タグ : ニューファン

レウさんにかかる費用をあらためて考えてみる

アニコム損保がペットとの暮らしでかかる費用のアンケート調査結果を発表していました。うーん、これはなかなか興味深い。

アニコム損害保険株式会社(東京都新宿区 代表取締役:小森伸昭)が、ペットにかかる 費用に関してアンケート調査を行ったところ、約半数の飼い主が、年間10万円以上をペットのためにかけていることがわかりました。

最も費用がかかる項目は、1位が「フード、おやつ代」で、以下2位が「病気、ケガの治療費」、3位「カット、トリミング代」、4位「ワクチン、フィラリア、健康診断等の予防費用」と続き、ペットの健康、衛生面に費用をかける飼い主の多いことがわかります。 テディベアカットで人気のトイ・プードルの場合には、72%の飼い主が、「カット・トリミング代」にもっとも費用がかかると答えていることも、興味深い結果といえるでしょう。

ペットにかかる費用、年間10万円以上が約半数/アニコム損害保険株式会社 (2008-02-01)

ぼく自身、これまであまり月々にいくらかかるかといったことを考えないようにしていませんでした。この計画性のなさがぼく自身を形作っていると言っても過言ではありません。だって恐ろしいですもの、ねえ。

きちんと自分の収入から「大丈夫!」と考えてはいたものの、やはり予想だにしていなかったことはあるわけでして。あらためて計算してみることにしましょう。

名目 費用 コメント
フード類 8,000 おやつはあまり買いません。
フードが安いのは並行輸入品のため。月で15.9kg. Wah!!
ペットシーツ 2,500 ペットシーツジプシー。様々なところのものを試しています。 ((そのうちレビューしたい))
だいたい二ヶ月に一度購入するかんじ。
予防接種類 1,500 フィラリア予防(3-12月)、狂犬病予防、ワクチンの月額平均
通院費用 2,000 股関節形成不全の検査費用の月額平均
病気知らずなので助かります。
トリミング 1,900 シャンプー、トリミング代の月額平均。
年に一度お店でシャンプー、二度ほどおしり周りの簡単なカットとか。
雑費 1,000 シャンプー、おもちゃなどの消耗・嗜好(?)品
合計 19,400 あれ、意外と使ってるのか……?

個人的にはちょっと思ったよりもかかってる気がしないでもない結果になってしまいましたが、大型犬にしてはそんなにかかってませんね。せいぜいあまりお金のかからない趣味といったところですね。ぼくは他に趣味らしい趣味もない(強いてあげるなら、ヘッドホン収集。PC なんかは一度買うと、そう買い換えるものでもありませんしね)ので、大きな負担にはなっていません。

病院代は半年に一度の検査だけなら6,000円ほどで済んでいるのですが、たまに複数枚レントゲンを撮影する際などに費用が掛かっちゃいます。

ちなみにほとんどが通販です。ペットシーツ300枚とか買って帰るのは車のないぼくからすると自殺行為ですし、なんせ通販のほうが安い!ただし、質の悪いものもあるので、未だに様々なところのペットシーツを試しています(最強は、ユニチャームのスーパーデオシーツなんでしょうけれど)。

しかし、うーん。

削れるような無駄もないですし、当分はこんな感じなんでしょう。大きな病気にかかってしまったときのことを考えるて、ペット保険への加入を考えているので、将来的にはこれに保険料が上乗せされるかもしれない……といったところ。

けちらないでよね!

もっと美容にお金をかけなさいよね!

さて、 皆様のお宅ではいかがなものでしょーか。

ライフはとっくにゼロよ!

散歩を終えて朝ご飯にありついたレウさんの行動。

朝ご飯を食べ尽くす → おしっこ → 水を飲みに行く → 空っぽのお皿をぺろぺろ舐める → 水を飲みに行く → 空っぽのお皿をぺろぺろ舐める → こちらをじっと見つめる

お皿のライフはとっくにゼロなんだぜ!

もうやめて!お皿のライフはとっくにゼロよ!

ちなみに空気清浄機らしき物体に、なぜガムテープを貼っているかというと LED が明るすぎてうっとうしいことこのうえないからです。最近の家電、どうも無駄に LED が明るい(しかも青だったりするし)と思うのはぼくだけでしょうか。世間一般ならびに家電開発者の皆様は明るい LED に、現代社会から失われつつある家庭のぬくもりを投影しているのでしょうか。

そんなわけはないんだけど、これはやりきれないお話ですね。

股関節形成不全に立ち向かえ その2

今日はレウさんの股関節の定期検診の日。特にこの日に、とは決められていないものの、だいたい半年に一度は川瀬獣医科病院までえっちらほっちらと足を運びます。

病院につくなりエキサイトするレウさんを伏せさせ、えっちらほっちらと体重検査。42.3kg と前回よりも 1kg ほどの減量に成功していた模様。ニューファンドランド雌の成犬時の JKC 理想体重が 54kg とされていますから、レウさんの軽さがはっきりと分かります。うん、それでも重いよ。

股関節形成不全と戦うにあたって最重要なのは体重管理。あばらを触って、はっきりとその形が分かるぐらいにしておくべきだと先生からも指導を受けています。少し可哀相な気もしつつ、心をオーガにしてフードをちみちみと上げるのです。フード代が節約できていいわあ。

そして今回の検査結果がどんなものかというと―

2008/1 股関節レントゲン

ちょっぴり悪化してました。

とはいっても、自然治癒するはずのないものなので、ゆるやかに悪化していくのは当然のこと。体重管理にサプリメントは、あくまでも症状の進行を緩やかにするためだけのものです。

もちろん、症状が軽い子なら、それだけで一生を全うできることもあるそうですが、残念ながらレウさんは症状としては重度にはいってしまっています。今回のレントゲン写真を見た先生曰く、特に左足部分のほうが酷く、手術に踏み込んでも良いレベルなのだそうで……。

レウさんが手術を受けるとしたら、チューリヒ・セメントレス全置換術。問題となっている部位を除去したうえで人工関節を埋め込む、この手術費は相当なもので片足だけでなんと五十万円。これに加えて入院費などが発生しますから、六十万円ほどかかる計算になります。 ((骨頭切除は最後の選択にしておきたい。))

恥ずかしい話ですが金銭的な問題 ((でも大事なことだと思いたい))もあり、これまでは内科処療法でなんとか……と考えていましたが、やはり何とかして、全置換手術を受けさせてやりたいとあらためて考え直しています。

ことニューファンに関しては、術例が十分と言えるほどには無いらしく、術後の予後にも問題が出たりするケースも多いらしいのですが……。 ((つまり難易度が高いんだそーです。))

  • 必ずしも両足の手術が必要になるというわけではない。
  • 片足が正常になることで、きちんとカバーできるようになることもある。

これが聞けたのが今回の収穫。60×2 はさすがに……と思っていたので、何かが見えてきましたよ!

思い出のフード

azmiralogo.jpg我が家のレウさんが毎日食べているフードは「アズミラ クラシックフォーミュラ」。なぜなら彼女は特別な存在だからです。

色々とフードを試しつつ、毛艶や糞便やらの状態を観察して、使用している材料も信用できるだろうということで選んだもの。

このアズミラ、近所のショップ―というか、多くのペットショップでは取り扱っておらず、通信販売で購入することになります。フードストッカーの残量を見ながら、「さて、そろそろ注文?いやまだ行ける」と小ずる賢く考えたりするわけですが、通信販売だとどうしても注文してからのタイムラグがあるため、今回のように切らしてしまうことが。

切らしたままじゃどうしようもないので、近所の大型スーパーに向かってはみたものの、案の定ナントカグリーや何とか元気やら、個人的にはあまり購入したくない類のフードが大多数を占めており、消去法的に残ったヒルズのサイエンスダイエットを購入(商品が到着するまでのつなぎなので 1kg だけ)することに。

飯はまだかと言いたげなレウさんの横で、パッケージをばりばりと開封すると、なんとも懐かしい匂い。

そういえば初めて飼ってもらったミニチュア・ダックスフンドに、飯はまだかとよだれを垂らしているレウさんに与えたはじめてのフードも、サイエンスダイエットでした。

どれだけ時間が流れていったとしても、この独特の匂いはきっと忘れることはないんでしょう。味はすぐに忘れてしまいますが、匂いは記憶に根強く残ると思うのです。

でもフードを買って帰った一時間後に届かなくてもいいじゃないか。なんという無駄な出費か。

ご飯待ち

白菜犬

やっつけご飯いつもドライフードばかりじゃ物足りんだろう……と、近所のスーパーで白菜を大安売りしていたので買ってきました。さっそくレウさんに与えてみることにします。

最近では、フードの危険性を訴える本も出ているなか、愛犬用のご飯レシピ本なんかも出ていますが、僕がやっていることはといえば、せいぜい鶏肉ささみをたまに茹でているぐらい。よって、材料を買ってきてもいかに簡単に済ますかが主題になってきます。

今回も、買ってきた白菜を湯がいてフードのうえにどさどさと乗せるだけという、手抜きお手軽簡単レシピです!カロリー控えめであり、かつボリューム満点という非の打ち所がないご飯となりました。愛犬も大喜び!

やったね!

でも、さすがにこれはあんまりだと思うし、もうちょっと格好のつくものをたまに作ってあげられるようにしよう。そろそろ誕生日だし。

めしはまだか!
さすがに熱いので長時間待機中

よだれファクトリー

http://video.google.com/videoplay?docid=6393547600925524944

待てば待つほど、イッヒッヒ。

おいしそうな食事ほど出るよだれの量が増えます。お皿が小さめなのは、少しでもゆっくり食べさせようとする苦肉の策。

にしても動画キチャナイな。ファイルで見るとここまで酷くないんだけど……。

エンジョイ・アンド・エキサイティング

ウェーイ!
ウェーイ!

デジカメから発掘したステキなPic。バカっぽさと躍動感に満ちあふれた、芦花公園ドッグランでの一枚。

レウさんはとても写真写りが悪いというか、落ち着きがない子。でもそこそこ犬生を楽しんでいるように見えないこともない。

[犬との暮らし] 9 月分のフィラリア薬

月初にあげているフィラリアの薬をレウさんに。

薬には抵抗がないのか、口に入るものならなんでもいいのか、ご飯のうえにドンと置いておくだけでおいしく召し上がっていただけます(薬をガンとして飲まない犬の場合、舌の奥に置いて口を閉め、鼻をふうと拭きかければ吐かずに飲んでくれます)。

食い意地がはっているとこういうときだけは楽なのよねーと、荒らされたゴミ箱を掃除しながら。

[犬との暮らし] 股関節形成不全と戦うサプリメント

ArthriSoothe-GOLD日々与えているサプリメントが切れてしまいそうだったので、先日発注したものが最近届きました。

股関節形成不全とだましだましにでもつきあっていくためには、関節の炎症を抑えるためのグルコサミン、コンドロイチンが含まれたサプリメントが必要です。

このグルコサミン(アミノ酸の一種)には関節間の消耗した軟骨を元に戻す作用があり、また炎症を抑える効果があるそうです。

股関節形成不全のレウさんは、骨がカップにおさまらず、歩くたびにぶつかっているわけですから、当然この軟骨部分の消耗が激しくなっています。この部分を補填する効能のあるサプリメントを与えることで、病気の進行と苦痛を遅らせることができる(はず)のです。

我が家で与えているサプリメントは NaturVet 社 ArthriSoothe-GOLD(アースリージゴールド) ですが、この手のサプリメントを日本国内で購入すると、かなり割高です……。

アメリカで購入する価格の2~3倍は付けられており、日常的に与えなければならないことを考えると、少し金銭的な負担が大きくなるのも事実。我が家では120錠タイプのものを購入しているのですが、これと同じものを国内で購入しようとすると 13,000 円かかります。

今回六つ購入 ((二年もたないです))してあるので、なんと 72,000 円に!プレステ3買ってもお釣りがでる値段ですよ!

よってハナから国内では買わないことにします。世の中には個人輸入の代行をしてくれるサービス(直接やりとりしたほうが安いのですが、GOLDを扱っていて日本国内に配送してくれるところは見つけられませんでした)もあり、わずかな英語と手間だけで割安に入手することができます。今回利用したサイトはここ

$36.99 を六つで$221.94。これだけだと日本円にすると、およそ 25,000 円前後になります。

ただし、ここから送料や海外発送の手数料、関税を加えていくと……最終的にはこの価格に一万円を足した金額になります。それでも 35,000 円程度なのですから、日本で購入するよりも 50% オフになっているわけです。

登録の手続きをしたり、Amazonと同じようにラクラクお買い物!というわけにはいきませんが、手間賃を回収できるほどには安くなるので、興味のある方は利用を検討してみてください。

そして、ここよりも安いところをご存じなら、ぜひぼくに教えてください(笑)

靴下に夢中

[犬との暮らし] 恐怖のワード

前回、真っ暗で見えない!というありがたいコメントをちょうだいしたので、今度はクッキリハッキリと映った動画を用意してみました。

http://video.google.com/videoplay?docid=4217031384211605450

ちなみに、この動画を再生するだけでレウさんの目はキラキラ。無限散歩地獄に巻き込まれてしまうので、ヘタに再生できません。

それにしても、きれいな動画にならないなあ。デジカメでさらに未編集だから、仕方ないのだろうか……。