カテゴリー :

いかんいかん

考えてみれば、ここは一応ペット系のブログでした。

いかん、いかんぞう。たまには写真をアップしたりとかしないと。

いらっしゃーい いらっしゃいましー

というわけでぺたり。

相変わらずのピンぼけ気味なれど、なかなかにかわいい一枚だと思われます。レウさんが鬼のようにかわいいからなあ。でも後ろに脱ぎ散らかしてある服が色々台無しです。

世のペット系ブログを見てみると、正直言うとあまり内容がおもしろいと思わせられるものは少ないのですが、もうすんごいマメ。ものすごいマメさなんですよね。今日の○○ちゃん!みたいなノリで。ああいうのは純粋にすごいなーと思います。だからこそ人が集まるんでしょうね。見習わないといけません。

ぼくはといえばめんどくさがりやなので、デジカメを立ち上げるのすら億劫だったりしますし、机の上はごちゃっとしてるので肝心なときに見つからなかったり、電池が切れていたりするわけです。

ですから自然と文章主体の内容になってしまうわけですが、だからといっておもしろい文章が書けているかといえばそうでもない。敬愛して止まないエッセイスト(いや、本業小説家なんですが)原田宗典氏みたいなノリのものががっつんがっつん書ければ、がっつんがっつん人が来て、がっつんがっつんアドセンスでウハウハ!になれるだろうに。

人が来てるかどうかと言えばアクセス解析。

アクセス解析なんかで見てみると、意外と携帯からのアクセス(実はこのウェブログ、携帯からでも見れます)があったりします。かわいいわんちゃんの写真がいっぱい!(ハート)みたいなノリのサイトではないんですが、楽しんでいただけているでしょうか? そうだといいなあ。携帯からのアクセスをもっと増やすにはやっぱり携帯小説ですよね。

あたしの名前はレウ。

犬。

ってか、雌。

食べ物、大好きだし。

チャイムが鳴ると、我慢できない。

「ワンワン」

あたしは吠える。

怒られた。

こんなの。

たぶん携帯小説で犬が主人公ってのは、これまでにない発想なんじゃないでしょうか。

こんなことばかり考えているぼくはあいにく風邪でダウンしてます。熱が下がらないわ、咳が止まらないわ、下痢が止まらないわ、食べても嘔吐するわ……明日にでも快復してくれればいいのですが、ちょっと望み薄。皆さんも健康管理には充分に気をつけてくださいね。

けっきょく写真とはまったく関係ない話題に着陸してしまった。

犬小屋移転計画

CORESERVER からさくらインターネットに引っ越します!ワーイワーイ! なんて話じゃありません。

今現在、ぼくが住んでいる家はレウさんのための部屋といっても過言ではないほどの狭さ。もとより大型犬を飼っていること自体が信じられないほどの愚行なのであり、むしろ追い出されない方が不思議だよね、というレベルであったりします。

実は今住んでいるところは元々ペット禁止のマンションだったのですが、大家さんとは昵懇にしていたこともあってこんなやりとりをしました。

ホワワワーン(回想)

ぼく「犬飼いたいんですけど、やっぱりダメですかねえ?」
大家「うーん、にゆうふさんなら問題ないでしょう。いいですよ、どうせ小さい犬でしょ?」
ぼく「いやー、ちょっと大きい犬なんですよね」
大家「へえ、まあいいですよ」

ホワワワーン(回想おしまい)

そしてやってきたのは、ニューファンドランド。

バリバリ大型犬です。でもレウさんはほとんど吠えないし、走り回らない(もとより走り回るスペースがないがな!ハハハ)ので、人に迷惑はかけていないと断言できます。なんせレウさんを迎えて半年ぐらい経ってから、隣の人とばったり会ってしまい、その時に「犬飼ってたんですか?!」と言われる始末。

ペット飼いたいなあ、なんて思っている人。

この世は金とコネです。お金はどうにもならないことのほうが多い世の中ですが、人脈作りはだいたいタダです!ご近所付き合いだけはしっかりとしましょう! 「おはようございます、こんにちは、こんばんは」は世界を制する!

何の話でしたっけ。

ああ、そうそう。我が家はレウさんの大きさを知っている人からすると、まさしく犬小屋。当サイトの名称「犬小屋」とはこの部屋のことを指しています。こんな話は実にどうでもよろしいのですが、やっぱり狭いのです。

狭いに加えて、転職してからというものの、電車の乗り換えを二度もしないとならないというあたりで、かなりイライライライラする毎日を過ごしており、これは実に精神衛生上よろしくない。引っ越したいメーターがぐんぐんぐんぐん上がっていることもあって、少し本気になって物件を探してみることにしました。

やっぱりこのご時世、物件を探すのに不動産屋を巡って……なんてのはナンセンス。数多ある不動産サイトでぽちぽちと探すことにしました。

ペット可物件で、大型犬飼育可能っと……ええと? 賃料五十万円。ほほう?

すごいなー、ナチュラルに手取りより高い物件しか出てこないよ。世の中不景気だーっと騒がれていますが、やっぱり貰う人はそれだけ貰っているようです。つうか、家賃に五十万も払うんだったら家買えばいいのに、死ね、と非ブルジョアなぼくはボヤきながら検索してみるも、ありません。もう絶望的にありません。ないったらないんです。

しかたあるまいと「ペット相談!」とか「ペット可!」を謳っている物件で、条件に合いそうなところを片っ端から問い合わせてみることにしました。

「ペット可とありますが、大型犬の飼育は可能でしょうか?」

「ムリですね」
「大型犬はちょっと」
「小型犬までです」
「…………(返信なし)」

だいたいこんな感じです。そのうち数えるのも馬鹿らしいぐらいの数を問い合わせて、オッケーが貰えた物件はたったの二件。しかし結局のところは内見もせずにダメになっちゃったのでした。

しかし捨てる神あれば拾う神あり。

内見しにわざわざ出向いた不動産屋に調べてみて貰ったところ、ちょうど空きができる「ペット共生住宅」が! しかも大型犬飼育可能という好条件。

通勤時間はちょっと延びてしまいますが、レウさんの快適な暮らしを第一に考えると、多少通勤時間が延びてしまうのは仕方ないでしょう。伸びた通勤時間は自分の勉強時間とかに充てることもできるわけですし……ということで、気に入らなかったらキャンセルしますよ、と念を押した上で手付けを打って物件確保。特に問題がないようなら、犬小屋は移転する運びになる予定です。

ちなみにお家賃は今住んでいるところよりもお安くなります。しかも駐車場を借りたとしても安い! 今まで車を持っていないことでレウさんを色々な場所に連れて行ってあげることができなかったぼくですが、引っ越した折にはスーパーレウ号(命名済み)を導入して、めくるめく快適ドッグ・ライフが待っているような気がしないでもないのでした。

もうカーナビとか用意しちゃおうかな!

「いぬのきもち」保険

「いぬのきもち保険」は、アリアンツ火災海上保険株式会社が提供するペット保険商品をベースに、いぬのきもちが行ったニーズ調査の結果を反映した”いぬのきもち”ブランドのペット保険。保障の充実と加入の負担軽減などの改良を加え、2つのプランを用意した。

ペット保険「いぬのきもち保険」販売開始。ベネッセ – 犬 ニュース01 – 犬専門ニュース情報サイト

まさかのアリアンツOEM。

アリアンツのペット保険、9 月の上旬に 100% 補償の新規申し込みを打ち切ってしまい、新しいプランの発表が行われたばかり。まさか OEM で他のところがアリアンツを採用するとは思いもよりませんでした。やっぱり他と比べると割高ですもの。

いまのところはまだ詳しい価格の発表はないようなのですが、雑種(二歳)で年間二万円と少しというアリアンツ自体と変わらない価格設定。価格が変わらないのに、なぜこれを選択するのかという気がしないでもありませんが……。

レウさん用サプリメントが税関で止められてしまったヨ!

日中うだうだとマットの上で自宅警備に勤しんでいたところ、電話がジリリ。

UPSジャパンから、「なんかチミ宛のサプリメント的なものが税関で止められてしまっているよ。これは輸入していいものなのかどうか、農林水産省に聞いてみてね!」的なことを言われてしまってポカーン。いや、落ち着け。まだ慌てるような時間じゃない。

眠気でぼけぼけな頭をなんとかしながらメモを取り、早速農林水産省に電話したところ、「農林水産省消費安全局畜水産安全管理課薬事監視指導班」というところに回されました。係の人も長いと言ってたけど、本当に長い(笑)

なんでもサプリメントのラベルをFAXで送ったうえで輸入可能な代物かどうかを判断していただくのだそう。めんどくさいことになってしまいましたが、私がやったのは電話のみ。すでに以前購入したものが最後の一つになってしまっているので、これで今は無事手元に届くことを祈るばかりです。

これまでに幾度となく個人輸入をしてきているのですが、今回のように税関で止められるケースははじめて。時期的にフィラリア、ノミの薬(こっちは良く止められるという話を聞く)などが必要だから、税関のチェックが厳しくなっているのかなあ。

アイペット、少額短期保険会社化が決定

ニュース | ペットの医療共済【ペット版健康保険証】~アイペットクラブ i pet club~
特定保険業者として弊クラブが運営する「アイペットクラブ健康促進共済事業」の業務委託先である株式会社アイペットは、2008年3月21日付で少額短期保険業者(関東財務局長 (少額短期保険) 第20号)としての登録が完了し、同日付で、弊クラブの共済事業について「業務及び財産の管理の委託」が認可されましたのでお知らせ致します。

3/31 までに発表が果たしてあるんだろうかと、人ごとながら冷や冷やしていた動物保険の「アイペット」ですが、無事少額短期保険会社化が決定したようです。

ただし、現状のところでは新しい商品などは公表されていないので、果たしてどのぐらいの金額に設定してくるのか今後に注目したいところ。最近になって値下げを発表したアニコムよりも、一歩先を行って欲しいものです。安いにこしたことはありませんからねー。

というわけで今日はこれから飲み会(送別会)です。しかし、20:30 から 3 時間て……さすがにキツいので途中で帰ろう。

犬の肉球が柔らかい三つの理由

チーズっぽい香り

これぞウェブログっぽい―前にも書きましたが、ぼくは「ブログ」よりも「ウェブログ」のほうがかっこいいと疑いません。どうでもいいですね― タイトルです。

実のところ、肉球について特別な秘密を知っているというわけではありません。「一度こういうタイトルで何かを書いてみたかった」「デジカメにどアップの写真が二枚あった」……そんな浅はかな理由でこの投稿を書いています。どうもスミマセン。フヒヒ!

肉球。犬の鼻に次いで魅力的な部位であることには、皆さん疑問の余地もないことかとぼくは信じています。

肉球(pad) は固い地面をあまり歩いていないと、自然と柔らかい肉球になります。室内で飼っている場合は当然その傾向が強く、外でよく歩く子ほど、肉球は硬くなっていきます。柔らかい肉球は魅力的ですが、当然その分だけ怪我をしやすいわけですから、特に子犬のうちには気をつけましょう。肉球は足裏の保護を兼ねています。

猫の場合には二つ目に「遮音」となるのでしょうが、犬の狩りは持久戦。待ち伏せて襲うのではなく、とにかく相手を追い詰めていくスタイルですから、これには当てはまりません。スポーツシューズさながら「クッション」の役目を果たしているのです。

最後の三つ目は何かって? やっと本題です。そりゃもう楽しむためです。

レウさんをひっくり返してからレウさんの両足を両手で握り、独特の香りを楽しみながら、バーチャロンスティックよろしく(果たして分かる人が何人いるだろう)肉球をぐにぐにとすることは、僕の持っている数少ない楽しみの一つでもあります。レウさんはちょっと迷惑そうです。

あにさ?

ただし、肉球は犬の立派な弱点です。

そんな部位を触らせてもらえるということは、きちんと信頼してくれている証でもありますので、肉球を愛でる際には触らせてもらえることに感謝しつつ、花を愛でるようにぐにぐにとしましょう。ぐにぐに。

ちなみにぼくが使っているはんこは、かの有名な(株)もりいんが出している「にくきう認印」です。内定応諾書だろうが、契約更新の書類だろうが使ってしまうほどです。肉球大好きな人は是非買うといいと思いますよ!

夏の暑さ対策を考える

Sunflower & sky
Creative Commons License photo credit: Lorenzo_EOS

一人暮らしで動物を飼っている方は、夏をどう乗り切るのかきっと頭を悩ませていると思います。ぼくもそのうちのひとりです。

東京都内なんかでは真夏日にエアコンを使用せずに放置していると、室温は 30 度を軽く突破してしまうおそれがあります。そんな過酷な環境に耐えられる動物はそういないわけで、犬、猫、うさぎ、フェレット等々、下手すると熱中症にかかってしまい、命の危機に瀕してしまいます。

おお、書いていて怖くなってきました……ちょっと気が早いですが、今回はそんな真夏対策をどうするのかをつらつらと書いてみることにします。

我が家のニューファンドランドのレウさんは、ご多分にもれず暑さにとてもとても弱いです。そもそもニューファンドランドの耐暑能力はかなり低く(もふもふしてますから)、夏はエアコンなしでは生きていけない身体なのです。たぶん。

これへの対策として、我が家では 5 月頃からエアコンを 24 時間つけっぱなしに。そしてやはり怖いのが停電エアコンの故障

電気代はお金を払えばいいだけですが、突発的なアクシデントにどう対応(故障はしょうがないとして)するのか、ここ数日考えてみました。

  • ネットワーク対応の温度計

We're Having a Heat Wave!
Creative Commons License photo credit: akahodag

まず真っ先に考えたのが常時室温が分かるようにしておき、異常時には帰宅して対応するなどの監視体制を敷くという反社会的かつ王道的なプラン。

ただ、実際に商品を探してみると高い!数万円するのはザラで、さすがに厳しいものがあります。そんななか見つけたのが秋月電子通商で取り扱っている PICNIC という商品。自分で組み立てるキットものらしいのですが、ネットワーク対応+温度測定ができるようです。

こりゃいい、と購入しようと考えていたところ、カートに入れる直前で「ここまでできるキットがあるなら実はエアコンも制御できたりするものがあるんじゃないか?」と思い直し、さらに色々調べるてみると……あった!ありましたよ!ママ!!

うさぎ快適

その名が示すとおり、うさぎを快適にするための製品です。具体的に何ができるかというと……。

  • USB に接続した温度計から、室温・湿度を測定することが可能
  • 接続した温度計からエアコンを直接制御することが可能
  • 障害発生時にはメールを自動送信
  • メール経由でエアコンの操作が可能

すばらしい!すごい!

ぼくが望む機能が丸々入っています。一万円と少しでありながら、この機能!「これしかない」とぽちっと注文。普段は無駄遣いの多いぼくですが、今回の買い物こそは無駄でもなんでもなく、安心を買うためのものと割り切ることができます。

ただこれだけでは温度を測定する PC 本体が止まってしまったときに対応ができなくなってしまうので、別途 UPS (無停電電源装置)を調達してやる必要があります。とはいえ、これもレウさんに快適で安心なお留守番をしてもらうためと割り切って、会社帰りにでも UPS を買って帰ることにします。

いくらセンサーを用意したところで、停電→PC即死のコンボを食らうとどうしようもありませんしね!

レウさんのフケ症、その後

graph19.jpg かいかいー!

先週に診察してもらったものの、ダニではないだろうというところが分かっただけで、原因はきっちりと特定できなかったレウさんの湿疹とフケ(きっとブラッシングをサボっていたせいなんですけど!)。

雑菌等々の繁殖が原因なのか、季節の変わり目によるものかはともかく、ステロイドと抗生物質を処方して貰い、飲ませること一週間。身体にぽつぽつとあった赤い湿疹はほとんどなくなり、レウさんが身体を掻くこともなくなったので効果はてきめんだったようです。

先日、薬がなくなってしまったので再度獣医にかかったところ、「湿疹も落ち着いているようですし、薬は止めて様子を見てみましょう」 との判断に。

nolvasan.gifかといってもこのままじっと様子を見るだけというのも非道なので、完全に回復するまでは週一回ペースできっちりとシャンプーをしてあげることにしました。

そんなわけで購入したのが「ノルバサン」。急性湿疹なんかの対策にもよく使われている、非常に実績のある製品です。

昨日も診察を終えて、さっそくわしわしとレウさんを洗っていたのですが、毛がもう抜ける抜ける。濡れた手ですこし撫でつけるだけで、手が毛まみれになるほど。壁に接触したら、今度は壁が黒くなります。

このまま流していけば風呂が詰まること請け合いなほどに抜けていきます。洗っている最中はじっとしているレウさんですが、ドライヤーは嫌がるのでそこをなだめてすかして、二時間近くかけてなんとか終了。

やっぱり大型犬のシャンプーは大変です。楽しいんですけどね!

春は抜け毛の季節

とはいっても、ぼくの髪がわさーっと抜けて困りましたわワハハーなんて話ではありません。

もちろんレウさんの話です。

季節の変わり目になると、冬毛から夏毛に生え替わっちゃうぞー的なタイミングになるわけで、部屋がもうとんでもないことになります。掃除しても掃除しても、いったいどこから出てきているのか(いや、もちろんレウさんからなんですが)、ものすごい量の毛に悩まされます。

先日、トリマーさんに怒られて以来、レウさんのブラッシングを日々かかさぬようにしているわけですが、それでも部屋に舞い踊る抜け毛は留まることを知りません。今朝も十分ほどざざっとブラッシングをしたのですが、その収穫物がコレ。

iPod と毛 iPod と毛。

もさもさ。でかい!別段アンダーコートを取り除くファーミネーターなんかのインチキアイテムを使ったわけでもなく、ただのピンブラシだけでこれです。ファーミネーターなんかを使った日にはいったいどうなることか……。

一見何の変哲もない絨毯また我が家には安物の絨毯(どうせ汚れるから高いのは買わない)があり、レウさんもよくゴロゴロとしています。

当然ながら、 ここにももの凄い毛が埋蔵されているわけで、定期的に除去してやらないともうとんでもないことになってしまいます。


さて、この絨毯の毛に埋蔵されている毛はいかほどか、ブラシを走らせてみると……

収穫 ヒャッホーイ

先ほどの毛の固まりに負けずとも劣らないほどの毛がもさもさと収穫できます。

目下、この抜け毛を平和的に利用する方法を考えているのですが、いまのところは丸めて愛でるぐらいにしか有効な活用方法がありません。

ほんのりとレウ臭がするので、職場に置いておけばいい癒し的なグッズになること請け合いなのですが、さすがに引かれるだろうしなあ……。

でも何故だか、ただ捨てるのは忍びない。もっふぁーとした犬種を飼っている皆さんなら、きっと同意していただけるに違いありませんとぼくは信じています。これ、みんなどうしてるんだろう……。

ニッコリレウさん

黒い犬は撮影が難しいとよく言われますが、ご多分に漏れずぼくの撮影テクニックではレウさんのかわいらしさを伝えるになかなか至りません。

レッツゴー!

まぁ、そもそも散歩時にはデジカメを持ち歩くこと自体がそうないわけですから、自然と撮影場所が自宅のみになってしまうことが多いのはさておき、久しぶりにデジカメを持って散歩に出かけたところ、なかなかいい絵が撮れたのでそっと公開しておきます。

でもこれ、よく見ると目ヤニが……。