タグ : ニューファン

レウさんと乳腺腫瘍

すっかり年も明けてしまいましたが、ぼくはぼくで、とても慌しい年末を過ごしました。

12/22、レウさんのお腹にしこりを発見しました。

寝っ転がりながらお腹を触るなんてことを良くやっているのですが、五番(一番後ろ)の乳首近辺にコリッとした小豆程度のしこり。

これが柔らかいものなら脂肪腫かな、だなんて考えることもできたのですが、場所と固さからして乳腺腫瘍なんじゃないかと思われ、血の気が引きました。残念なことに発見したのは夜中、翌日は癌の認定医であるところの病院もお休み。無理を言って仕事を休み、気が気でないまま 12/24 に病院へ。

診察を受けたところ、やはり「乳腺腫瘍でしょう」との見立て。悪性かそうでないかは摘出したあとの病理検査でないと判断ができませんが、その確率は 50-50。

取り除く必要がありました。悪性だとすると、放置することで重篤な結果になります。12/26 を手術の日と決め、血液検査に針生検、レントゲンと必要な検査を行いました。血液検査は異常なし。しかし、腫瘍であることは確定しました。レントゲンで確認したところ、現時点での転移は認められず。

この乳腺腫瘍は雌犬の 52% が罹る病気だそうですが、発生に至る仕組みは解明されておらず、早期に避妊手術を行っておくことで、この発生確率を大幅に引き下げることができることから、ホルモンバランスに深く関わっているのではないかと言われているようです。

先生のお話によれば、乳腺腫瘍に罹った子は、遅かれ子宮の病気にもなることが多いとのこと。

繁殖させる気は毛頭なかったレウさんを避妊していなかったのは股関節の問題もあり、体重管理が困難になるのではとの判断からでした。結果、今回の乳腺腫瘍に繋がりました。ぼくの見立てが悪く、賭けに負けたのです。救いようがないのは、避妊しないことによる、こうした病気のリスクをぼくは知っていたということです。

My eyes

すでに四歳となったレウさんには、避妊手術を施したところで予防の効果は期待できませんが、それでもまったくのゼロではなく、乳腺の切除と避妊手術を行うことに。

12/26、手術のためにレウさん入院。

仕事には出たものの、ろくに手がつかないままに手術の結果を待ちます。

難度自体は高くないと言われているにしても、少なかれリスクのある全身麻酔からの手術には恐怖を感じてしまいます。結果から言うと、無事に成功。問題らしい問題も起きませんでした。成功の一報を受けた時、電話の向こうで遠吠えを繰り返すレウさんの声を聞き、どれだけの安堵をしたことか!

術後の入院につき、久方ぶりの家にレウさんのいない数日を過ごしましたが、これがまたやる事がなくて困りました。

部屋には空気清浄機とファンの音だけが聞こえ、扉を開ける時に身構えても体当たりを食らう事もなく、冷蔵庫を開けても傍らに座っている事もない。布団は冷えているし、寝ている足に圧迫感もなければ、鼻息がフンフンと当たることもない。車を運転すればすればで、いつもより軽い車に違和感。何もかもが静かで、何もかもが足りない。

12/28 、無事退院。

扉越しの対面

手術が終わってから今日まで、毎日チェックを欠かさないようにしていますが、水が溜まってしまっているぐらいで術後はおおむね良好です。はじめての手術。実に緊張しましたが、とりあえずうまくいって何よりといったところ。

摘出した腫瘍は病理検査のため研究所だかに送られていますが、年末年始ということもあって、結果が出るのはしばらく後になるとのことです。50-50 の良性と悪性のうち、さてどちらとなるのか。

手術後、公園で。

結果がどうであれ幸運なことに、まだ転移が認められる段階になく、初期の初期のうちに手を打つことができました。犬へのボディタッチは何も信頼関係を築くだけのものではなく、病気の早期発見に繋がるものだと信じていて本当に良かった。

いろいろな理由で避妊手術を施していない方も多くいらっしゃると思いますが、どうかお気を付けください。

乳腺腫瘍。再発率も高く、肺などに転移し、死を招く病気です。今後再発するか否か。病理検査も結果も出ていない今の時点では何とも言えず、心配しても仕方のないことなのですが、怖い。恐ろしい。再発しないよう、片っ端からお祈りしていきたい心境です。願わくば願わくば、良性でありますよう。再発もしませんように。

分かってなさそうな、そんなお顔。

ぽやんとした顔をしてるけど、わかってんのかなあ?

レウさん、ブルブル紀行

いつもの幸手ドッグランにて撮影。写真はすべて iPhone 3GS で。

つめたいねー。
気持ちいいねー。
ぶぶぶぶっ!
炸裂。
あげませんわよ!
「ちょうだい。」「いやです。」

うーん、やっぱりこれで充分だなあ。

レウ毛

ブラッシングをサボっていたら、もうエラいことに。

とりあえずシャンプーを終えて、ざっとブラッシング。やっとこさ見つけたファーミネーターをかけてみた。

こってり取れてしまった。

iPhone 3GS で撮影してみる。

幸手ドッグランにて(貸し切り状態)。

なにそれ?

おすわり状態

カメラはオートフォーカスも付いているようですし、速度も充分。マクロ撮影がないのは残念だけど、画質自体は充分実用的。糞でかいデジカメを持ち歩く必要はもう無さそう。ただシャッターがなあ。画面にタッチしないとシャッターが切れないので、そのタイミングでブレちゃうかもしれない。

割と満足しつつ、動画も撮ってみます。.mov 形式で保存されるので、Picasa ではインポートしてくれないのがちょっと残念。

YouTube Preview Image

結構綺麗! 動画自体は今のデジカメよりか、綺麗に撮れちゃってるんじゃないかなあ。YouTube にアップロードすると、残念画質になっちゃいますけどね!

すいすいレウさん。

すいすいレウさん。
すいすい泳ぐよ!

なんか足がついているように見えますが、実際はきちんと泳いでいます。

レウさん、温泉に入る。

いったいいつの話をしているんだおまえは、と思われそうですが、四月中旬にレウさんを連れてドギーパークに行った帰り道のお話です。

あまりにガッカリ砲が炸裂してしまったドギーパーク。このまま埼玉くんだりまで車を飛ばして帰宅する、というのは、あまりにもレウさんが不憫すぎる……というわけで、近くの富士五湖で遊ばせることにしたのでした。

黄昏のニューファンドランド

この写真ではおとなしい感じですが、はじめて見るだだっ広い水場にエキサイトするレウさん。リードがなければ、もう横断しかねないほどにスイッチがガッチリと入っておりました。水場に入る、陸地に戻るの繰り返しで、それはもう随分とドロドロの有様に。

てふてふ

写真を見ると分かるとおり、普通の砂なわけですから、水で濡れた後に歩いてしまうとすごいことになるんですよね。

すっかり汚い風貌と化したレウさんを車に乗せながら、ちょっとシャンプーできる場所でも無いかなあと「犬と遊ぶリゾート地!」的なハンドブックをぱらぱらとめくってみると、富士五湖からは離れているものの、犬用の温泉があるというではないですか! しかも宿泊していなくても利用できるというらしい。

ホテル 四季の蔵

この時点ですでに四時。夜間になってしまうなあと思いつつ、ダメ元で電話をしてみると快諾。富士五湖から静岡は伊豆まで車を飛ばすことになったのでした。

途中、恐ろしい峠道でぐにぐにと曲がる道を行くなか、レウさんが車酔いしないかどうか不安だったのですが、本犬はグースカと後部座席を占有して爆睡。どうやら、レウさんはあまり酔わないようです。

もう七時を少し過ぎたあたりに到着し、さっそくロビーで受け付けを済ませて、犬温泉(ドッグスパ)に案内してもらいます。正直あまり期待していなかったのですが……広い! むちゃくちゃ広いです。しかも綺麗。普通に人間が入れちゃう広さで、レウさんが浸かってもぜんぜん余裕があります。

とても広い!
レウさん、15 頭分ぐらいの広さ

この写真で広さがだいたいお分かりいただけるかと思います。あっと、いきなり浴槽に浸からせたわけではなくて、もちろんシャワーで汚れを流して、シャンプーを済ませてからです。

シャンプー、タオルも備え付けのものを使用してもいいそうで、手ぶらでいっても大丈夫です。

ビバノンノ。

はじめての温泉

レウさんもたいそう気に入ってくれたのか、ぼけーとした顔で温泉に浸かっております。ちなみに人間は入っちゃダメなようなので、実にうらやましい思いをしたものです。湿度むんむんの風呂場でシャンプーしたりと、こちらも汗だくだったというのに……。

温泉、タオル・シャンプー使用可、トリミングルーム使用可といたれりつくせりだったのですが、これで気になるお値段は 1,050 円! うーん、安い。

ホテル側からするとしょっぱいお客だったろうなと思うのですが、ホテルのスタッフさんの対応はとても好印象。

レウさんの身体が大きいのもあってタオルを多めに用意してくれたり、温泉に浸かっている間は使用中だったトリミングルームも、空き次第親切に教えてくださったりですとか。電話での応対も完璧でした。

レウさんはさっぱりし、こちらは汗だくになりながらも温泉から上がり、ラウンジでアイスコーヒーを飲んでいたときにも、レウさんに水を用意してくださったりですとか、水を飲んだせいで口元から垂れ落ちる水のことも「気にしないでいいですよー」と対応してくださったりですとか、良い印象ばかりが残っています。

ホテル四季の蔵

というわけで、自信を持ってオススメできるところです。また行きたいなあ。

ちなみに温泉に入ったレウさんはどうなったかというと……びっくりするぐらいにサラサラのフワフワになっておりましたとさ。

温泉すごい。

ニューファン(五歳・女の子)の里親を探しています

(2009/6/10 0:51 追記)
こちらの子、ボランティアの保護団体の方々が保護してくださったようです。まずは一安心。この子が新しい家族に巡り会って、幸せになれることを祈るばかりです。

動物殺処分に思う」のエントリで、昨日 6/8 に五歳になるニューファンの女の子が保護センターに持ち込まれたため、その里親さんを探しているとのコメントをいただきました。

Cause
Creative Commons License photo credit: Ⅿeagan

該当エントリでも書いてあるとおり、保護センターに入ってからの猶予はびっくりするほど短いため、この子が「処分」されないためには一分一秒でも早く、新しい家族を捜し出してあげる必要があります。

せめて一時預かりだけでもできればとは思うのですが、残念ながらぼくの環境ではそれが難しく、直接何とかしてあげることができません。心苦しいです。

興味がある方は是非、「動物殺処分に思う」エントリから詳細をご確認ください。

レウさんと幸手ドッグパーク

車(スーパーレウ号)を手に入れてからというものの、これまでの時間を取り戻すべく、休みの日にはレウさんを車に乗せてあちこち遊びに行きます。

ぼくはいま、埼玉在住なわけなのですが、埼玉のドッグランを中心にいろいろと出かけています。

武蔵丘陵森林公園ドッグラン、DOG NEWS、幸手ドッグパーク、ドッグラン桶川、Dog Garden ZEBRA、ドッグランもろやま、航空記念公園ドッグラン、彩湖・道満グリーンパークドッグランなどなど。うん、まだまだ行ってないドッグランもありますね。

このなかでも群を抜いて通っているのが「幸手ドッグパーク」です。というか、毎週行ってます。

孤独な子
ポツーン

広い敷地に整った設備と、かなり気に入っています。

小型犬、中・大型犬のエリアはもちろん分けられていて、別料金になってしまいますが、アジリティの用具がある貸し切りコーナーもあります。犬一頭につき 500 円。人一名につき、施設維持費として 100 円がかかります。個人的な感想なのですが、完全無料のドッグランよりも有料ドッグランのほうがのんびりできるので好きです。

レウたん、ハアハア。

フラットさん

このドッグランには比較的大きな子達もやってきますので、大型犬好きの方にもオススメできるんじゃないでしょうか。ちなみにこの時期にはプールにも水が入っていますので、ちょっと暑い日でも大丈夫!

幸手ドッグランのプール

ただし、あんまり水は綺麗じゃないです(笑) 小型犬エリアのプールは、いつ見ても下まで透ける綺麗な水なのですが、大型犬エリアのプールは午前中に行っても、すでに汚くなってしまっております。走り回る→プールに突撃→クールダウン→走り回る→プールに(繰り返し)状態ですから、これはもう仕方がないのでしょう。

YouTube Preview Image

なぜだかピレっ子に尾行されているレウさんなのでした。

そして叱られるピレっ子
そのあと、叱られてました。

イヒヒ!
ウシシ!

「富士スバルランド ドギーパーク」に行ってきたよ

先月中旬頃に富士五湖周辺にレウさんを連れて遊びに行ってきました。

当初、「富士スバルランド ドギーパーク」で時間を充分に潰せるだろう、と考えていたのですが、これがもう、まったくもってアテが外れました。

土曜なのにえらく閑散としてるなあと思いながらも、料金を支払って入ってみると……狭い園内、何もない施設、正直あまり手入れの行き届いていない犬たち。不思議ふしぎの館では、延々とお寒いナレーションが流れており、来訪客の少なさも相まってなんとも言えない空気を醸し出しています。

待機室?

犬小屋

犬種紹介の犬小屋がずらずらと並んでいるのですが、そこにいたセントバーナードは状態もあまり良くなく、汚れ放題でございました。これ、夏場はどうしてるのかがとても気になります。

7種類のドッグランがあるのだそうで、それを目当てに行ったようなものなのですが、実際にまともな広さを持っているのは「多目的ドッグラン」のみで、中・大型犬用ドッグランなんかは目を疑うような狭さです。

中・大型犬専用ドッグラン

いわゆる「レンタル犬」が用意されていて、犬を飼いたいけれど飼えない!なんて方が行くと、また別の視点で楽しめるのかもしれません。が、犬を飼っていて広々としたドッグランで遊ばせてあげたいわあ、なんて方には向いていないようにぼくは感じています(少なくとも大型犬には辛い)。お客自体が少ないので、他のわんちゃんと触れあわせたいわあ、なんてものにも向いていませんし……。うーん、微妙。

これでいて料金は大人一名につき、1,500円。同伴犬がいるとプラスで500円。とてもじゃないですが、この値段分のモトは取れていません。レウさんが楽しんだのは園内にある小川ぐらいですし。

小川

結局、一時間も遊ばないうちに撤退してしまいました。二度目はないなあ。

二度目はないよね……。

結論として、とてもじゃないですが自信を持ってオススメできるようなところではありません。

ぼくの場合はさんざんな評価になってしまったのですが、Google ブログ検索で「ドギーパーク」を検索してみると、「楽しかった!」ですとか「*回目!」とかあるわけなんですよね。ということは、ぼくの感性は一般世間の標準的なものよりも、少しズレたところに着陸してしまっている恐れがあるわけで、そのことに若干の恐怖を覚えたりもしてしまうわけです。

レウさん、おおはしゃぎする。

レウさん、おおはしゃぎ
アヒャヒャ!

この顔……。

ものすごいうれしさを時間ごと切り取った、とでも言いたくなるとても躍動的な写真ですね。