[犬との暮らし] 股関節形成不全に立ち向かえ。

なあに、それ?股関節形成不全という遺伝性疾患をご存じでしょうか?

という書き出しですが、ところどころ間違った知識があるかもしれません。そのときはごめんなさい。笑ってアホだなと指摘してやってください。いや、やっぱりそうやられると、とてもヘコみそう。できれば優しくお願いします。

特に大型犬に見られやすいもので、人気のある犬種だとゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグ、そしてニューファンドランドなどに多く見られ、症状が進行すると激痛とともに歩行すら困難になるという、まるで慈悲のない疾患です。

ごく簡単に説明すると、関節の受け皿(関節は凹凸になってますよね。この凹部分です)部分が疾患(もしくは飼育環境)により、変形し、関節を支えられなくなってしまうのです。関節がしっかりと支えられないなら、骨が離れてはぶつかり、亜脱臼にもなり、炎症も引き起こして、それらが繰り返されることでさらに変形し……という悪循環を生み出します。

内科的な治療方法はなく、痛みを生み出す原因となる骨頭を切除したり、関節部分そのものを人工の関節に置換したりするという外科的手法による対処が必要になってしまいます。しかし日本では、人工股関節への置換手術ができる獣医師も数少なく、またその費用も高額です。 ((両足で百万超えます。))

我が家のレウさんは、重度の股関節形成不全です。

関節を支えるカップがない。

これがつい先週に撮ってもらった最新のレントゲンです。どちらとも関節を支えるカップが摩耗し、特に左足の部分がズレていることがわかるでしょうか。ちなみに昨年の12月に撮ったレントゲンでは、関節と関節の隙間がもっと空いていました。これは成長によって、関節のゆるみがなくなりつつあるのでしょう。

生後半年になってから、ようやく散歩にも慣れてきたころ、おしりを振って歩くような仕草をし始めたのを見て、暗い感情が降りてきたことを覚えています。

このおしりを振って歩く様はモンロー・ウォークと言い、股関節形成不全の特徴的な症状です。このほかにも足を崩すように座る姿が目立つようになってしまい、大型犬を迎えるにあたってざっと仕入れた程度の浅い知識しか持たなかったぼくには、ただぼんやりとこれが良くない兆候であるとしか分からず、その深刻さがよく理解できていなかったのです。

動物病院に連れて行ったところ、先生はレウの後ろ足を触り、「相当悪いですね」と一言。また、すでに骨の変形が見られるため、三点骨盤骨切術は行えず、最後の手段となる大腿骨頭切除術か、人工股関節置換術が必要になるでしょうと。幸いながら、本当に幸いなことに我が家の近くにある川瀬獣医科病院は、この股関節形成不全に関しては日本でも有数の病院だということでした。

結局のところ、手術をするかしないかはまだ決まっていません。まだ成長の途中であることから、手術が行えないからです。よって、今はあくまでも内科的な療法で痛みが出ないように、症状が進行しないようにと努めています。

  • 体重の管理・制限
  • 適度な運動
  • 関節の炎症を抑えるサプリメント(グルコサミン)
  • 大宇宙の神秘を借りたヒーリング・パワーでの治癒 ((何かの本に書かれていた。こっちは真剣に悩んでいるというのに!)) マッサージ ((我が家ではラブ・マッサージといいます))

実際どんなサプリメントをあげているのかだとか、もっと書きたいことはいろいろとあるのですが、一度に書いてもしようがないので、ぼちぼちと書いていきたいと思っています。この股関節形成不全はとてもひどいものですが、たかが足で、たかが手術すればどうとでもなるもので、たかがそれだけのことで、この子の価値が失われることなんてないってことです。

ただ今よりもずっと昔、まだ小学生のころに捨てられていた子猫を拾ったものの、翌朝には死んでしまったとき、自分は獣医になってこんな不幸な子らを助けてあげられるようになりたいだなんて青臭いことを考えたことがあります。

こうしてレントゲンを見るたびに、そのときのぼくはいったいどこに行ってしまったのだろうか、もしも自分が夢を追い続けていたのならばできることがあったんじゃないかっていう、今更どうしようもない、ぼく自身へのほんの少しの後悔はあります。

  1. 先日はコメントありがとうございました。

    レウさん股関節形成不全なのですね。おこげも相当な
    モンローウォークです…来月避妊手術予定なのでその時に
    調べてもらおうかな。

    それにしてもよだれかけを作ったりとすごいですね…
    こちらのブログに書いてあったお店でわたしも購入してしまいました…
    よだれかけ!洋服も安いんですね…ソンした気分です。

    そんなこんなでこれからもヨロシクお願いします。

    • Newf
    • 2007年 8月 16日 2:53pm

    なおこげさん、コメントどうもありがとうございます。

    なんと……おこげちゃんにもモンローウォークがありましたか。避妊手術をすると、体内のホルモンバランスが崩れてしまったりと、股関節形成不全の天敵である体重増加に繋がってしまうおそれがあるそうです(このせいで医師にも止められ、うちはまだ避妊手術ができていません)。

    そんなこともあり、手術前にいちど見てもらった方がよろしいかと思います~。ゴールデンとニューファン、どちらにも多い疾病ですので……。

    DINGOはそこそこお安く、かつ珍しい大型犬サイズの服が多いんですよねー。

  2. こんばんは。
    ブログランキングから飛んできました。
    ”股関節形成不全”の言葉に敏感な私、コメントせずにはいられませんでした。
    というのも我が家の愛犬も重度の股関節形成不全でもうすでに4回の手術を受けてます。
    冬に最後(であって欲しい)の手術を控え、現在は週末ごとに海で泳ぎ筋肉強化中です。
    ”股関節形成不全”の診断が付いたときを思い出しました。
    これから大変でしょうけど頑張って下さいね。

    この病気のこと、私もまだまだ勉強していかないといけないなぁと思っていますので、これからもいろいろ教えて下さいね。
    どうぞ宜しくお願いします。

    • Newf
    • 2007年 8月 23日 11:12pm

    doggyさん、はじめまして! コメントの承認が遅れてしまってゴメンナサイ。

    むむむ、四回の手術ですか……やはり全置換手術を受けさせてあげているのでしょうか? うちのレウさんも手術の難度が難しく、成功は約束できないと言われています。予後を考えると、本当に、判断に悩むのです……。

    冬の手術でとわちゃん(ブログ拝見させていただきました)の足が良くなるといいですねえ……この疾病がひとつでも減れば、安直な考えでブリーディングする人間が減ればと願わずにはおられませぬ。

    ぼくこそいろいろと学ばせていただく身でありそうですが、今後ともぜひよろしくお願いします :-D

    • Newf
    • 2007年 12月 14日 12:50am

    なーぜーか、この記事にだけやたらとトラックバックスパムが飛んでくる。

    やっぱり検索に引っかかりやすいかなんかで、ボットの標的にされやすいんだろーか。業者死すべし。

    • 文太
    • 2012年 5月 6日 7:21pm

    初めまして。我が家の柴犬が今日股関節形成不全と診断されました。中型・小型にはかなり珍しいということでした。

    生後すぐにモンローウォークをしていましたが2歳(今現在2歳7ヶ月)を過ぎた頃から気になり今日レントゲンを撮りました。

    脊椎も狭くなっている為、いずれ痛みも出ると思います。今は要観察でグルコサミンのサプリを出してもらいました。また半年後にレントゲンを撮るようです。

    私に知識がないのでとても不安です。またメールさせて頂きます。

      • にゆうふ
      • 2012年 5月 14日 11:42am

      文太さん

      はじめまして。グルコサミンのサプリと、体重の管理で酷いものでも日常生活に支障がないこともありますから、あまり悲観なさらないようにしてくださいね。

      大型犬とは違い、体重の軽い小、中型犬ですと、仮にグレードが高くとも取れる外科的な手段はたくさんあります。三点骨切、骨頭切除など。

      痛みのない生活が過ごせるように祈っております。

  1. トラックバックはまだありません。