タグ : ペット

レウさん、はじめてのトリミング ~当日編~

雨ふってそうレウさん生涯初となるトリミング当日です。しかし外はあいにくの雨模様。朝方、少し降っていましたが、今は止んでいるのがまだ幸いというべきなのか。

せっかくの初トリミング当日に、こんな天気とは……。外も蒸し暑く、いやーな感じです。トホホ。

実は「どうせシャンプーしてもらうし」と貧乏人根性丸出しで、今日は早起きして午前4:30頃から蘆花公園にあるドッグランに早朝散歩に行こうと考えていたのです。

早起きして雨が降っていたのを見て、さすがにガックリきました……。ということは、トリミングできれいになった後にドッグランでドロドロになってしまわなければならないということです。タッハー!(月に一度は遊ばせるようにしてあげたい)

トリミングにいく前のレウさんはどんな様子かというと……。

ぐうたらぐう。 ぐうたらぐうたら

普段と変わらず、人のベッドのうえでぐうたらと寝ころんでいます。そのシーツというか、汗取りパッドは昨日買ってきたばっかりなんですけど……。さて、トリミングでレウさんはきれいになるのでしょうか。

自分が髪をカットしにいく際にはこんなことは一切考えないのですが、レウさんがどう変わるかは楽しみです。これが親心というヤツなのね!

きれいになれる? 「めんどさいわ……」

レウさん、はじめてのトリミング ~予約編~

我が家にやってきてもう一年以上になるというのに、未だレウさんを「トリミング」とやらに連れて行ったことがありません。

そのせいか、ここ最近ではおしり近辺の毛がもっふぁーとなっており、おしっこするたびに割と大惨事になってしまいます。軟便なんかだともっと酷い! もちろん、爪切りやら足裏のカットだとか最低限のケアは自分でやっていたのですが、これまで使っていた安物バリカンがとうとうご臨終。まったく刈れなくなってしまい、さてどうすんべかと悩んでいたのです。

悩んでいるうちにどんどん伸びる毛……ヒートも無事終わったようなので、ここはいっちょプロの腕前に任せて、シャンプーもお任せし、スッキリ美人さんになってもらうことにしました。

もあーん 「今でもきれいよ。ちょっとおしっこがたれちゃうだけなの」

はじめてのトリミング予約をしたお店は、普段の散歩で前を通りがかる「Cuccia」というお店。

レウさんはこのお店の前を通りがかるたびに、外から見えるわんこが気になるのか、ドアの前で店舗内をじいーっと見つめてしまうので、毎度少し恥ずかしい思いをしているわけですが……。家から近いことや、お店もきれいなところなので、今回はここにお願いしてみることにしました。

予約をしたのは、来週月曜日の17時から。忘れませんように!

さて、ニューファンのシャンプーはいったいいくらかかるのだろう……二万円ぐらいさっと飛んでいきそうな気がしますよ!!

レウさんはちょっとビビリな子なので、あまり知らない人にべたべた触られて、怖い思いをしないかどうかだけがぼくは心配です。って、あれ?そういえば、ワクチン・狂犬病ワクチンの接種・未接種については訪ねられなかったな。もちろん受けてるんだけど……あれえ?

ぐびび

家族を紹介してみよう。

ぼくの家はひっじょーに狭い。

なにせ若干普通ではない企業に勤めている都内在住の独身サラリーマンに過ぎないのだから。 そんなぼくではあるものの、かなり常識からかけ離れた家族構成をしているということを、やっと購入して半年経ったデジタルカメラ(Canon PowerShot A710IS)とPCとをようやく接続する気になったので、主原因を紹介してみたい。

よだれクイーン

ミスよだれこと、ニューファンドランド犬の「レウ(Rew)」。2005年12月21日生まれ(うちの母と同じ!)。 我が家にやってきたのが2006年3月19日。新潟生まれで近所では美人と評判。43kgぐらい。

垂れ耳うさぎ

取り立てて特徴もない、唯我独尊の正体不明のロップイヤーの「ロイ(Roy)」。生年月日不明。 我が家にやってきたのが2005年の12月11日。レウさんの先輩にあたります。2kgぐらい。

はじめはロイだけだったのですが、ふとしたきっかけというかなんというか、ダメ元で大家に相談してみたところすんなりと許可を取れてしまったためといいますか、自分の夢でもあったニューファンドランド犬であるレウを迎えるにあたってしまったわけです。

一人暮らしであっても、伴侶となるコンパニオンアニマルと過ごしたいという気持ちをお持ちの方も多くいらっしゃるでしょうし、そうした考えに反対されるかたももちろんいらっしゃるでしょう。

事実困難はありますが、不可能ではありませんし、そうした環境にあっても、彼・彼女らに幸せを感じさせてあげることはきっと十分にできるんだと、ぼくは考えています。

なんて話は追々やっていくとして、次回はその環境について書いていこうと思います。