[犬との暮らし] 9 月分のフィラリア薬

月初にあげているフィラリアの薬をレウさんに。

薬には抵抗がないのか、口に入るものならなんでもいいのか、ご飯のうえにドンと置いておくだけでおいしく召し上がっていただけます(薬をガンとして飲まない犬の場合、舌の奥に置いて口を閉め、鼻をふうと拭きかければ吐かずに飲んでくれます)。

食い意地がはっているとこういうときだけは楽なのよねーと、荒らされたゴミ箱を掃除しながら。

[雑記] 飛べない豚に用はない。

豚になりました。学生時代から比べると、もはや面影もないほどに。

休職した直後は一ヶ月で 15kg 減るという、およそ健康的でない痩せかたをしたぼくですが、当たり前のように元に戻ってしまいました(むしろ増えた)。こうして人は豚になっていくのか……と感傷に浸りたいところですが、このまま増量を重ねていけばいくほど、世間的にも立つ瀬がなくなっていきます。

このままではもっととんでもないことになってしまう、と実際に重い腰を上げて、真剣に減量に取り組むことにしました。

まずは hakatter にきちんとデータを入れていくことから始めよう。これを脱豚(だっとん)プロジェクトと称し、サイドバーにもブログパーツを貼り付けてみることにしました。止まっていたら指を指して笑ってやってください。

そもそもレウさんの体重管理ができていて、自分のができていないというのはどういうことだろう。

[犬との暮らし] 股関節形成不全と戦うサプリメント

ArthriSoothe-GOLD日々与えているサプリメントが切れてしまいそうだったので、先日発注したものが最近届きました。

股関節形成不全とだましだましにでもつきあっていくためには、関節の炎症を抑えるためのグルコサミン、コンドロイチンが含まれたサプリメントが必要です。

このグルコサミン(アミノ酸の一種)には関節間の消耗した軟骨を元に戻す作用があり、また炎症を抑える効果があるそうです。

股関節形成不全のレウさんは、骨がカップにおさまらず、歩くたびにぶつかっているわけですから、当然この軟骨部分の消耗が激しくなっています。この部分を補填する効能のあるサプリメントを与えることで、病気の進行と苦痛を遅らせることができる(はず)のです。

我が家で与えているサプリメントは NaturVet 社 ArthriSoothe-GOLD(アースリージゴールド) ですが、この手のサプリメントを日本国内で購入すると、かなり割高です……。

アメリカで購入する価格の2~3倍は付けられており、日常的に与えなければならないことを考えると、少し金銭的な負担が大きくなるのも事実。我が家では120錠タイプのものを購入しているのですが、これと同じものを国内で購入しようとすると 13,000 円かかります。

今回六つ購入 ((二年もたないです))してあるので、なんと 72,000 円に!プレステ3買ってもお釣りがでる値段ですよ!

よってハナから国内では買わないことにします。世の中には個人輸入の代行をしてくれるサービス(直接やりとりしたほうが安いのですが、GOLDを扱っていて日本国内に配送してくれるところは見つけられませんでした)もあり、わずかな英語と手間だけで割安に入手することができます。今回利用したサイトはここ

$36.99 を六つで$221.94。これだけだと日本円にすると、およそ 25,000 円前後になります。

ただし、ここから送料や海外発送の手数料、関税を加えていくと……最終的にはこの価格に一万円を足した金額になります。それでも 35,000 円程度なのですから、日本で購入するよりも 50% オフになっているわけです。

登録の手続きをしたり、Amazonと同じようにラクラクお買い物!というわけにはいきませんが、手間賃を回収できるほどには安くなるので、興味のある方は利用を検討してみてください。

そして、ここよりも安いところをご存じなら、ぜひぼくに教えてください(笑)

靴下に夢中

[雑記] 知性溢れる検索ワード

Google で「外でうんこ 」と検索すると、地味に上位に食い込んでしまっていることが発覚。

外でうんこ漏らしました!とか書いているわけではないので良いものの、気品と知性に重きを置いているぼくとしては、この結果はいかがなものだろうと思うのです。 そもそもうんこについて語ったのはたったの一度だというのに、こんなことで SEO 効果とやらが出てくるなんて。

以前のエントリで「レウさんは外でうんこをしない」と書きましたが、本日の散歩が終わり、玄関の鍵を開けてドアを開く、そのほんのわずかな隙を縫うかのようにうんこをしているレウさんがおりましたとさ。なにも玄関の前でしなくても!

我慢できなかったんだもの。

しょうがないじゃない

[犬との暮らし] 恐怖のワード

前回、真っ暗で見えない!というありがたいコメントをちょうだいしたので、今度はクッキリハッキリと映った動画を用意してみました。

http://video.google.com/videoplay?docid=4217031384211605450

ちなみに、この動画を再生するだけでレウさんの目はキラキラ。無限散歩地獄に巻き込まれてしまうので、ヘタに再生できません。

それにしても、きれいな動画にならないなあ。デジカメでさらに未編集だから、仕方ないのだろうか……。

[犬との暮らし] ひとりとの暮らし。

ねてるんですようこのウェブログのテーマは『ひとりぐらしでどでかい犬を飼ってるよ!こいつバカだ!』というものだったはずなのですが、すっかりそんなことも書いておらず、我ながらびっくりするほど雑多な内容ばかりを書き捨てていました。

いい加減にここいらで、一人暮らしで犬と暮らすことについて書いていくことにしてみます。

はじめに断っておきますと、「一人暮らしで犬を飼うなんて!飼う資格がそもそもない!」という意見があることは十分に承知しています。 犬は群れで暮らす生き物ですから、群れから離されると、犬にとって精神的なストレスを与えることになってしまいます。それに自分の身にもしものことがあれば、大変なことになりますからね。……と分かっていながらも犬と暮らしている自分の、なんとエゴの酷いことか。

それでも一人暮らしで犬を飼いたい、そう考えてしまうならば、我が子を幸せにするためにも自分も相応の代価を支払わねばなりません。たとえば……

  • 飲み会の誘い
  • 平日の自由時間
  • 土日祝日の自由時間
  • 家具、電化製品、その他もろもろ

ぼくの場合、てっきり飲みに行くことがなくなりました。

元からお酒がさほど好きではないということも大きく、誘いがあっても「息子と娘が待ってるんで!」といってサッと帰ってしまう、ノーコミュニケーション・ビジネスライフを満喫しております。

これだけ聞くと、あわよくば「なんて家族思いの人なのステキ愛してる」と展開しかねないところですが、実はうさぎと犬なので、ただの寂しいちょっとおかしな人止まりといったところです。

出世ストリートというものが、この世に本当にあるのならば、大きく外れてコースアウト、タイヤも外れて復帰不可能な状態であることは明らかなのでしょうが、 これは覚悟すべきです。

平日は仕事から帰って家事に散歩にと動き回ると、あっという間に翌日に備えるために眠らなければならない時間になってしまいます。土日に関しては、平日に寂しい思いをさせている分、存分にモフモフっとしてあげる必要がありますから、自分のための時間というものは激減します。「人間の子供でも同じに違いない」と自分に言い聞かせるのがコツです。

そして日中には仕事に出ている間、当然、留守番をさせる必要があります。

これが小型犬なんかである場合は、少し大きめのサークルなんかを用意して、生活に必要なすべてをそのサークルに入れると言うことが出来るはずですが、大型犬となるとなかなかどうしてそうはいきません。

ましてや、我が家はウサギの額ほどの豆部屋です。ニューファンドランド一匹をまるっと収納できるサークルなんかを用意した日には何もおけなくなること請け合い。

とはいえ、ケージに何時間も入れておくのはかわいそう ((この甘さが身の破滅を招くと知りながらも))……となると、そのまま部屋で自由に行動させるしかありません。結果、家に帰るとまるで台風が過ぎ去ったのように荒らされた部屋を目にすることになります。ほんの一例ですが、

  • Please チェア
  • 掃除機
  • 炊飯器
  • 17インチ液晶モニタ
  • ゲーム用コントローラ 三つ

ざっとこんなものが壊されました。

もちろん、こんな程度じゃ済んでいません。フィギュアがばらばらになっていたり、DVD-R(50枚入り)が部屋中に散らばり幻想のプリズムを彩っていたり ((もちろん、どれも使えなくなっていました))、本や雑誌がばらばらになるなんてことは日常茶飯事ですし、うんこが爆散していることなんて珍しくもなかったりします。

こんな目に遭いながらも、犬を飼ったことを真に後悔したことはあるかどうか? 買って一週間足らずの掃除機を壊されたときには心底落ち込みましたが、それでも、ありません。いろいろな覚悟をしたり、いろいろな物的損害を被ったりもしますが、あったかくてもふもふとしているものがすぐ手の届く位置にいるというのは、何物にも代え難い、すてきなことです。

それに被害総額を出すのが恐ろしくなるほどのクラッシャーっぷりを発揮していた我が家のレウさんですが、最近ではようやく落ち着いてきてくれました。ゴミ箱も散らばらず、雑誌も元の位置にあり、机の上のものも動いていない……。たいへんすばらしいことです。

ほんのわずかな覚悟があれば、人も犬も一緒に暮らすにつれて少しずつお互いが利口になっていく、そんな関係を築けるのだといいですね。

犬と犬はやくかえってきてください

[Web] Google Map をブログに貼り付ける

ブロガーやサイトオーナーの皆様に朗報です。JavaScript や Maps API の知識がなくても、簡単にGoogle マップの一部を切り抜いてコピペするような感覚で、自分のページに地図を埋め込むことができるようになりました。たとえば:* 気に入ったグルメのお店の紹介ページに、店の地図を貼り付け* 旅行ルートを記録したマイマップの一部を、ブログに貼り付け使い方は、いたって簡単。Google マップで切り抜きたいエリアを決めたら、「このページのリンク」をクリックするだけで、HTML 貼り付けのコードが表示されます。それを自分のブログやウェブページにコピーペストするだけで OK です

Google Japan Blog: Google マップを自分のサイトに貼り付けよう (2007-08-22)

ちょっとメモ。WordPress にはGoogle Map を簡単に呼び出すためのプラグインはすでにあるのですが、Google 本家でブログに貼り付けることができるようになった模様。Google API の登録などもしなくていいっぽいので、こちらのほうが断然お手軽。

さっそく試してみたところ、ビジュアルエディタを有効にしているウチの環境では、貼り付けたとたんに編集が効かなくなってしまうため、どうにも使いづらい。編集するときは、ビジュアルエディタをいったん切るか、Google Map が読み込まれるまえに「コード」タブを連打(笑)すれば回避はできるみたい。


拡大地図を表示

マイマップで登録しているメモも引っ張ってこれるようなので、しばらくすれば、このサービスを使いまくったりするウェブログが出てくるかもしれませんね。

[犬との暮らし] ときどき犬と話をしよう。

犬はヒトが思うよりもヒトが話していることを理解、または理解しようと努めています。

『この子は私の言うことをひとつも理解しないのよ!』だなんて言う前に、まず大事なことが一つあります。それは、自分こそが犬の言葉を理解しようとしているかです。

子供の言葉が分からないからといって、子供の出すシグナルを無視する親がいるでしょうか? まだ言葉をじょうずに理解できない幼い子供に話しかけて、伝わらないからと言ってかんしゃくを起こすのでしょうか?

それと同じことです。犬は言葉を話すことこそはできませんが、身体すべてを使って、自身の意志を周囲に伝えようと―つまり、話しかけているのです ((カーミング・シグナルというやつです))。しっぽを振っていればうれしいと感じている、という解釈は有名ですが、何もこれだけではありません。しっぽの動きを一つとっても、高くゆっくり小さく、早く大きく、水平にゆっくりと、低くゆっくりと……といくつものパターンがあります。これに加えて、表情やその他の身体の動きから犬が何を伝えようとしているのかが変化しています。

ヒト以外の生物の反応はただ外界からの刺激に応答する反射的なものと主張されることもあるようですが、犬(それ以外でもかまいません!)とともに暮らして、行動がすべてプログラミングされたものであると心の底から信じられるでしょうか? ぼくにはそうは思えません。

朝起きてあいさつをすればキスをしてくれて、ご飯だよと声をかければうれしそうにし、おやつを見せればサッとおすまし顔になったりと……そう、すべての犬には、うれしそう、悲しそう、怒っているだなんて、れっきとした感情が存在するのです。

犬と会話をするために必要なことは、ヒトの言語を教えることが第一ではありません。赤ん坊の発する「言葉」を理解して、赤ん坊に意志を伝えるかのように、犬の言葉を理解して、犬の言葉で会話をすることです。

http://video.google.com/videoplay?docid=-4517619205028703134

この動画を貼り付けるためだけに、たいそうなことを書いてしまいました!

フヒヒ!スイマセン!

[雑記] エアコンクリーニング、その後

本日は待ちに待ったエアコンクリーニングの実地日でございました。

その変化を実感できるほどの真夏日だったなら、少々得した感があったのでしょうが、本日はやたらと涼しい日。若干得したような損したような、そんな気候です。

さて、このエアコンクリーニング自体は至極簡単。外枠を取っ払って養生 ((シートなどでおおって保護すること))してから洗剤を吹き付けた後に、高圧洗浄して汚れをドレンホースに……という流れになるわけですが、ばっちりドレンホースが詰まっていました。ここ数日のエアコンの効きの悪さと、定期的にボタボタと落ちてきやがっていた水滴はすべてこいつが原因の様子。

いや、さすがに水滴が落ちてくるのはおかしいとは思っていたのです。ただドレンが詰まると、もっとしゃれにならないほどの水が落ちてくるらしいということだったので、「死にかけだけど詰まってはいない」と解釈していたのですが、どうやら見通しが甘かった。結局、つまってどうしようもない(水が流れない)ので、ドレンホースのつまり解消をお願いすることになり、さらに四千円の出費。

クリーニング担当の兄さん曰く、汚水の色でだいたいどんな環境だったかは分かるそうな。

我が家のエアコンからちびり出た汚水の色は茶色。煙草なんかを吸っていると、茶色っぽい感じの色になるそうです。ともあれ無事にクリーニングが終わってからというものの、エアコンをつけると涼しくなるようになり、18度に設定しようが温度計が30度をキープするという訳の分からない状態から脱却することができました。一万五千円もかかりましたけどね。いちまんごせんえんも。

予想外の出費だったものの、ここ数日暑そうにハヘハヘしていたレウさんにも効果を体感していただけたようです。

ごろり。かいてきよー

[雑記] 立ち上がれ、エアコンよ

エアコンが壊れている気がします。

話がさっそくズレますが、今の今までレウさんの誕生日を間違って書いてしまってました(笑) えー、この投稿内で、『ミスよだれこと、ニューファンドランド犬の「レウ(Rew)」。2006年12月21日生まれ(うちの母と同じ!)。 我が家にやってきたのが2006年3月19日。』と。なぜか生まれる前から我が家にやってきていたという、スピリチュアルな前世系のメンヘラ文章になっていました。正しくは2005年の12月21日です。タハー。

話を戻しましょう。

現在の家に越してきてから孤軍奮闘していたエアコン、ここ数日になって設定温度を下げても下げても、温度計が示す室温は30度です。温度計が壊れてるんじゃないかと考え、冷凍庫にぶち込んでやると-20度と、それなりに正確っぽい温度を示してくれます。いい加減に頭に来たので、設定温度を18度とかにしてやったのですが、それでも30度。「冷やせっつってだろ!おいィ?」と頭悪そうにエアコンを罵倒しそうです。もう一人でキレちゃったんですけどね。フヒヒ!

これまでにろくずっぽエアコンの掃除をしていないことが一因としてあるのではないかと考え、先週にエアコンのクリーニング業者に依頼をしたものの、やってくるのは18日ともう少し先のことです。そもそもこれで改善されるかも分からないことですし、この状況はひっじょーにマズい……。くそ、少し高くても早めに来てくれるところを選ぶべきだったか。

アツィ我が家のロイとレウさんは、どちらも暑さには強くないため、五月ぐらいからは24時間ぶっ続けで連続稼働していたわけですが……やっぱりぶっ通し運転が負担なのだろうか。もちろんそうなんでしょうけどね。でもエアコンかけないと暑いんだからしようがないじゃないか!

ロイは割とノホホンとしているのですが、レウさんはぐうたらと寝っ転がっています。ハフハフが絶えないので、相当暑いのでしょう……。

もしも、このエアコンが壊れてしまったとすると、大家さんにONEDARIしなきゃいけないわけで、今すぐにでも出て行き、広い部屋に越したいぼくからすれば胃の痛い話になってしまうわけです。なんかこう、エアコン直してもらってすぐに出るって、ちょっと不義理じゃないですか。かといって、エアコンがない家で過ごすのは自分はともかく、この子らがきつい。

ハーン! どうにかクリーニングで持ち直してくれますように。