[雑記] 生きることには

それには、銭(ゼニ)がいる。

我が家の家訓は「銭がないのは首がないのと同じやで」で、今も立派に病気療養のために絶賛休職中なぼくは、立派なまでの無収入。まさしく首がちょん切れそうな状態なのです。つまり、生きながらにして死にかけている。

真に幸いなことに、毎月バカ高い金額を絞られていた健康保険側では健康保険傷病手当金というものがあり、療養期間中は給与の2/3が給付されるようになっているそうなのです(会社からは当然ビタ一文でません。世の中には補償がある企業も多いなか、一部上場企業の割に、扱いはシビアというかなんというか、駒というか使い捨てといいますか)

喜びいさんで書類を書いて提出したのが、六月の末。

さっぱり連絡も来ずに若干焦りながら、どうなってるのかと思い始めた矢先のこと、組合から一通の手紙が届いた……。

衝撃の通達

な、なんだと……?!

そんな馬鹿な!こんな馬鹿なことが許されるはずがない、と何度読み返しても「不支給通知書」 。のたうち回りながら、もう一度封筒を調べてみたところ、『これだけ振り込むからね!』なんていうはがきが入っていた。

つまり、単なる一部の期間で支給できないよというお知らせでした。紛らわしい、紛らわしいよ……。

ごはんたべられる?ひとあんしん

    • Newf
    • 2007年 8月 20日 8:07pm

    テストもかねて。

    八月分の申請処理もおしまい。8/23 に産業医との面談を予定。
    復帰に向けて調整していく予定。診断書もらってこないとなー。

  1. トラックバックはまだありません。