周囲に伝えようと―つまり、話しかけているのです ((カーミング・シグナルというやつです))。しっぽを振っていればうれしいと感じている、という解釈は有名ですが、何もこれだけではありません。しっぽの動きを一つとっても、高くゆっくり小さく、早く大きく、水平にゆっくりと、低くゆっくりと……といくつものパターンがあります。これに加えて、表情やその他の身体の動きから犬が何を伝えようとしているのかが変化しています。

ヒト以外の生物の反応はただ外界からの刺激に応答する反射的なものと主張されることもあるようですが、犬(それ以外でもかまいません!)とともに暮らして、行動がすべてプログラミングされたものであると心の底から信じられるでしょうか? ぼくにはそうは思えません。

朝起きてあいさつをすればキスをしてくれて、ご飯だよと声をかければうれしそうにし、おやつを見せればサッとおすまし顔になったりと……そう、すべての犬には、うれしそう、悲しそう、怒っているだなんて、れっきとした感情が存在するのです。

犬と会話をするために必要なことは、ヒトの言語を教えることが第一ではありません。赤ん坊の発する「言葉」を理解して、赤ん坊に意志を伝えるかのように、犬の言葉を理解して、犬の言葉で会話をすることです。

http://video.google.com/videoplay?docid=-4517619205028703134

この動画を貼り付けるためだけに、たいそうなことを書いてしまいました!

フヒヒ!スイマセン!

  1. おいィ?
    ロイはともかく、レウが真っ黒すぎて見えません!
    なんとかしろ。

    • Newf
    • 2007年 8月 21日 6:25pm

    だって黒いんだからショウガナイヨー!

  1. トラックバックはまだありません。