サーバーの負荷が急に上がってしまったヨ

契約しているホスティングサービス「CORESERVER」さんですが、管理ページ上からCPUなり転送量なり、どの程度の負荷があるのかをポイントとして確認することができます。

ここ数日、投稿時もサーバーエラーが出たりと割と難儀していたこともあり、久しぶりに管理画面を見てみると、これまではずっと負荷状況的に問題がなかったところ(負荷率 0 ポイント)が 2/2 以降に急上昇。

問題になった 2/2 頃に導入したプラグインといえば、

ぐらいでしょうか(結構入れてるな!)。

このどれかが悪さしているというのも考えづらく、色々と原因を探ってみたところ、プラグイン「Smart Archives」を利用して生成しているアーカイブページでのクエリ数が異常に多いことに気がつきました。他のページなら、およそ30程度なのですが、アーカイブのみ 120 を越える勢いでクエリを発行している模様。

これはなんだろう。このページに Google の bot なりがガツガツやってきた影響で CPU 負荷が上がってしまったとか、そういうオチだったりするのか、たぶんそうだろう、そうであって欲しいと「アーカイブ」ページの一覧生成に利用していたプラグイン「Smart Archives」を急ぎ撤去し、同機能(むしろこっちのが高機能)な「wp-mosquito」に入れ替えました。

今のところ、実際にこれで負荷が収まってくれるかは分からないのですが、ちょっと一ページで吐くクエリとしては異常だと思われるので、同プラグインを利用されている場合にはちょっと注意が必要、かもしれません。一応、理由をサポートに問い合わせているところでもあるので、はっきりとした原因が分かった際にはこちらでもお知らせします。

ちなみに一ページごとにどれぐらいのクエリ、処理速度がかかっているのかは、WordPress のデフォルトテーマにもある以下のコードをテーマのフッタにでも挿入しておけば、いつでも確認することができます。

カスタムテーマを使用しているかたも、そっと挿入しておいてみてはいかがでしょーか。

<!– <?php printf(__(‘%d queries. %s seconds.’, ‘kubrick’), get_num_queries(), timer_stop(0, 3)); ?> –>

「’(シングルクォーテーション)」が全角になっているので挿入時には注意してください :D

    • Newf
    • 2008年 2月 5日 7:27pm

    うーん、未だ管理画面からブログを弄っているとエラーがたびたび出てしまう。致命的なのは投稿編集時。書いては直し、書いては直しを繰り返していたりするので、割としんどい状況……。

    CORESERVER サポートからの返信もないし、どうしたものか。

  1. トラックバックはまだありません。