[犬との暮らし] ひとりとの暮らし。

ねてるんですようこのウェブログのテーマは『ひとりぐらしでどでかい犬を飼ってるよ!こいつバカだ!』というものだったはずなのですが、すっかりそんなことも書いておらず、我ながらびっくりするほど雑多な内容ばかりを書き捨てていました。

いい加減にここいらで、一人暮らしで犬と暮らすことについて書いていくことにしてみます。

はじめに断っておきますと、「一人暮らしで犬を飼うなんて!飼う資格がそもそもない!」という意見があることは十分に承知しています。 犬は群れで暮らす生き物ですから、群れから離されると、犬にとって精神的なストレスを与えることになってしまいます。それに自分の身にもしものことがあれば、大変なことになりますからね。……と分かっていながらも犬と暮らしている自分の、なんとエゴの酷いことか。

それでも一人暮らしで犬を飼いたい、そう考えてしまうならば、我が子を幸せにするためにも自分も相応の代価を支払わねばなりません。たとえば……

  • 飲み会の誘い
  • 平日の自由時間
  • 土日祝日の自由時間
  • 家具、電化製品、その他もろもろ

ぼくの場合、てっきり飲みに行くことがなくなりました。

元からお酒がさほど好きではないということも大きく、誘いがあっても「息子と娘が待ってるんで!」といってサッと帰ってしまう、ノーコミュニケーション・ビジネスライフを満喫しております。

これだけ聞くと、あわよくば「なんて家族思いの人なのステキ愛してる」と展開しかねないところですが、実はうさぎと犬なので、ただの寂しいちょっとおかしな人止まりといったところです。

出世ストリートというものが、この世に本当にあるのならば、大きく外れてコースアウト、タイヤも外れて復帰不可能な状態であることは明らかなのでしょうが、 これは覚悟すべきです。

平日は仕事から帰って家事に散歩にと動き回ると、あっという間に翌日に備えるために眠らなければならない時間になってしまいます。土日に関しては、平日に寂しい思いをさせている分、存分にモフモフっとしてあげる必要がありますから、自分のための時間というものは激減します。「人間の子供でも同じに違いない」と自分に言い聞かせるのがコツです。

そして日中には仕事に出ている間、当然、留守番をさせる必要があります。

これが小型犬なんかである場合は、少し大きめのサークルなんかを用意して、生活に必要なすべてをそのサークルに入れると言うことが出来るはずですが、大型犬となるとなかなかどうしてそうはいきません。

ましてや、我が家はウサギの額ほどの豆部屋です。ニューファンドランド一匹をまるっと収納できるサークルなんかを用意した日には何もおけなくなること請け合い。

とはいえ、ケージに何時間も入れておくのはかわいそう ((この甘さが身の破滅を招くと知りながらも))……となると、そのまま部屋で自由に行動させるしかありません。結果、家に帰るとまるで台風が過ぎ去ったのように荒らされた部屋を目にすることになります。ほんの一例ですが、

  • Please チェア
  • 掃除機
  • 炊飯器
  • 17インチ液晶モニタ
  • ゲーム用コントローラ 三つ

ざっとこんなものが壊されました。

もちろん、こんな程度じゃ済んでいません。フィギュアがばらばらになっていたり、DVD-R(50枚入り)が部屋中に散らばり幻想のプリズムを彩っていたり ((もちろん、どれも使えなくなっていました))、本や雑誌がばらばらになるなんてことは日常茶飯事ですし、うんこが爆散していることなんて珍しくもなかったりします。

こんな目に遭いながらも、犬を飼ったことを真に後悔したことはあるかどうか? 買って一週間足らずの掃除機を壊されたときには心底落ち込みましたが、それでも、ありません。いろいろな覚悟をしたり、いろいろな物的損害を被ったりもしますが、あったかくてもふもふとしているものがすぐ手の届く位置にいるというのは、何物にも代え難い、すてきなことです。

それに被害総額を出すのが恐ろしくなるほどのクラッシャーっぷりを発揮していた我が家のレウさんですが、最近ではようやく落ち着いてきてくれました。ゴミ箱も散らばらず、雑誌も元の位置にあり、机の上のものも動いていない……。たいへんすばらしいことです。

ほんのわずかな覚悟があれば、人も犬も一緒に暮らすにつれて少しずつお互いが利口になっていく、そんな関係を築けるのだといいですね。

犬と犬はやくかえってきてください

  1. よく考えると、ペットを飼うと物理的に失うもののほうが大きいのに(笑)精神的な満足感を求めて飼っちゃうんだよねー。
    いや、心の満足はモノでは満たせませんから!ええ!(イタチのうんこを掃除しながら)

    • Newf
    • 2007年 8月 24日 7:22pm

    思い出はプライス・レス!(犬のうんこを掃除しながら)

  2. "出世ストリート"問題、女性から見ると「何を今更…当たり前」って内容。「何を今更」が世帯主かつ主な収入源である"べき"男性に降り掛かって、やっと「問題」として世間は認識する。" http://blog.newf.jp/2007/08/24/94/

  1. トラックバックはまだありません。