密閉式犬小屋

このブログを立ち上げてから、もう二年も経っていることに気が付いて愕然としているぼくです。なんでそんなに経ってるんだろう……そりゃ歳も取るわ、びっくりしすぎて泣きわめきそうです。

エントリもまだ全然少ないわけですが、期間が長いと色々な単語が散り混じっているわけですから、それはもう多彩な検索キーワードでこの僻地にたどり着く方がいらっしゃいます。

そういえば最近はあまり見てなかったなあ、と CORESERVER 側で標準提供されている Analog から、アクセス記録をちら見していたところ、椅子から転げ落ちそうになるほどの驚愕を伴う検索キーワードを見つけてしまいました。

「泣き声のもれない犬小屋」

ちょちょ!!

犬小屋、ケージは犬を閉じ込めるための場所ではありません。

防音・吸音材を敷き詰めて密閉してしまうことで、確かに防音は実現できるのでしょうけれど、それは快適に過ごせる場所とは言えないと思うんですよね(適度な広さと空調を実現できるサイズとかであれば別でしょうが)。

犬が落ち着いて過ごせる場所、安心できる場所として、急な来客時に過ごして貰うための一時的な場所として使用するのであって、「鳴き声がうるさいから」という理由で押し込める場所ではありませんよね。

まさかそんな製品があったりするんじゃないだろうな、と思って検索してみると、どうやらあるらしい。ワオ……。

シロッコファン一基で大丈夫なのか……?と思いつつも、導入事例をいろいろと探していたら、「来客時に吠えて止まらないから、一時的な隔離部屋として」の使用が多いようでちょっと安心しました。

我が家のレウさんは吠えたとしても、いつまでもバウバウ言っていることはないので、ぼくはまったく困っていません。でも、いつまでも吠え続ける子は確かにいますよね。ご近所の目というか耳もあり、これは大変な問題なのだと思います。

当初、レウさんもドアのインターフォンが鳴ったときなんかには、割とバウワウ言っていました。どうやってこれを止めてもらったのか、参考になるかもしれませんので、考え方を含めて今回書いてみることにします。

ただ、ぼくの考え方や、やり方が決して正しいというわけではありません。プロでもないですし。ぼくは割と適当な考え方をしていて、「少しぐらい吠えてもいいじゃない」と思っているクチです。そもそも完全に吠えさせないようにする、ということを目的にはしていませんでした。

だって、「しゃべるな」というのは無茶苦茶だと思いません?

犬の行動には、必ず何かしらの理由が存在します。

彼らはプログラムされた機械ではありませんので、れっきとした感情があり、彼らなりの考えがあるはずです。「吠える」という行動も、何らかの理由があるからこそ吠えているに違いありません。

では犬にとって、吠える行動とは何を表しているのでしょう。

これは犬が人から与えられた最初の役目のはずです。これはもうずっと、何千年もの時間で続いている彼らのお仕事。彼らはあなたを守るために、危険が近づいているということを、たぶんあなたに伝えようとしていたりしています。これはあなたを思うがこその行動……です。たぶん、きっと。

どうでしょう。こう考えれば、ちょっとは見方が変わりませんか?

やってはいけないこと

  • 叱りつける
    よく見るケースだと「吠えちゃダメっていってるでしょ!静かにしなさい!」的なものでしょうか。あなたが一緒になって吠えているわけですから、落ち着くはずがありませんよね。鳴き声は鳴き声を呼びます。
  • 殴りつける
    吠えるのは止めるかもしれませんが、信頼関係も終わります。

では、いったいどうすればいいんでしょう。

あなたが彼・彼女らに教えるべきことは「ありがとう。状況は分かったから、キミがこれ以上吠える必要はない」ということです。

吠えてもイライラしないでください。目を合わせて、軽く頭にでも手を置いて、別に脅威はないということをあなたの目と、落ち着いた心で教えてあげてください。きっとそれだけで充分で、特別なことは不要です。

ゆっくりね!

犬はぼくたちが思っているよりも、ヒトの感情に対して敏感です。

ぼくたちがこの子達は何を考えているのだろう、と考える以上に、彼らはぼくたちの考えていることを知ろうとしているのだと、ぼくは考えています。

怒ったり、イライラしながら何かを教え込もうとしても、きっと混乱するはずです。あなたは群れのリーダーなわけなのですから、どっしりと落ち着いているのがいいはずです。群れのリーダーたる存在が落ち着いていないんだったら、「この人はリーダーじゃないのかなあ」なんて、そう思われてしまうかもしれません。

どんなしつけにも言えることですが、時間を重ねても期待どおりの結果を返してくれないかもしれません。それでも焦ったり、諦めることはしないでください。けっして諦めないこと。彼らに何かを教えるうえでは、とっても重要なことです。

一番大事なことは……わざわざ書くべきことでもないですよね。

あ、我が家はこんな感じです。

レウさん:ばうわう!(だれか来たよ!)
ぼく  :はいはい、ありがとさん。
レウさん:(こっちを見ながらウロチョロする)

右足の小指を蚊に刺された。

20090603-7717
Creative Commons License photo credit: mizuki nakeshu

右手の小指の第一関節も蚊に刺されています。

もうめちゃくちゃ痒くて、仕事中も気になって気になってしようがありません。

暑くなるにつれて、蚊が出始めているなか、割と草が生い茂っている公園にレウさんを散歩に連れて行くものですから、そこでガンガンと刺されているのでしょうが……。

……あれ? でも右足の小指なんかは自宅でしか刺されようがないしなあ。うむむ。

犬がいても大丈夫!的な蚊取り線香もありますが、火を使うものを放置するのは怖いのですよね。世の中の皆さんは蚊に対してどういう対策を取っているんでしょう。

超音波で撃退!的なグッズは効果あるのかしらん。

WP-DBManager 2.50 でエラーが発生してしまう

WordPress のデータベースバックアップや最適化を自動で行ってくれるナイスなプラグイン、「WP-DBManager」が 2.50 にアップデートされました。

が、アップデート後にはプラグイン管理画面や、WP-DBManager のオプション画面上で以下のようなエラーが表示されてしまうようです。

Your backup folder MIGHT be visible to the public

To correct this issue, move the .htaccess file from wp-content/plugins/wp-dbmanager to [Path To Backup]

[Path To Backup] 部分は WP-DBManager の DB Options から設定できる、データベースのバックアップデータの保存するディレクトリが表示されているかと思います。

エラーメッセージが表示されている状態でも、特に問題なくバックアップは行えるようなのですが、かといってエラく目立つメッセージを放置しておくのも気持ち悪いものです。

このエラーは Path To Backup で設定してあるディレクトリに、以下の内容の .htaccess をアップロードすることで回避することができます。

<files ~ ".*\..*">
order allow,deny
deny from all
</files>

Firefox で Gmail が突然開けなくなってしまった

Firefox から Gmail を開くと、読み込み中画面のまま、いつまで経っても受信トレイを開くことができない状況に陥りました。

Screenshot-เกี่ยวกับ Mozilla Firefox
Creative Commons License photo credit: phisite

しかもこいつが超急いでいるところに発生したものですから、あまりの怒りに我を失いそうに。とりあえず Cookie を消してみたものの、まったく変化なし。刻一刻と進む時間のなかでイライラしながらも、Cookie ではなくキャッシュファイルを削除してみたところ、無事復旧。

直接関係あるかは分かりませんが、メモ代わりにでも書いておくことにします。

ニューファン(五歳・女の子)の里親を探しています

(2009/6/10 0:51 追記)
こちらの子、ボランティアの保護団体の方々が保護してくださったようです。まずは一安心。この子が新しい家族に巡り会って、幸せになれることを祈るばかりです。

動物殺処分に思う」のエントリで、昨日 6/8 に五歳になるニューファンの女の子が保護センターに持ち込まれたため、その里親さんを探しているとのコメントをいただきました。

Cause
Creative Commons License photo credit: Ⅿeagan

該当エントリでも書いてあるとおり、保護センターに入ってからの猶予はびっくりするほど短いため、この子が「処分」されないためには一分一秒でも早く、新しい家族を捜し出してあげる必要があります。

せめて一時預かりだけでもできればとは思うのですが、残念ながらぼくの環境ではそれが難しく、直接何とかしてあげることができません。心苦しいです。

興味がある方は是非、「動物殺処分に思う」エントリから詳細をご確認ください。

Vista のスリープが勝手に解除されてしまう

スリープが自動で解除されてしまう問題への対策として、マウスやキーボードでの解除を許可しない、WOL のオフは割と有名だと思います。

ただ、これらの設定には問題がないというのにスリープが勝手に解除されていて、割とイライラッとしていたぼくなのですが、ふと思いついて常駐していた AIM (AOL Instant Messenger) を落としておいたところ、きっちりとスリープし続けてくれました。

「何それ、当たり前じゃない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、一応こういった事例もあったよ的にエントリしておきます。

これからの季節はエアコンが常時稼働になるので、少しでも電気代を節約しなくちゃね!パソコンの電源をきっちり落とせばいいんですが!

レウさんと幸手ドッグパーク

車(スーパーレウ号)を手に入れてからというものの、これまでの時間を取り戻すべく、休みの日にはレウさんを車に乗せてあちこち遊びに行きます。

ぼくはいま、埼玉在住なわけなのですが、埼玉のドッグランを中心にいろいろと出かけています。

武蔵丘陵森林公園ドッグラン、DOG NEWS、幸手ドッグパーク、ドッグラン桶川、Dog Garden ZEBRA、ドッグランもろやま、航空記念公園ドッグラン、彩湖・道満グリーンパークドッグランなどなど。うん、まだまだ行ってないドッグランもありますね。

このなかでも群を抜いて通っているのが「幸手ドッグパーク」です。というか、毎週行ってます。

孤独な子
ポツーン

広い敷地に整った設備と、かなり気に入っています。

小型犬、中・大型犬のエリアはもちろん分けられていて、別料金になってしまいますが、アジリティの用具がある貸し切りコーナーもあります。犬一頭につき 500 円。人一名につき、施設維持費として 100 円がかかります。個人的な感想なのですが、完全無料のドッグランよりも有料ドッグランのほうがのんびりできるので好きです。

レウたん、ハアハア。

フラットさん

このドッグランには比較的大きな子達もやってきますので、大型犬好きの方にもオススメできるんじゃないでしょうか。ちなみにこの時期にはプールにも水が入っていますので、ちょっと暑い日でも大丈夫!

幸手ドッグランのプール

ただし、あんまり水は綺麗じゃないです(笑) 小型犬エリアのプールは、いつ見ても下まで透ける綺麗な水なのですが、大型犬エリアのプールは午前中に行っても、すでに汚くなってしまっております。走り回る→プールに突撃→クールダウン→走り回る→プールに(繰り返し)状態ですから、これはもう仕方がないのでしょう。

YouTube Preview Image

なぜだかピレっ子に尾行されているレウさんなのでした。

そして叱られるピレっ子
そのあと、叱られてました。

イヒヒ!
ウシシ!

IEIE

IE ってば不憫。

City of Internet Explorer - City of Ember
Creative Commons License photo credit: LatinSuD

7, 8 とアップデートされているというのに、Windows アップデートに乗っかってくるとまるで汚物のような扱いを受けていますよね。

先日、ようやっと IE8 が Windows アップデートで配信されるようになったようなのですが、職場では「ギャア、IE8 だ!」「絶対入れるなよ!」という状態(チェックとかで使いますし、しょうがないとはいえ)。

で、主に使っているブラウザはなにかというと、IE6

世の Web でお仕事をされている方達を今なお苦しめ続けている IE6

IE7 はタブ機能を殺しておけば、そんなに落ちたりはしなかったように思います。あんまりよく知りませんけど。IE8 なんかはちょいと使ってみた感じではレンダリングも速いし、レイアウト崩れが泣きそうなほど起きるようなこともなくて、ばっこんばっこん落ちるようなこともない。ような気がする。

じゅうぶん使い物になるレベルではあるというのに「やっぱり IE6 じゃないと危ないな!」とか、したり顔をしているのを見ると、鼻の穴からウィダーインのひとつでも馳走してやりたくなります。

まるでぼくが IE6 のせいで仕事に支障を来していているような感じになってしまいましたが、全然そんなことはありません。

ただ「新しいものがあるんだから新しいのを使おうよ!」と、片っ端から最新版をインストールしまくる人間としてつぶやいてみたのでした。ああ、職場の端末にも片っ端から IE8 をぶち込んでやりたい。

チラシの裏にでも書いとけよって話ですよね。スミマセン。

「富士スバルランド ドギーパーク」に行ってきたよ

先月中旬頃に富士五湖周辺にレウさんを連れて遊びに行ってきました。

当初、「富士スバルランド ドギーパーク」で時間を充分に潰せるだろう、と考えていたのですが、これがもう、まったくもってアテが外れました。

土曜なのにえらく閑散としてるなあと思いながらも、料金を支払って入ってみると……狭い園内、何もない施設、正直あまり手入れの行き届いていない犬たち。不思議ふしぎの館では、延々とお寒いナレーションが流れており、来訪客の少なさも相まってなんとも言えない空気を醸し出しています。

待機室?

犬小屋

犬種紹介の犬小屋がずらずらと並んでいるのですが、そこにいたセントバーナードは状態もあまり良くなく、汚れ放題でございました。これ、夏場はどうしてるのかがとても気になります。

7種類のドッグランがあるのだそうで、それを目当てに行ったようなものなのですが、実際にまともな広さを持っているのは「多目的ドッグラン」のみで、中・大型犬用ドッグランなんかは目を疑うような狭さです。

中・大型犬専用ドッグラン

いわゆる「レンタル犬」が用意されていて、犬を飼いたいけれど飼えない!なんて方が行くと、また別の視点で楽しめるのかもしれません。が、犬を飼っていて広々としたドッグランで遊ばせてあげたいわあ、なんて方には向いていないようにぼくは感じています(少なくとも大型犬には辛い)。お客自体が少ないので、他のわんちゃんと触れあわせたいわあ、なんてものにも向いていませんし……。うーん、微妙。

これでいて料金は大人一名につき、1,500円。同伴犬がいるとプラスで500円。とてもじゃないですが、この値段分のモトは取れていません。レウさんが楽しんだのは園内にある小川ぐらいですし。

小川

結局、一時間も遊ばないうちに撤退してしまいました。二度目はないなあ。

二度目はないよね……。

結論として、とてもじゃないですが自信を持ってオススメできるようなところではありません。

ぼくの場合はさんざんな評価になってしまったのですが、Google ブログ検索で「ドギーパーク」を検索してみると、「楽しかった!」ですとか「*回目!」とかあるわけなんですよね。ということは、ぼくの感性は一般世間の標準的なものよりも、少しズレたところに着陸してしまっている恐れがあるわけで、そのことに若干の恐怖を覚えたりもしてしまうわけです。

レウさん、おおはしゃぎする。

レウさん、おおはしゃぎ
アヒャヒャ!

この顔……。

ものすごいうれしさを時間ごと切り取った、とでも言いたくなるとても躍動的な写真ですね。