カテゴリー : 健康

乳腺腫瘍をぶっ飛ばせ。

随分とひさしぶりの更新になってしまいました。

以前に書いたレウさんの乳腺腫瘍再発後、摘出の手術をし、これ自体は無事に終わりました。これ単独でいえば、全身麻酔のリスクの方が高いんだろうなくらいのもののようですしね。

この乳腺腫瘍、二度目でした。前回は良性でしたが、今回の乳腺腫瘍は残念ながら、悪性でした。中程度の悪性だと、つまるところ癌だったのだと、ぼくにとっては頭をぶん殴られて、コンクリートに叩きつけられたかのように感じるほどの検査結果が出てしまいました。

image

早く見つけることができたとは思っていますし、早期に摘出できたには違いありません。検査結果ではマージンマイナス。つまり、取り切れているはずだと出ていました。

でも、癌ってそんなに甘いものじゃないのかもしれない。

石橋をたたく思いで、藁にも縋る思いで、今はレウさんに抗癌剤の投与を行っています。今週末にも投与をします。抗癌剤にはもちろん色々なリスクもあることは承知のうえで、悩んで悩んで決めました。

今はまだ何の問題もありません。今はただ癌が取り切れているはずだと信じて、保険の抗癌剤がきっといい方向に繋がることを信じるしかありません。きっと大丈夫、へいきへっちゃら。

ぼくにはもったいないほどにいい子に育ってくれたレウさんだというのに、なかなかどうして、ままならないものですね。ねえ、レウさん。

image

股関節形成不全に立ち向かえ その3

レウさんは股関節形成不全です。しかも割と重度の。

とはいえ、生後半年ほどで発覚して、グルコサミン+コンドロイチンのサプリメントを投与し続けていた甲斐があったのかは分かりませんが、これまでに大きく痛みを訴えたりすることはありませんでした。ドッグランでどこどこと走るし、お散歩でへたり込むようなこともなく。こんな具合に問題がなかったので、ぼく自身も「もう大丈夫だろう、もう問題ないんだろう」と甘く甘く考えていました。なんと愚かなことだろう。

8月12日、非常に暑い一日でしたが、涼しい川にでも連れて行ってやろうと画策。一日を川でのんきに遊んで、家に帰るまでは良かったのですが、家でシャンプーをしてしばらく経ってからのこと。レウさんが立てなくなってしまいました。身体を動かそうとするだけで、痛みを訴える鼻声。こんなにも悲痛な声を聞いたことがなく、ひたすらに動揺する自分。どうやら脚を動かそうとすると強い痛みがあるようで、脚の裏やらを調べてみたものの、やっぱりここには異常なし。

とすると、これまでの経緯から股関節が考えられてしまう。右脚に力が入っていない。少し動かしてみると、とても痛がる。ああ、これはダメだ。翌日に朝一番で病院まで連れて行ったものの、設備の都合からレントゲンを撮ることができないということでしたが、診察の結果、やはり股関節に問題が出ている可能性が高いとのこと。痛み止めを処方され、一時的に元通りに動けるようになり、「よかった、一時的なものだったのか」と安堵したと思いきや、本日になってまた痛みを訴えるように……今度は関節に詳しい先生に診てもらいましたが、所見は同じ。

こりゃあ、ダメだ。発砲してしまった。これまで抑えられていたものが、進行してしまった。ゆっくりと進行してはいて、ようやく目に見える形で影響が出てしまったのかもしれない。2009年の年末に避妊手術をしてから、順調に体重が増えつつあったことを甘く見すぎてしまっていたのかもしれない。

実はこうなってしまうと、もう打つ手らしい打つ手がほとんど残っていなかったりします。

股関節の全置換しかない。失敗のリスクがそもそも高いし、予後も確実ではない。金銭的にも、年齢的にも、およそ現実的な策ではすでになくなってしまった。本当に願わくば、本当に一時的な炎症がたまたま酷いことになっていて、たまたま痛みが起きているだけ……だなんて、そんな夢みたいなことに縋るしかない。ああ、なんということでしょう。

ドッグロールフード、Butch。

皆さんはどんなフードを愛犬に与えているのでしょうか。


Creative Commons License photo credit: Le Kai

うん、いくらなんでもこれはない。死んじゃう。

ドライフード、ウェットフード、手作り。多くの方はドライフードを購入されていらっしゃるのかなと思います。ご多分に漏れず、ぼくもそうです。

世の中にはほんと多くのドライフードが販売されていますよね。有名どころというか、ペットショップで良く見かけるものといえば……サイエンスダイエット、ニュートロ、アイムス、ユーカヌバあたりでしょうか。ペディグリーチャム、ビタワン、愛犬元気……ですとかもありますけれど。

ああ、そういえばアイムスとユーカヌバがリコールを出しているみたいです。

ただ、このペットフードにまつわる幾つかの怖い話というものを聞いたことがあるのではないでしょうか。

4D (Dead, Dying, Deseased, Disabled)と呼ばれる不適切な肉が使われているだとか、実は搾りカスのような原料ばかり使われているだとか……。

しばらく前に中国産の小麦グルテン、米タンパク質濃縮物にメラミンが混入されており、多くの動物たちが腎臓の病気を発症、亡くなってしまっただなんて、大変な問題がありました。ちなみにメラミンを混入していたのは、タンパク質含有量を偽装するためだと考えられます。基準に満たないようなゴミでも出荷できるようになりますしね。この件については、こちらにとっても詳しくまとまっています。一読の価値あり、というか、日本語では一番の情報だったりするんじゃないでしょうか。

ペットフードに纏わるお話については色々と書籍も出ていますから、興味があれば一読してみると良いかもしれません。ただ、結局は誰をどこまで信用するのか……といったところで、すべてのメーカーがインチキくさい商売をしているというわけではないハズです。

ぼくもレウさんの便の調子諸々を見つつ、いろいろなフードを試しました。ニュートロ、ソリッドゴールド、ファーストチョイス、アイムス、ユーカヌバ、アボダーム、ナチュラルバランス、ネイチャーズレセピー……ビタワンですら試しました。たぶん他にもあります。今のところ、もっとも毛艶やら便の調子などから、アズミラ、アーテミス、イノーバの三つに落ち着きました。メーカーの考え、含まれている成分などから、これらは問題はないと考えたものです。

さて、冒頭に書いたドライフード、ウェットフード、手作りの三つ。このどちらにも該当……するとすれば、ウェットフードでしょうか。でも缶詰ではなく、日本ではこれまでにあまり販売されていなかったタイプのフードが最近になってお目見えしました。もうご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

Butch (ブッチ)。先の三つのフードから、選択肢が一つ増えました。

ご覧のように一風変わったパッケージです。オーストラリアなどではメジャーなパッケージだそうで、大きなソーセージのような外見をしています。


ムキッ。


このようにナイフでストンと切り落とせちゃいます。


ちなみにこの Butch は要冷蔵です。一度カットしてからは一週間以内に使い切ってあげる必要があります。冷蔵庫に保管する時のために、専用の Butch キャップと呼ばれるものがありますから、こいつをきちんとハメておきましょう。

いろいろな与え方はありますが、ぼくは適当にざくざくとカットしたものをお皿に盛りつけておしまいです。メインとして使うもよし、普段のドライフードのトッピングとしても良し。かなり嗜好性は高く、うちのレウさんは目の色を変えてバクつく始末です。

皆さんもドライフードですとかを試食すると思うのですが、この Butch は実際に食べてみても美味しいです。数秒レンジでチンすれば、白ご飯のおかずとしても食べることができちゃうレベル。ドライフードを大量に食べる気には残念ながらなれないのですが、これは普通に食べられます。美味です。そりゃ目の色も変わるなといった感じ。ううむ。


ガツガツガツガツガツ。


ただ……やはり大きい。調子に乗ってまとめ買いをしてしまうと、冷蔵庫がこんな有様に。これでも無駄に大きな冷蔵庫を買っていたつもりなのですが、中断と下段は完全に占拠されてしまったりします。うーむむ。ですが仕方ありません、大きな冷蔵庫で良かった。

この Butch は犬用、猫用も用意されています。日本ではこれまでにあまり見られなかったタイプのフードではありますが、歴史は長く、販売されてからは約 40 年ほども経つのだそう。ペットフードが開発されたのが、およそ 100 年ちょっとですから、ポッと出の商品でもありません。

犬用の Black, White, Blue Label は 800g が 1,260 円、2kg で 2,520 円と少々お高いのがネックといえばネックではあるのですが、成分表を見てもまったくおかしなものが含まれていません。肉ばっかり。肉だけで成分の 70% を越え、うさんくさいグルテンの類も未使用。ビートパルプなんかも当然含まれていません。ぼくもオススメ、レウさんもオススメ。ぽややん。


うめーんですわ、これ。

あとはこのブッチジャパンさんのブログも面白く、タメになる情報満載です。

その後のレウさん

乳腺腫瘍の手術からしばらくが経った、その後のレウさん。

まず、切除した腫瘍の検査結果からお知らせしますと、良性でした。これはつまり、今回の腫瘍が他方に転移するなどの心配はないということです。

ああ、良かった。いやもう、本当に。

前のエントリにも書きましたが、良性か悪性かはフィフティ・フィフティ。今回は賭けに勝った、幸運を引き当てることができました。

手術でお腹の毛を刈ってしまい、つんつるてんになってしまっていたお腹もほぼ元通りになりました。術後の経過も良好そのものです。抜糸もとっくに終わり、どこどこ運動しても大丈夫で、ドッグランにも行くようになっています。

ランに連れて行ったところ、四回ぐらい「あれ、痩せました?」と尋ねられたのですが、実のところ、単にお腹の毛がなくなったのでスリムに見えるだけでして。

ただし、乳腺すべてを摘出したわけではありませんので、残っている乳腺にまた腫瘍ができる可能性はゼロではありません。

むしろ、この若い年齢で腫瘍ができたことを考えると、常に気を配ってやる必要があるのでしょう。

避妊手術も終え、予防策らしい予防策はもうありません。高齢での避妊手術ではそもそも予防策としては効果も薄いとも聞きます。あとは神様の気分次第。歯がゆくありますが、今の時点でこれ以上は、ぼくにできることはありません。

再発がないかどうか、毎日お腹をなでなですること以外には。

レウさんと乳腺腫瘍

すっかり年も明けてしまいましたが、ぼくはぼくで、とても慌しい年末を過ごしました。

12/22、レウさんのお腹にしこりを発見しました。

寝っ転がりながらお腹を触るなんてことを良くやっているのですが、五番(一番後ろ)の乳首近辺にコリッとした小豆程度のしこり。

これが柔らかいものなら脂肪腫かな、だなんて考えることもできたのですが、場所と固さからして乳腺腫瘍なんじゃないかと思われ、血の気が引きました。残念なことに発見したのは夜中、翌日は癌の認定医であるところの病院もお休み。無理を言って仕事を休み、気が気でないまま 12/24 に病院へ。

診察を受けたところ、やはり「乳腺腫瘍でしょう」との見立て。悪性かそうでないかは摘出したあとの病理検査でないと判断ができませんが、その確率は 50-50。

取り除く必要がありました。悪性だとすると、放置することで重篤な結果になります。12/26 を手術の日と決め、血液検査に針生検、レントゲンと必要な検査を行いました。血液検査は異常なし。しかし、腫瘍であることは確定しました。レントゲンで確認したところ、現時点での転移は認められず。

この乳腺腫瘍は雌犬の 52% が罹る病気だそうですが、発生に至る仕組みは解明されておらず、早期に避妊手術を行っておくことで、この発生確率を大幅に引き下げることができることから、ホルモンバランスに深く関わっているのではないかと言われているようです。

先生のお話によれば、乳腺腫瘍に罹った子は、遅かれ子宮の病気にもなることが多いとのこと。

繁殖させる気は毛頭なかったレウさんを避妊していなかったのは股関節の問題もあり、体重管理が困難になるのではとの判断からでした。結果、今回の乳腺腫瘍に繋がりました。ぼくの見立てが悪く、賭けに負けたのです。救いようがないのは、避妊しないことによる、こうした病気のリスクをぼくは知っていたということです。

My eyes

すでに四歳となったレウさんには、避妊手術を施したところで予防の効果は期待できませんが、それでもまったくのゼロではなく、乳腺の切除と避妊手術を行うことに。

12/26、手術のためにレウさん入院。

仕事には出たものの、ろくに手がつかないままに手術の結果を待ちます。

難度自体は高くないと言われているにしても、少なかれリスクのある全身麻酔からの手術には恐怖を感じてしまいます。結果から言うと、無事に成功。問題らしい問題も起きませんでした。成功の一報を受けた時、電話の向こうで遠吠えを繰り返すレウさんの声を聞き、どれだけの安堵をしたことか!

術後の入院につき、久方ぶりの家にレウさんのいない数日を過ごしましたが、これがまたやる事がなくて困りました。

部屋には空気清浄機とファンの音だけが聞こえ、扉を開ける時に身構えても体当たりを食らう事もなく、冷蔵庫を開けても傍らに座っている事もない。布団は冷えているし、寝ている足に圧迫感もなければ、鼻息がフンフンと当たることもない。車を運転すればすればで、いつもより軽い車に違和感。何もかもが静かで、何もかもが足りない。

12/28 、無事退院。

扉越しの対面

手術が終わってから今日まで、毎日チェックを欠かさないようにしていますが、水が溜まってしまっているぐらいで術後はおおむね良好です。はじめての手術。実に緊張しましたが、とりあえずうまくいって何よりといったところ。

摘出した腫瘍は病理検査のため研究所だかに送られていますが、年末年始ということもあって、結果が出るのはしばらく後になるとのことです。50-50 の良性と悪性のうち、さてどちらとなるのか。

手術後、公園で。

結果がどうであれ幸運なことに、まだ転移が認められる段階になく、初期の初期のうちに手を打つことができました。犬へのボディタッチは何も信頼関係を築くだけのものではなく、病気の早期発見に繋がるものだと信じていて本当に良かった。

いろいろな理由で避妊手術を施していない方も多くいらっしゃると思いますが、どうかお気を付けください。

乳腺腫瘍。再発率も高く、肺などに転移し、死を招く病気です。今後再発するか否か。病理検査も結果も出ていない今の時点では何とも言えず、心配しても仕方のないことなのですが、怖い。恐ろしい。再発しないよう、片っ端からお祈りしていきたい心境です。願わくば願わくば、良性でありますよう。再発もしませんように。

分かってなさそうな、そんなお顔。

ぽやんとした顔をしてるけど、わかってんのかなあ?

「いぬのきもち」保険

「いぬのきもち保険」は、アリアンツ火災海上保険株式会社が提供するペット保険商品をベースに、いぬのきもちが行ったニーズ調査の結果を反映した”いぬのきもち”ブランドのペット保険。保障の充実と加入の負担軽減などの改良を加え、2つのプランを用意した。

ペット保険「いぬのきもち保険」販売開始。ベネッセ – 犬 ニュース01 – 犬専門ニュース情報サイト

まさかのアリアンツOEM。

アリアンツのペット保険、9 月の上旬に 100% 補償の新規申し込みを打ち切ってしまい、新しいプランの発表が行われたばかり。まさか OEM で他のところがアリアンツを採用するとは思いもよりませんでした。やっぱり他と比べると割高ですもの。

いまのところはまだ詳しい価格の発表はないようなのですが、雑種(二歳)で年間二万円と少しというアリアンツ自体と変わらない価格設定。価格が変わらないのに、なぜこれを選択するのかという気がしないでもありませんが……。

レウさん用サプリメントが税関で止められてしまったヨ!

日中うだうだとマットの上で自宅警備に勤しんでいたところ、電話がジリリ。

UPSジャパンから、「なんかチミ宛のサプリメント的なものが税関で止められてしまっているよ。これは輸入していいものなのかどうか、農林水産省に聞いてみてね!」的なことを言われてしまってポカーン。いや、落ち着け。まだ慌てるような時間じゃない。

眠気でぼけぼけな頭をなんとかしながらメモを取り、早速農林水産省に電話したところ、「農林水産省消費安全局畜水産安全管理課薬事監視指導班」というところに回されました。係の人も長いと言ってたけど、本当に長い(笑)

なんでもサプリメントのラベルをFAXで送ったうえで輸入可能な代物かどうかを判断していただくのだそう。めんどくさいことになってしまいましたが、私がやったのは電話のみ。すでに以前購入したものが最後の一つになってしまっているので、これで今は無事手元に届くことを祈るばかりです。

これまでに幾度となく個人輸入をしてきているのですが、今回のように税関で止められるケースははじめて。時期的にフィラリア、ノミの薬(こっちは良く止められるという話を聞く)などが必要だから、税関のチェックが厳しくなっているのかなあ。

アイペット、少額短期保険会社化が決定

ニュース | ペットの医療共済【ペット版健康保険証】~アイペットクラブ i pet club~
特定保険業者として弊クラブが運営する「アイペットクラブ健康促進共済事業」の業務委託先である株式会社アイペットは、2008年3月21日付で少額短期保険業者(関東財務局長 (少額短期保険) 第20号)としての登録が完了し、同日付で、弊クラブの共済事業について「業務及び財産の管理の委託」が認可されましたのでお知らせ致します。

3/31 までに発表が果たしてあるんだろうかと、人ごとながら冷や冷やしていた動物保険の「アイペット」ですが、無事少額短期保険会社化が決定したようです。

ただし、現状のところでは新しい商品などは公表されていないので、果たしてどのぐらいの金額に設定してくるのか今後に注目したいところ。最近になって値下げを発表したアニコムよりも、一歩先を行って欲しいものです。安いにこしたことはありませんからねー。

というわけで今日はこれから飲み会(送別会)です。しかし、20:30 から 3 時間て……さすがにキツいので途中で帰ろう。

レウさんのフケ症、その後

graph19.jpg かいかいー!

先週に診察してもらったものの、ダニではないだろうというところが分かっただけで、原因はきっちりと特定できなかったレウさんの湿疹とフケ(きっとブラッシングをサボっていたせいなんですけど!)。

雑菌等々の繁殖が原因なのか、季節の変わり目によるものかはともかく、ステロイドと抗生物質を処方して貰い、飲ませること一週間。身体にぽつぽつとあった赤い湿疹はほとんどなくなり、レウさんが身体を掻くこともなくなったので効果はてきめんだったようです。

先日、薬がなくなってしまったので再度獣医にかかったところ、「湿疹も落ち着いているようですし、薬は止めて様子を見てみましょう」 との判断に。

nolvasan.gifかといってもこのままじっと様子を見るだけというのも非道なので、完全に回復するまでは週一回ペースできっちりとシャンプーをしてあげることにしました。

そんなわけで購入したのが「ノルバサン」。急性湿疹なんかの対策にもよく使われている、非常に実績のある製品です。

昨日も診察を終えて、さっそくわしわしとレウさんを洗っていたのですが、毛がもう抜ける抜ける。濡れた手ですこし撫でつけるだけで、手が毛まみれになるほど。壁に接触したら、今度は壁が黒くなります。

このまま流していけば風呂が詰まること請け合いなほどに抜けていきます。洗っている最中はじっとしているレウさんですが、ドライヤーは嫌がるのでそこをなだめてすかして、二時間近くかけてなんとか終了。

やっぱり大型犬のシャンプーは大変です。楽しいんですけどね!

アニコム健保が値下げを発表していた

これまでに、お客様から保険料に関するご意見を多数頂戴する中で、どうぶつ品種・年齢区分別に、より精緻な契約分布を把握させていただくことができました。

ペット保険「どうぶつ健保」ふぁみりぃ 基本保険料改定(引き下げ)のお知らせ/アニコム損害保険株式会社 (2008-03-13)

高い!」「高すぎる!」と騒がれていたアニコム健保が値下げを発表(リンク先は価格表の PDF です)していました。

ペット保険への加入を考えている方は、「今後のペット保険を考えてみる」もあわせてご覧ください。各社の発表を元に、割とマメに更新していたりします。

さて、今回のアニコムのプレスリリースでは「より精緻」なデータを把握できたとしていますが、そんなものはもともとアニコム時代のデータベースを漁れば契約頭数なんかは把握はできるはずでして。さすがにこれだけの規模を書類のみで管理してるってわけじゃないでしょう。どうもモヤモヤする言い回しです。

今回の発表で 5% の継続割引も復活しましたが、正直すでに選択肢から外れていたので、前の価格と比べてどの程度下がったのかが比較できませんでした。わはは。一律どの程度値下げが行われたのかを公表していないあたり、価格設定への自信のなさの裏付けのような気がしないでもありませんが、いかがなものでしょうか。

ニューファンドランドのレウさんは、価格表ではランクE。

満二歳なので年間 37,690 円(月額3,140円)とこれならお手頃と言えますが、 八歳になると年間で 63,500 円(月額5291円)にドカンと値上がり。うーん。前はもう少し高かったような気もするので、安くはなった……の……か?

まとめ:微妙。

しかし、見れば見るほどフェレットの掛け金は半端ねえです。長生きすればするほど、ものすごい勢いで掛け金が上がっています。最終的には超大型犬の掛け金をも超えてしまいます。フェレットオーナーはアニコムの選択肢はない、でしょう。たぶん。

ぼくはひとまず各社の発表を待って、どこに加入するかを最終的に決めたいと思います。個人的にはアニコムに次いで病院窓口で精算できるメリットを持つアイペットの奮起に期待したいところですが、未だに少額短期保険業者の免許を取得できていないことからすると、審査が難航しているのかもしれません。