カテゴリー : Web

楽天市場の商品を検索表示させるプラグイン

こんにちは、こんにちは!

色々とありましたが、にゆうふはまだ生きていますし、レウさんもバリバリ元気です!

別に何もしていなかったわけではなくて、レウさんを連れて色々な場所にお出かけしたりはしていたのですが、さぼって止ん事無き事情でブログは更新しておりませんでした。ええと、もう四ヶ月近く経っているわけですか。ははあ。ぼくが一番驚いていると思います。

まったく更新していなかった期間も、たまにメールでブログの内容について問い合わせ的なものがあったりしたので、「ああ、見てくれている人はいるんだなあ」としみじみ思ったりもしましたが、今後は定期的に何かしらのエントリーをしていくことはできるんじゃないかなーと思います。少なくとも期間中に取り溜めた写真をもとに色々と書きたいこともありますのでご期待ください。

さて、ここまでの話をブッツリと切ってしまいます。

以前から WordPress のプラグインで楽天市場を検索したりするものが欲しかったのですが、どうにも見つけられませんでした。ないのかなあ。拙作の注目させたい記事を表示させるだけのプラグイン「My Favorite Posts」の紹介記事にも、それっぽいコメントを頂いておりましたし。

無いなら勉強がてら作れるかどうかやってみようかなと調べ始めたところ、楽天がきちんと API を提供してくれていることが判明したので、さっそく暇を見つけて作ってみました。

こんな感じで表示されます



検索画面はこんな感じで

検索画面

WP-Rakuten-Link

使用手順

  1. /wp-content/plugins/ にフォルダごと転送してください。
  2. /wp-rakuten-link/cache フォルダの属性を変更(chmod)。書き込みできるようにしてください。CORESERVER では 707 で確認しています。
  3. WordPress 管理画面からプラグインを有効化。
  4. 管理画面の設定メニューにある「Wp Rakuten Link」から、楽天デベロッパーID の入力が必須です。アフィリエイトID は入力しなくても動作しますが、この場合には作者のIDが利用されます。
  5. 投稿画面中に「楽天市場 商品検索」メニューが表示されるかどうかを確認してください。
  6. 検索フォームにキーワードを入れて、検索を押すことで結果が表示されます。
  7. [挿入] リンクをクリックすると、HTML エディタ状態の場合に限り(リッチエディタに送る方法が分からなかった……)、文中にコードが挿入されます。
    リッチエディタを使用している場合には、[挿入] を押すと表示される商品コードを表示させたい箇所にコピー・ペーストしてください。

機能について

  • cache フォルダ上には、取得したデータをキャッシュとして 24 時間保持します。キャッシュファイルが作成されてから、24 時間過ぎるともう一度データを取得しにいきます。
  • そんなすごい独自機能なんてないよ。

免責事項

  • 制作者は本プラグインの使用によって生じた、利用者の如何なる損害に対しても一切の責任を負わないものとします。

プラグインの利用にあたっては、楽天ウェブサービスのサイト上にある利用規約を遵守していただくようにお願いします。

サーバーはWordPress 2.7、PHP 5 で、ブラウザはWindows 版 Firefox 3.0.10 と IE7、Google Chrome で動作確認をしています。他ブラウザでの試験はできない環境ですので、IE6 等でどうなるかが分かりません。レイアウト崩れ、エラーなどが発生してしまうようなら教えてください。その際、「こうすれば直るよ」と教えていただけると大変うれしいです(他力本願)。エラー処理はかなりさぼってます。

また、ぼくは普段 Firefox しか使っておらず、作成も Firefox を中心にしていることもあって、ところどころ表示がおかしなところがあるかもしれません。認識しているもので特に酷いのが投稿画面上にある検索フォームの IE での挙動で、検索すると下にがばっと余白でき、かつアイテム表示が妙な位置に描画されるというエキサイトな展開が待ち受けています。どうやれば直るってんだ!

ぼくは日曜プログラマなものですから、本職の方から見ると「なんぞこれ」という箇所があると思います。その際には、こっそり教えていただければ助かります。当初は商品表示もすべて jQuery でやっていたのですが、キャッシュファイルの作成やらでどうすればいいのかピンと来なかったものですから、途中でやめてしまいました。

なにかご要望とかがありましたら、コメントにでも残してあげてください。

アクセス解析を考える

あまり考えないようにしているアクセス数ですが、三連休中で割りと暇だということもあって、ちょっと真剣にレポートを読んでみることにしました。

当ウェブログではアクセス解析に「Google Analytics」を利用しています。設置方法は簡単で、アカウントを作成した後に指定の JavaScript コードを挿入するだけ。

この場合、ブラウザで JavaScript をオフにされてしまっていると、当然アクセス解析ができなくなってしまうのですが、ブラウザの JavaScript をオフにしているのはごくごくわずかなユーザですから、無視してしまっても良いレベルと言えます。このご時世、オフにしてしまっているとまともに Web サイト見られませんしね。

webaccess_11031

で、結果がこんな感じです。一日平均すると、50 セッション(接続数)というところです。

しょっぱい……しょっぱいわ!

さておき、ここ数日は更新していなかったので、当然、接続数は下がっていきます。10月に更新したのは、10/7, 10/13, 10/14,10/15,10/24,10/25,10/26 です。投稿数は計 8 件(少ない!)。

元が少ないので、顕著には表れませんが、それでも更新した日にはなんとなくグラフがもりっと上がっているように見えなくもありません。10/7 には珍しく 100 セッションを超えています。

当日のエントリは「犬小屋移転計画」。別になんてことはない、普通の日記っぽいエントリで、このページ自体への当日の閲覧数は少ない。この日は Yahoo! から「いぬのきもち保険」ワードでの検索による流入がどかっと来たことによって、この結果に繋がったようです……なんてことがすんなりと分かってしまうのが、この Google Analytics.

この Google Analytics で分かるのは、おおまかに分けると「セッション」「平均ページビュー」「平均サイト滞在時間」「新規セッション率」「直帰率」。このほかにも、どこの国からだとかどんなキーワードで検索されているのだとか、どんなブラウザだとか基本的なところは一通り分かるようになっています。

この「犬小屋にて」には、やはり検索からの流入がもっとも多く……というか、検索からの流入が大部分を占めています。検索の結果、すぐに退出することを示す「直帰率」を見てみると、76.4%が元いたサイト(この場合、Yahoo! だとか Google ですとか)に戻ってしまっているということが分かります。

直帰するということはつまり、サイト自体に魅力がなかった、必要とする情報がなかったといったことが考えられますが、満足して帰って行ったということももちろん想定できるわけですから、やはりあくまで参考までに止めるべきです。

ただし、サイト自体に魅力があるなら「どれ、他のコンテンツも読んでやるか」というアクションに当然繋がっていくわけですから、この数値を減らしていくことは重要です。

この直帰率のほかにも参考になるのが、サイト滞在時間。この時間が長ければ長いほど、もちろん単純に分かりづらいからこそ時間がかかっていることも考えられるのですが、基本的にはサイトに掲載されているコンテンツ、エントリをしっかりと読んでいただけているということです。

このサイト滞在時間を延ばしていくことも重要……といいたいところなのですが、実はこの計測はあまりアテにはなりません。ですから、長いからといって「凄い!」というところではないようです。

当ウェブログの平均滞在時間は「1:24」と、長いのか短いのかよく分からない微妙なラインとなっています。アテにはならないと言ってしまいましたが、それでもエントリをあげた日にはこの滞在時間が延びているのが見て取れますので、ああ読んでくれているんだな的なことは分かります。

人気のある記事は「いぬのきもち保険」「動物殺処分に思う」「犬の肉球が柔らかい三つの理由」「今後のペット保険を考えてみる」と出ています。この「犬の肉球が~」は明らかにひっかけで、検索されやすいタイトルを意図して付けたものですから、その効果がかなり出ています。肝心の内容はあまり気合いが入っていません。

この結果からも分かるとおり、やはりタイトルは重要です。どうでもいいタイトルが付けられているエントリは、内容に気合いが入っていても軒並みアクセス数も低くなってしまっています。読んで欲しいエントリには、いかにも検索結果から読みたくなってしまうようなタイトルを設定するといいでしょう。

あとはリピーターを増やして行くに限ります。

リピーターとは名の通り、要は一見さんではなく、後日にまた来て下さった訪問者のことですが、Google Analytics を使えば、訪問者の来訪頻度、接続数なんかが分かります。リピーターを増やして行くにはもう、頻繁な更新、充実したコンテンツが求められますので、難易度が高いですね。うーん、リピーター増やしたい(笑)

とだらだら書いてしまいましたが、Google Analytics はオススメです。ちょっと高機能すぎて取っつきにくいところもありますが、必要な情報はおおむね分かるようになっていますので、サイトを運営している方でアクセス解析をどうしようか迷っているなら、まずは一度試してみて下さい。

とりあえずレポートを見て、ぼくの課題として……

  • 更新頻度を上げる
  • 露出を増やす

と、至極当たり前なことをしなければならないということが分かってしまいました。

というのも、Yahoo, Google の二大検索エンジンからの流入以外にはブログ村からの流入が少し、他はさんざんたる有様ですので、きちんとしたエントリを書いて、他からの流入を稼いでいくことが重要だということを再確認できたからです。

というわけで過去最大級に長くなってしまったので、リピーターさんに感謝しつつ、今回はこれでお開き。

また次回お会いしましょう!でも多分、次回はありません!

今度こそ WordPress 2.5 RC1 にしてみた。

前回失敗したのはきっと手順をサボったからに間違いないということで、割と暇な時間を有効活用すべく、今度こそきっちりとアップデートしてみることにしました。

前回は「使用しているプラグインが対応するまで待ちだな!」なんてことを言っておきながらも、コロッと態度を変える変わり身の早さこそがぼくの神髄といえなくもありません。

実際にどんな手順でやったかというと……。

  1. 不退転の覚悟を決める
  2. データベースのバックアップを取る
  3. 使用しているプラグインをすべて停止する(実にめんどくさい)
  4. wp-admin, wp-include, ルートフォルダの古いファイルを削除する
  5. データをこつこつとアップロードする
  6. wp-admin/upgrade.php からデータベースのアップデートを行う
  7. プラグインをこつこつと有効化する(実にめんどくさい)
  8. フィードの配信日時がおかしいので、wp-include/feed-rss2.php らを修正
  9. できあがり!

Yes! :D

今回は無事成功しました。売りのビジュアルリッチエディタもばっちり完動。前回の失敗の原因は、やはりプラグインを停止しないまま、作業をしていたのがマズかったようです(だって停止するのめんどくさかったんだもの)。

一部動かないプラグインがあるという点では、しばらくはじっと我慢の子な日々が続きますが、WordPress RC1 が出てから各プラグインも続々と 2.5 に対応し始めているような気もしますし、まあ大丈夫でしょう!

新しいものに飛びつくのは危険なんだと、久しぶりに思い出しました。

ちゃんと取ってて良かったデータベースのバックアップ。

2.5 RC1

少々血迷って WordPress 2.5 RC1 にアップデートしてみたのですが、ウリのはずの新ビジュアルリッチエディタが有効にならないわ(ローカル環境じゃ大丈夫だったのになあ)、愛用しているプラグインがまだ使えないわ(特にタグ系が全滅)で、こりゃまだ使いものにならんワイと、すごすごと 2.3 に帰って参りました。

ビジュアルリッチエディタさえきちんと使えれば、だましだまし使っていたような気もしますが、一時間ほど格闘してみても何故利用できないのかがさっぱり不明。ユーザー側で利用するように設定していますし、プラグインをすべて停止しても状況変わらず。2.5 RC1 をインストールするうえで、wp-include, wp-admin らはすべて削除したうえでアップロードもしていたので、正直お手上げです。ウーン、正式版でも直らなかったらどうしよう。

なぜか切り替えできないナゾエディタ

愛用しているプラグインが使えない 2.5 環境から、こうして 2.3 に戻ってみると如何に様々なプラグインに助けられているかが実感できます。もうプラグイン作者さんに足向けて眠れません。ひとまず 2.5 は愛用しているプラグインがそれぞれ対応するまでは待ちかなあ。

というわけで、これから RC1 を試そうとしている皆さん。データベースのバックアップと、2.3 環境を手元に残しておくことを忘れずに!出戻れて良かった!

WordPress 2.5 RC1 公開

WordPress 2.5 RC1

じりじりとリリース日が伸びつつある WordPress 2.5 ですが、ようやく RC1 (リリース候補) が公開されたようです。

この RC1 公開でのフィードバックを待って、数日後に正式リリース日が決定される見通しだそうな。

刷新されるファイルアップロードマネージャーはかなりよく出来ているので、「Flexible upload」とは 2.5 でお別れになりそうな感じです。YouTube へのリンクなんかもサクサクと簡単にできちゃいます。ただ、投稿画面自体が少し使いづらくなっている面(現状の右側にあるメニューが軒並みすべて下部に移されている)があるので、これをどうにかするプラグインができてくるとうれしいのですが。

ああ、さっさと最新版にしてやりたい!

WordPress 2.5 リリース延期

まだかまだかと椅子の上で正座していて待っていたのですが、進捗ページを見てみると、いつの間にか延期が決まっていました。

∧∧
ヽ(・ω・)/   ズコー
\(.\ ノ
、ハ,,、  ̄

リリース日は一週間延びて、3/17 に。

チケット開き放題の状況でリリースしなかった判断は正しいかと思いますが、かといって、これだけ開いているチケットを後一週間で処理できるのかどうか……(細かなバグは放置するとしても)。

Feed 配信がどうもおかしい。

どうも最新の投稿を各種リーダーで引っ張ってこれていない気がします。ひとつずつズレている感じ。

たとえば、つい先ほど投稿した「トリミングから帰ってきたレウさんはふわふわのもこもこ」 なんかが、この記事を書いている時点ではまったく出てきません。たぶんこの記事を投稿した後に、「ふわもこ」が最新としてポップしてくることでしょう。

実際にフィードを配信している FeedBurner のページで見てあげると、しっかりと「ふわもこ」も存在しています。はじめはフレッシュリーダーだけなのかと思っていたのですが、Google Reader で試しに購読してみても、「ふわもこ」の一つ前の記事「WordPress 2.5 リリースまであと少し」が最新として扱われてしまっている模様。

うーん、なんでだろう? FeedMedic で見ても、特に異常はないって言われてるしなあ、とあちこち見て回っていたのですが……。

ん?

ちょ。+0900 になるはずが!

どうも WordPress のフィード配信上の投稿日時は GMT になっているみたい。ソース(feed-rss2.php などなど)を見てもそうなってるようですし。

ただ、これが原因なのかはよくわかりません。これまでは特に問題なく最新記事を引っ張って来れていたような気もしますし、ひとつ記事を投稿したらところてん方式に二番目の記事が最新のものとして出てくる理由にはイマイチならない気がします。

WordPress 2.5 でも GMT 基準のまま変更されていないようなので、2.5 にするタイミングで該当部分には手を加えてみますが、もし原因・解決策等々ご存じの方がいらっしゃったら是非教えてください。

WordPress 2.5 リリースまであと少し

新しもの好きの自分としては、早々に新バージョンに乗り換えてヒイヒイ言いそうな気はするのですが、3/10(北米)に WordPress 2.5 のリリース(2.4 はスキップ)が予定されています。日本語版はローカライズ等々があるだろうから、うーん、早くて日本時間の 3/12 とかでしょうか。

この WordPress 2.5 で変更される部分としては……

  • PHP4.2 から 4.3 への底上げ。
  • 管理画面のデザイン変更(すごい変わっていて正直ついていけない)
  • Gravator に対応(get_avatar() で呼び出せるみたい。テーマ側での対応が必要)
  • プラグインのアップデートが管理画面上から行えるように(現状、プラグインが全部消えるとかいう不具合があるらしい……)
  • ビジュアルリッチエディタのアップデート (TinyMCE v3.01)
  • 動画などの投稿が簡単に!(ファイルアップローダの大幅な変更)

ぐらい。ほかにも外部へのトラックバック機能の改善やら、SQLの最適化などなど、細々とした変化が盛りだくさん。英語まみれでとてもとても読んでられませんでした。

ローカル環境には trunk (http://svn.automattic.com/wordpress/trunk/)で最新版を取ってきてあるのですが、やはり新しくなった管理画面がどうにも使いづらい気がします。慣れの問題もあるのでしょうが、特にウィジェット管理部分がレイアウトがちょっとわかりづらい感じ。

でも、開発の進捗状況を見ると、55% だかになっちゃってるんですが、本当に間に合うのかな(笑)

Google Adsense の規約改定を受けて

 このサイトでは Google AdSense によるアフェリエイト広告を掲載しています。最近、このサービスの規約が変更され、その内容が話題となってます。

http://blog.yoshitomo.org/archives/391

雑念ベース » Google AdSense の規約変更 (2008-03-04)

おらしらね写真にはまったく関係のない話ですが、すっかり読み飛ばしていた Google Adsense の規約改定が、実は重大だったということを今になって知りました。

というか、ぼくのサイトでもレウさんの手術台の足しにでもならんかなあ、と軽い気持ちでぺたぺた貼っているものですから、人ごとではなく……具体的にどう変わったかというと、以下の一文が追加されています。

お客様は、お客様のウェブサイトにおいて広告が配信される過程で、第三者が、お客様のユーザーのブラウザ上のクッキーを認識し、読み取ることができること、または、情報収集の目的でウェブビーコンを使用することができることを明確に開示した、適切なプライバシー・ポリシーを規定し、かつ、これを遵守しなければなりません。また、お客様のプライバシーポリシーには、クッキーの管理に対するユーザーの選択肢についての情報が記載されている必要があります。

つまり、Google が広告を配信することによって情報を収集していることを明示せよと、サイト上に「プライバシーポリシー的なページを用意しなさいよね!」といったもの。うわー、これはめんどくさい。実にめんどくさい。

そりゃ毎月ン万円とかを稼ぎ出しているようなところならあったほうがいいのでしょうけど、一週間でン円とかのサイト(ここのことです)なんかに、厳格なポリシーがあっても「ププ。いきがった文章があがってる」なんて笑いの種にしかならないような気がしないでもないのですが、そこのところいかがでしょうか。

とはいっても、明日のためにも従わざるを得ないぼく。ちゃっちゃとプライバシーポリシー的なページを見よう見まねで用意してみました。

ちなみに当サイトで用いている Cookie といえば、せいぜいがコメント欄の情報保持と Google Analytics というアクセス解析のためのものぐらいです。Google Adsense 側に渡ってしまう情報といっても、利用端末の特定ぐらいにしか使われていないはずで、当サイトで入力してあるメールアドレス等々の情報が渡されるなんてことはありませんのでご安心ください。

ヤバい!うちも広告配信していたわ!なんて方は、一度「Discussions > AdSense のガイドライン > プライバシー・ポリシーについて」を見ていただくのがよろしいかもしれません。

FeedBurner でフィードを配信しよう

無事に三月になりました。今の会社とは今月でさようなら。今は次の会社がビシッと決まるのを祈るばかりです。

そういえば一時期、ぼくのサイトでは不調だった FeedBurner ですが、ずいぶん前にもう一度試してみたところ、エラーが起きるようなこともなく順風満帆にフィードを配信してくれるようになってくれました。結局のところ原因はわからずじまい。きっと CORESERVER 側の負荷(そういえばこれも原因不明だ)だったんだと自分を納得させることにしています。

この FeedBurner を使えば何が便利かって、やはりどれくらいの方が RSS リーダを使って購読しているかがわかるってことでしょうか。いつも見てくださっている方、どうもありがとうございます。初見の方も見てくださってありがとう!

feedburner 解析結果

さて、たとえばこれなんかがぼくのサイトの昨日における解析結果なのですが、さっぱり賑わっていないことはともかく、RSS の購読者数と実際に配信されたフィードからクリックされた数なんかが一目瞭然なわけです。一番数が伸びているのが二月八日で、「動物殺処分に思う。」や「脱メタボ弁当」。

ただ、この購読者数だけを見て、わっほいうほほいとラブラドールレトリバーのように喜んでいると、実は半数以上がボットでした。ありがとうございます的なオチが待ちかまえており、もっとも参考になる数は、別ページで掲載される「リーチ」と呼ばれるファン的な数です。

また、FeedBurner を使っていれば、どんな RSS リーダを使っているかもわかったりするのがなかなか面白い。やはり一番強いのが Google なのですが、中には Fastladder (livedoor Reader の英語版) や、なぜか Perl の HTTP:Lite なんかもあったり(ボットだろうなあ)と、多岐にわたっています。

この FeedBurner、自由に RSS フィードの配信設定を変更できるようなウェブログではオススメです。登録自体も簡単でURL を登録するだけですし、 WordPress の場合は移行が容易にできる専用のプラグイン「FeedBurner FeedSmith」なんてものもあります。

これと Google Analytics とを組み合わせれば、アクセスの解析なんかは容易にできるのでオススメです。まだの方は登録&使用してみてはいかがでしょーか!

RSS って食えるの? いつもありがとう!