タグ : ニューファン

さよなら、世田谷区

芦花公園の秋 カラッと晴れました

というわけで先週土曜日、芦花公園のドッグランにおそらく最後になるだろうと思いつつ、行って参りました。

当日コメント欄で用事があるので行かないつもりと書いていましたが、からっからに晴れた空を見ているうちに我慢できなくなってきたので、レウさんを引き連れ出発!

……。

レウさん、走りません!

なに?

なあに?

たまに思い出したように、よその子のところへ「遊びましょ!」なんて具合にドコッドコッと走って行くものの、しばらくすると「お父ちゃーん」みたいな感じでドコッドコッと戻ってきます。

そして、ドーンと体当たりをぶちかましてくるわけですが、こちらも気合いを入れて応戦せねばなりません。

「よいしょおおおおぅッ!」

後ろにいたおばさんがポツリ。

「関取のぶつかり稽古みたい」

4WDっぽい。

あんまり走らなくても喉は渇くらしい。そして水飲み場を迷惑に占有。

この写真はなんか四駆っぽい感じがしませんか? 4WD とかホワイトで書いてやりたい。

べろん

撮ってきた写真を貼り付けながら思ったのですが、これまでに他の犬との絡みのある写真って無いですね。ゼロですよ。単にアップロードしていないだけ、というわけではなくて、Picasa をほじくり返してもありません。

やっぱり他の犬が近くにいるときって、あまり気を抜けないんですよね……レウさんが、ガウガウッ!とやることはあり得ないので安心してもいいのですが、「遊びましょ!」とむぎゅっとやってしまうんじゃないかと思うと、やっぱり構えてしまって写真が撮れなかったりするのです。

この日いたのは小型犬がほとんど。

小型犬スペースではなく、普通のスペースにうじゃうじゃと小型犬がいた、ってせいもあります。別にいいっちゃあいいんですが、大型犬オーナーとしてはちょっと冷や冷やします。

一頭やたらと綺麗なバーニーズがおり、ぴしっとしつけが入っていてステキでした。やっぱり訓練に通ってるんだろうなあ。でもレウさんが近寄るとガウガウしていらっしゃいました。

ちなみにぼくはそんなにピシッとしたしつけはいらないと思っていて、呼び戻し(カム)、中断(ノー)さえできれば、あとは自由にしなさいと考えていたりします。わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。リードを外しても、基本的には傍らにいるレウさんを見て、良い子に育ってくれたなあとしみじみ実感。

二時間ばかりドッグランでのんびりとしていたものの、時間がまだ早いこともあって、あまり色々な子とは遊べなかったのを残念に思いつつ、おそらく最後であろう芦花公園のドッグランを後にしたのでした。

へろん 楽しかったね!

振り向きレウさん

これであなたもニューファンオーナー!

YouTube Preview Image

な気分になれるかもしれません。

いかんいかん

考えてみれば、ここは一応ペット系のブログでした。

いかん、いかんぞう。たまには写真をアップしたりとかしないと。

いらっしゃーい いらっしゃいましー

というわけでぺたり。

相変わらずのピンぼけ気味なれど、なかなかにかわいい一枚だと思われます。レウさんが鬼のようにかわいいからなあ。でも後ろに脱ぎ散らかしてある服が色々台無しです。

世のペット系ブログを見てみると、正直言うとあまり内容がおもしろいと思わせられるものは少ないのですが、もうすんごいマメ。ものすごいマメさなんですよね。今日の○○ちゃん!みたいなノリで。ああいうのは純粋にすごいなーと思います。だからこそ人が集まるんでしょうね。見習わないといけません。

ぼくはといえばめんどくさがりやなので、デジカメを立ち上げるのすら億劫だったりしますし、机の上はごちゃっとしてるので肝心なときに見つからなかったり、電池が切れていたりするわけです。

ですから自然と文章主体の内容になってしまうわけですが、だからといっておもしろい文章が書けているかといえばそうでもない。敬愛して止まないエッセイスト(いや、本業小説家なんですが)原田宗典氏みたいなノリのものががっつんがっつん書ければ、がっつんがっつん人が来て、がっつんがっつんアドセンスでウハウハ!になれるだろうに。

人が来てるかどうかと言えばアクセス解析。

アクセス解析なんかで見てみると、意外と携帯からのアクセス(実はこのウェブログ、携帯からでも見れます)があったりします。かわいいわんちゃんの写真がいっぱい!(ハート)みたいなノリのサイトではないんですが、楽しんでいただけているでしょうか? そうだといいなあ。携帯からのアクセスをもっと増やすにはやっぱり携帯小説ですよね。

あたしの名前はレウ。

犬。

ってか、雌。

食べ物、大好きだし。

チャイムが鳴ると、我慢できない。

「ワンワン」

あたしは吠える。

怒られた。

こんなの。

たぶん携帯小説で犬が主人公ってのは、これまでにない発想なんじゃないでしょうか。

こんなことばかり考えているぼくはあいにく風邪でダウンしてます。熱が下がらないわ、咳が止まらないわ、下痢が止まらないわ、食べても嘔吐するわ……明日にでも快復してくれればいいのですが、ちょっと望み薄。皆さんも健康管理には充分に気をつけてくださいね。

けっきょく写真とはまったく関係ない話題に着陸してしまった。

レウさんとイタチーズの奇妙な関係

YouTube Preview Image

レウさんもようやくここまで慣れてくれました。これまでにリンとランをむぎゅっと前足で押さえつけたこともあって、仲良くやっていけるのかが不安でしたが、ようやっと自分の周りをちょろちょろしていても気にしないレベルにまで落ち着いてくれました。

とはいえ、まだまだ目が離せません。

ちなみにレウさんを登頂しようとしているのはリンです。ランはこのとき風呂場で遊んでおりましたとさ。

しかし動画汚いなあ。なんでこんなに暗くしか撮れないのだろう。

レウさん用サプリメントが税関で止められてしまったヨ!

日中うだうだとマットの上で自宅警備に勤しんでいたところ、電話がジリリ。

UPSジャパンから、「なんかチミ宛のサプリメント的なものが税関で止められてしまっているよ。これは輸入していいものなのかどうか、農林水産省に聞いてみてね!」的なことを言われてしまってポカーン。いや、落ち着け。まだ慌てるような時間じゃない。

眠気でぼけぼけな頭をなんとかしながらメモを取り、早速農林水産省に電話したところ、「農林水産省消費安全局畜水産安全管理課薬事監視指導班」というところに回されました。係の人も長いと言ってたけど、本当に長い(笑)

なんでもサプリメントのラベルをFAXで送ったうえで輸入可能な代物かどうかを判断していただくのだそう。めんどくさいことになってしまいましたが、私がやったのは電話のみ。すでに以前購入したものが最後の一つになってしまっているので、これで今は無事手元に届くことを祈るばかりです。

これまでに幾度となく個人輸入をしてきているのですが、今回のように税関で止められるケースははじめて。時期的にフィラリア、ノミの薬(こっちは良く止められるという話を聞く)などが必要だから、税関のチェックが厳しくなっているのかなあ。

春は抜け毛の季節

とはいっても、ぼくの髪がわさーっと抜けて困りましたわワハハーなんて話ではありません。

もちろんレウさんの話です。

季節の変わり目になると、冬毛から夏毛に生え替わっちゃうぞー的なタイミングになるわけで、部屋がもうとんでもないことになります。掃除しても掃除しても、いったいどこから出てきているのか(いや、もちろんレウさんからなんですが)、ものすごい量の毛に悩まされます。

先日、トリマーさんに怒られて以来、レウさんのブラッシングを日々かかさぬようにしているわけですが、それでも部屋に舞い踊る抜け毛は留まることを知りません。今朝も十分ほどざざっとブラッシングをしたのですが、その収穫物がコレ。

iPod と毛 iPod と毛。

もさもさ。でかい!別段アンダーコートを取り除くファーミネーターなんかのインチキアイテムを使ったわけでもなく、ただのピンブラシだけでこれです。ファーミネーターなんかを使った日にはいったいどうなることか……。

一見何の変哲もない絨毯また我が家には安物の絨毯(どうせ汚れるから高いのは買わない)があり、レウさんもよくゴロゴロとしています。

当然ながら、 ここにももの凄い毛が埋蔵されているわけで、定期的に除去してやらないともうとんでもないことになってしまいます。


さて、この絨毯の毛に埋蔵されている毛はいかほどか、ブラシを走らせてみると……

収穫 ヒャッホーイ

先ほどの毛の固まりに負けずとも劣らないほどの毛がもさもさと収穫できます。

目下、この抜け毛を平和的に利用する方法を考えているのですが、いまのところは丸めて愛でるぐらいにしか有効な活用方法がありません。

ほんのりとレウ臭がするので、職場に置いておけばいい癒し的なグッズになること請け合いなのですが、さすがに引かれるだろうしなあ……。

でも何故だか、ただ捨てるのは忍びない。もっふぁーとした犬種を飼っている皆さんなら、きっと同意していただけるに違いありませんとぼくは信じています。これ、みんなどうしてるんだろう……。

ニッコリレウさん

黒い犬は撮影が難しいとよく言われますが、ご多分に漏れずぼくの撮影テクニックではレウさんのかわいらしさを伝えるになかなか至りません。

レッツゴー!

まぁ、そもそも散歩時にはデジカメを持ち歩くこと自体がそうないわけですから、自然と撮影場所が自宅のみになってしまうことが多いのはさておき、久しぶりにデジカメを持って散歩に出かけたところ、なかなかいい絵が撮れたのでそっと公開しておきます。

でもこれ、よく見ると目ヤニが……。

みかんをこよなく愛するニューファンドランド

レウさんは果物が大好きです。というか嫌いな犬はそういないはず。

ぼくがりんごを食べている時には、食べ終わるまでじっと傍らで待機(芯目当て)し、みかんの皮をむこうと手に取った瞬間にたとえイビキをかいて眠っていようがブッ飛んできます。梨も好きだし、ぶどうも大好き。 今回はレウさんがみかんをひたすら食べる動画を公開してみることにしました。

YouTube Preview Image

みかんを食べ終わった瞬間、いきなり真顔になるところと滝のようなよだれが見所です。

食い意地のはったレウさんの体重は減少中。昨日計ったところでは、41.3 kg と前回よりも 1kg 弱落ちていました。足への負担を減らすべく、まだもう少しだけ減量は続けていきます。目指すは 30kg 台!

トリミングから帰ってきたレウさんはふわふわのもこもこ

もこもこ日曜日にトリミングに行ったレウさん。

すっきりとシャンプーとカットを終えて、もうありえないぐらいにもこもこになって帰ってきました。毛もピッカピカ。やはりプロがやるのと素人がやるのとでは、違いが大きいようです(シャンプーの差もあるんでしょうけど)。

もこもこしていて、でっかくて、あげくにほのかに良い香りがするわけですから、これはもう反則的なまでの愛らしさ。

このもこもこ具合を文章に添えて届けられないのが悔しいほどです。

もこもこしておきながらも、実際に触ってみるとソフランを使った洗い立てのタオルのようなふんわりでありながら、かつ、なめらか。全世界にこの柔らかさが伝われば、ああ、誰も争いなんて起こさないというのに!

手もスッキリ 手もスッキリ。

せっかくトリミングが終わり、完璧なまでに仕上がったレウさんを周囲にアピールして回りたいところだったのですが、今朝はあいにくの雨。

美しくなったばかりだというのに、早速泥で汚すわけにはいくまいと、朝のお散歩はキャンセル。夜の部を少し長めにとって行くことにしました。しかしまあ、雨上がりということもあって、いるわいるわ、が。

Béka
Creative Commons License photo credit: Jo Peattie

なぜか蛙には興味津々なレウさん、蛙を見つけては鼻先でついついと挨拶回りをしていきます。たとえ蛙が草むらに隠れていて、ぼくがまったく気づくことができない位置にいても、なぜか気がつくわけですから、蛙は独特のにおいでも発しているんでしょうか?

都合五匹の蛙に挨拶をして、今日のお散歩はおしまい。

くたー つかれたわー

帰宅時のレウさん、大歓迎の様子

日頃留守番しているレウさんですが、帰ってきた時のエキサイティングっぷりは半端じゃありません。

飛びはね、舐めて、床をローリングするというおよそニューファンらしくない行動(ぼくのイメージのニューファンは、どんな時でも不動)を取ってくれます。

この大歓迎っぷりに引き離されていたこっちも寂しかったものですからたいそう嬉しいのですが、もうちょっと落ち着いて「おかえりなさい」の挨拶をして欲しいとちょっと思ったりもします。今回はそんな帰宅時の風景を、デジカメ片手に撮影してみました。ぼくのキモい声は無視してください。

体重かけられたり、飛びつかれたりしてしまっているのでカメラもブレブレ。じっと見ていると、ちょっと酔いますよ!

YouTube Preview Image
イイイイヤッホー!