レウさん、外で粗相をする。

ようになってしまった。

これまではあまり外で排泄をすることがなかったのですが、この前、家で大幅にトイレを外してしまったときに「なにやっとんじゃーい」と言ってしまったのが原因(やってしまった……)か、家のトイレであまりしなくなってしまいました。

これは困る。非常に困ります。

大型犬となれば、その量は半端ではなくて、それをご近所に散布してしまうのは少し問題になってしまいますし、老後を考えると外でしかしない、というのは色々と大変なわけです。というわけで、あらためてトイレのトレーニングをやり直すことに。まずは、本日から心をさらに修羅にして『家で排泄を済ますまで散歩には絶対行かない』 作戦を敢行することにします。

ご飯をあげた後に排泄をしようとするのは、これまでで分かっていることなので、まずは朝ご飯を与えてから。クリッカーを使って誘導することにしてみました。

  1. おしっこしそうなそぶりを見せる
  2. ワン・ツー(排泄の合図)と声をかける
  3. レウさん、トイレに移動しておしっこスタイル
  4. クリッカー
  5. 繰り返し(徐々に鳴らすタイミングを遅らせる)

といった具合でしょうか。トイレの意味は理解しているものの、「やらないわよ」といった状態なのです。0からはじめる場合には、トイレへの移動と実際の排泄とで、二つに分けて覚えさせてあげるといいんじゃないかと思います。

出したらそこで終わってしまう都合上、あまり回数をこなすことができないのが惜しいところではあるのですが、本日朝のセッションは無事完了。散歩前の排泄には成功しました。

ただ、散歩前にご飯を与えてしまうと、ニューファンドランドのように胸の深い犬種は「胃捻転」 の危険性があります。散歩程度の運動では大丈夫だと思うのですが、この胃捻転、発症から処置まで迅速に行わないと、死亡してしまうという恐ろしいもの。

特に食後の急な運動は危険ですから、皆さんも気をつけてください(有名なものなので、皆さん気をつけていらっしゃるかと思いますが)。

したいときにするのがオレ流

いちいちうるさいわねー

  1. ハハハ。うちのショボチンなんてセーフティゾーンすら外しますから!
    綺麗好きにもほどがある!(他のイタチがうんこ済みだとイヤみたい)
    朝から糞尿を踏んづけることにも慣れたよ!

    でも歳をとってくると健康なうんにょをしてくれるだけで嬉しいんですよ。
    場所なんぞどうでもいいんですよ。うんにょしてないほうが怖いもの。
    でもでっかい犬だとそうはいかないよなあ。

    • Newf
    • 2008年 2月 6日 8:09pm

    外すといっても、トイレシーツとトイレシーツ(数枚重ね合わせ)の隙間にジョバーって感じだったんですよ。ああ、自己嫌悪……。

    動物を飼っていると、糞尿を踏んだところで洗えばいいのでまったく無問題。手に付いた? だから洗えばいいじゃない的思考になるハズ!

    しっかし、イタチも個体差はげしーですなー。

  1. トラックバックはまだありません。