またしても、乳腺腫瘍。

image

一昨年、2009 年の 12 月にレウさんに乳腺腫瘍が見つかりました。やあ、ずいぶんと過去のことのようです。

レウさんは股関節形成不全ですから、体重管理が困難になることを恐れて、この乳腺腫瘍になるリスクがあることを知りつつも、ぼくは避妊手術を選択しませんでした。

この賭けに見事無残に敗北したわけです。乳腺腫瘍、これは悪性の場合には肺に転移し、命を落とす危険性のあるものです。ただ、一度目のヒートが来るよりも先に避妊手術をしておけば、乳腺腫瘍が発生するリスクは、ほぼ無視できるレベルにまで下がります。

腫瘍が良性か、それとも悪性なのかは、いざ摘出しないことには判断が付きません。悪性の場合は、それこそ死のリスクが出る。そうなるともう、ぼくの選択肢は限定されます。

そうして、外科手術による摘出をしたのが一昨年のこと。

すでに年齢の高いレウさんに避妊手術まですることで、少しでも、わずかな期待を込めて再発リスクを減らすことにもしました。

それから、一年と九ヶ月。どうやら、願いも届かず、またしても賭けには勝てなかったようです。

前回に摘出した箇所から逆側に腫瘍が見つかりました。前回と同様、幸いながらの早期発見。

ぼくには選択肢はなく、摘出の外科手術を 2011 年の 9 月 26 日に行うこととなりました。

先日の股関節形成不全の騒ぎに続き、またしても、この黒い子に襲いかかってくる得体の知れないものに、形容しがたい憎しみと恐怖が募ってゆきます。

でも、まあ。きっと平気でしょう。へいきでへっちゃらなんでしょう。たかだか、小指の先ほどもない得体の知れない固まりに屈服なんてしてられない。

前回の股関節だって、いまはもうすっかりと痛みもなくなってくれたようです。前の腫瘍だって、良性なんだから。

いろいろな理由で避妊をしないという方もいらっしゃることかと思います。くれぐれも、乳腺に沿った部分に変なしこりがないか、確認するようにしてください。

表面をさっと撫でるだけでは気づかないこともあるでしょうから、乳首の周辺を軽く摘むように追っていくのがよいかと思います。

ちゃんと気にしてさえいれば、ほら、こんなにも早い段階で見つけられるんですから。

image

  1. ブログ書いたよ : またしても、乳腺腫瘍。 – http://t.co/qhHaC0Xn

  2. ぎゅーっ てしたい。れうちゃん、なでなで。 – またしても、乳腺腫瘍。 | 犬小屋にて: http://ux.nu/Z5c9J #miteru

  1. トラックバックはまだありません。