タグ : レビュー

ドッグロールフード、Butch。

皆さんはどんなフードを愛犬に与えているのでしょうか。


Creative Commons License photo credit: Le Kai

うん、いくらなんでもこれはない。死んじゃう。

ドライフード、ウェットフード、手作り。多くの方はドライフードを購入されていらっしゃるのかなと思います。ご多分に漏れず、ぼくもそうです。

世の中にはほんと多くのドライフードが販売されていますよね。有名どころというか、ペットショップで良く見かけるものといえば……サイエンスダイエット、ニュートロ、アイムス、ユーカヌバあたりでしょうか。ペディグリーチャム、ビタワン、愛犬元気……ですとかもありますけれど。

ああ、そういえばアイムスとユーカヌバがリコールを出しているみたいです。

ただ、このペットフードにまつわる幾つかの怖い話というものを聞いたことがあるのではないでしょうか。

4D (Dead, Dying, Deseased, Disabled)と呼ばれる不適切な肉が使われているだとか、実は搾りカスのような原料ばかり使われているだとか……。

しばらく前に中国産の小麦グルテン、米タンパク質濃縮物にメラミンが混入されており、多くの動物たちが腎臓の病気を発症、亡くなってしまっただなんて、大変な問題がありました。ちなみにメラミンを混入していたのは、タンパク質含有量を偽装するためだと考えられます。基準に満たないようなゴミでも出荷できるようになりますしね。この件については、こちらにとっても詳しくまとまっています。一読の価値あり、というか、日本語では一番の情報だったりするんじゃないでしょうか。

ペットフードに纏わるお話については色々と書籍も出ていますから、興味があれば一読してみると良いかもしれません。ただ、結局は誰をどこまで信用するのか……といったところで、すべてのメーカーがインチキくさい商売をしているというわけではないハズです。

ぼくもレウさんの便の調子諸々を見つつ、いろいろなフードを試しました。ニュートロ、ソリッドゴールド、ファーストチョイス、アイムス、ユーカヌバ、アボダーム、ナチュラルバランス、ネイチャーズレセピー……ビタワンですら試しました。たぶん他にもあります。今のところ、もっとも毛艶やら便の調子などから、アズミラ、アーテミス、イノーバの三つに落ち着きました。メーカーの考え、含まれている成分などから、これらは問題はないと考えたものです。

さて、冒頭に書いたドライフード、ウェットフード、手作りの三つ。このどちらにも該当……するとすれば、ウェットフードでしょうか。でも缶詰ではなく、日本ではこれまでにあまり販売されていなかったタイプのフードが最近になってお目見えしました。もうご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

Butch (ブッチ)。先の三つのフードから、選択肢が一つ増えました。

ご覧のように一風変わったパッケージです。オーストラリアなどではメジャーなパッケージだそうで、大きなソーセージのような外見をしています。


ムキッ。


このようにナイフでストンと切り落とせちゃいます。


ちなみにこの Butch は要冷蔵です。一度カットしてからは一週間以内に使い切ってあげる必要があります。冷蔵庫に保管する時のために、専用の Butch キャップと呼ばれるものがありますから、こいつをきちんとハメておきましょう。

いろいろな与え方はありますが、ぼくは適当にざくざくとカットしたものをお皿に盛りつけておしまいです。メインとして使うもよし、普段のドライフードのトッピングとしても良し。かなり嗜好性は高く、うちのレウさんは目の色を変えてバクつく始末です。

皆さんもドライフードですとかを試食すると思うのですが、この Butch は実際に食べてみても美味しいです。数秒レンジでチンすれば、白ご飯のおかずとしても食べることができちゃうレベル。ドライフードを大量に食べる気には残念ながらなれないのですが、これは普通に食べられます。美味です。そりゃ目の色も変わるなといった感じ。ううむ。


ガツガツガツガツガツ。


ただ……やはり大きい。調子に乗ってまとめ買いをしてしまうと、冷蔵庫がこんな有様に。これでも無駄に大きな冷蔵庫を買っていたつもりなのですが、中断と下段は完全に占拠されてしまったりします。うーむむ。ですが仕方ありません、大きな冷蔵庫で良かった。

この Butch は犬用、猫用も用意されています。日本ではこれまでにあまり見られなかったタイプのフードではありますが、歴史は長く、販売されてからは約 40 年ほども経つのだそう。ペットフードが開発されたのが、およそ 100 年ちょっとですから、ポッと出の商品でもありません。

犬用の Black, White, Blue Label は 800g が 1,260 円、2kg で 2,520 円と少々お高いのがネックといえばネックではあるのですが、成分表を見てもまったくおかしなものが含まれていません。肉ばっかり。肉だけで成分の 70% を越え、うさんくさいグルテンの類も未使用。ビートパルプなんかも当然含まれていません。ぼくもオススメ、レウさんもオススメ。ぽややん。


うめーんですわ、これ。

あとはこのブッチジャパンさんのブログも面白く、タメになる情報満載です。

犬に綺麗なお水を。

よだれ、よだれ、よだれ。


ハフハフハフハフ。

そうです、この時期は普段よりもハフハフとしているがためによだれの量も増え、自然と水の容器がよだれまみれになっていたりします。白くてテロテロしたものがプッカプッカ浮いていたりするわけですね。

もちろん、その場で水を変えてあげることができれば良いのですが、留守番の多い我が家ではそれも難しい。とは言え、汚くなったお水を飲ませるなんて……。

以前にウォーターファウンテンで失敗してから、これまでは複数の容器を設置し、これに備えていました。

でも、やはりポンプで水を循環させて、よだれなりゴミなりをフィルターするほうがいい。そちらの方が綺麗なおいしーいお水を提供できそうです。

昔、パソコンを水冷化した時に使っていた水陸両用のポンプは余っていたので、これを使って、市販の適当なフィルターを組み合わせれば自分で作れそうな気はする……。

などと悶々と考えながら、先日ペットショップにレウさんのおやつを買い求めに行ったところ、それっぽい商品がありました。開封して見せてもらい、その場では問題なく使えそうだったので即決。四千円と少しと、交換用のフィルターが千円ちょっと。……楽天で探してみたら、えらく値段が違ったんですけどね……。

Error: NotFound

前回のウォーターファウンテンの問題は一つ、水が溜まらない構造になっていること。小型犬ならともかく、大型犬だとチロチロと流れる水を舐めあげる形式だと物足りません。やはりゾブゾブと飲んでこそ。


ぞぶっぞぶっぞぶっ。

この製品は水が球体を伝うだけのウォーターファウンテンとは異なり、水が中央の穴部分から出てきますので、ここできっちりとベロベロできます。ちなみに水の容量は二リットル。十リットルの製品もあるようですが、とりあえずこれで十分そう。

本体の作りはかなり簡単です。

水が出てくるお皿の部分を外すと、中にフィルターが見えてきます。フィルターを外してやると、フィルターを固定するための台が見え、その下にはポンプが設置されています。フィルターは三週間に一度の目安で交換するようですが、数日に一度はフィルター自体を水洗いしてやります。お水の補給時には特にお皿を取り外す必要もなく、普通に上からどぼどぼと注いであげれば大丈夫。

ブーンと言うポンプの駆動音と、ジョロジョロと水の流れる音は若干気にはなりますが、まあ耐えられるレベルです。お皿のプラ部分が振動して、ビビり音がしているようですから、制震対策をすれば抑えられるかもしれません。本体下部に遮音シートを巻けば、重みで制震されるでしょうし、大幅に改善できそうな印象を受けます。

当初は「なにこれ、おみずのみたいのに」と躊躇っていたレウさんでしたが、いまでは慣れたもの。

これまでは水が汚れていると、無言でお風呂場(水が出てくることを学習)に座り込んだりするストを起こしていたのですが、こうしたこともなくなりました。水もざぶざぶと飲め、かつ以前よりかは周囲に水がまき散らされることも減りましたから、割と満足しています。

ただ……構造的にフィルターの意味があるんだろうか、これ。

ゴミはフィルターに引っかかりますが、フィルターは剥き出しのままで水中に沈んでいるので、あまり衛生的ではないような気がします。実際、フィルターにフードが引っかかっていて、まるでフードを溶かすようになっていたこともあります。水を汚すゴミがあった場合、その水ごと循環されてしまいますね。

やはりそこまで考えるとなると、現状では自作してあげる必要があるのかも。ちょっと考えてみることにしましょう。ふーむ。

iPhone 3GS で撮影してみる。

幸手ドッグランにて(貸し切り状態)。

なにそれ?

おすわり状態

カメラはオートフォーカスも付いているようですし、速度も充分。マクロ撮影がないのは残念だけど、画質自体は充分実用的。糞でかいデジカメを持ち歩く必要はもう無さそう。ただシャッターがなあ。画面にタッチしないとシャッターが切れないので、そのタイミングでブレちゃうかもしれない。

割と満足しつつ、動画も撮ってみます。.mov 形式で保存されるので、Picasa ではインポートしてくれないのがちょっと残念。

YouTube Preview Image

結構綺麗! 動画自体は今のデジカメよりか、綺麗に撮れちゃってるんじゃないかなあ。YouTube にアップロードすると、残念画質になっちゃいますけどね!

ペットシーツレビュー:M&N「業務用ペットシーツ ワイド」

これを載せてしまうと、もう他に掲載する意味がないんじゃないかってくらいのペットシーツをとうとうご紹介してしまいます。すわ、三度目にしてこのシリーズはおしまいなのかしら。

これまで多数のペットシーツを市販、業務用問わず色々と試しているペットシーツジプシーのぼくですが、価格と品質のバランスがもっとも良いと感じたのが、今回ご紹介する M&N が出している業務用ペットシーツ。価格で言えばペッツビレッジよりも安く、前回のジェイユーとほぼ同じ。

今回も実際におしっこをした後のシーツの写真なんかを掲載してありますので、そういったきちゃない画像を見たくない方はつづきを読まないようにしたほうがいいかもしれません。ですが、今回のシーツは見なければ損をする!……かもしれません。

それぐらい気に入っちゃってるのが、この M&N のペットシーツなのです。

商品名 単価 販売元 備考
業務用ペットシーツ
(ワイドサイズ)
約 13.6 円
(4,100円/300枚)
M&N
送料別

では早速朝一おしっこを吸収してもらいましょう。ジョジョー!

しっかり吸収 きっちり!

うーん、かなり量の多いおしっこであったにも関わらず、きっちり吸収。多少センターを外しても横漏れするようなこともありません。

裏面もこのとおり 裏もこの通り!

ひっくり返してみてみると、かなりの量を吸収してくれる様が見て取れます。

通常時のおしっこなら楽勝

当然ながら朝一ではないおしっこなんかは練習相手にもなりません。

もちろん、このペットシーツよりも品質が上のものはあります。たとえば、デオシート(ユニチャーム)ですとか、クリーンワン ダブルストップ(シーズイシハラ)ですとか。

しかしこれらは高品質なだけあって、大量消費するには向かないだろうといいたくなる価格です。大型犬飼いはもちろんのこと、室内で飼っていると常日頃消費するものですから、多少なりとも安いもののほうがいいに決まっています。そしてできれば、品質のいいものを使いたい……そんな欲張りなぼくの考えに賛同してくれるのは、ぼくの知っている限りでは今のところ M&N のものしかありません。

ただ残念なのが、梱包。

業務用なだけあって(?)、袋などには入っておらず、段ボール箱にどかっと入った状態で送られてきてしまいます。

こんな風にして届けられます トイレに収納……

こんな具合に段ボール箱にみっちりと詰められていますので、毎回、はてどこに収納しようか……と頭を悩ませています。我が家ではやれ電子レンジの上であったり、トイレにつっぱり棒をかましてその上に収納してみたりと、特に玄関を中心としてトイレシーツが大量に積み上がってしまうことになっているので、是非とも袋詰めを検討していただきたい次第です。

弱点らしい弱点は、この収納にちょっと困るという点ぐらい。

大型犬のおしっこでも楽々吸収、ウェットバックも酷くない、さらに安い!と三点が揃っており、実にすばらしい! 他の「業務用」のものよりも高品質なのは、一度手に取っただけで違いが分かるほどで、明らかに一線を画しています。

実はかなり長いこと愛用している同社のシーツだったりする(第一回のシーツレビューよりも前から愛用)ので、安心して皆さんにお勧めすることができます。是非とも一度お試しくださいませ。いつもより写真が多いことに、ぼくの本気を感じていただければ!

レウさんもオススメ! 多い日も安心だワン

なんという安直なコピー。

ペットシーツレビュー:ジェイユーショップ「純国産ペットシーツ」

前回のペッツビレッジクロスのペットシーツに引き続き、第二弾です。

こんな袋に入ってます 一袋に 100 枚!

今回はジェイユーショップで取り扱われている「純国産ペットシーツ」。ペッツビレッジクロスと同様に、シーツは袋入りになっているので収納は楽です。 枚数も 300 枚と枚数は増えて、なおかつ送料は別といえ……安い!単価で比較しても一枚あたり 10 円ほど安い計算になります。

今回もおしっこ後のシーツ写真なんかを掲載していますので、「汚いものは見たくない!」 なんて方はつづきを読まない&画像をクリックしないことをオススメします。

商品名 単価 販売元 備考
純国産ペットシーツ
(ワイドサイズ)
約 13.6 円
(4,080円/300枚)
ジェイユーショップ
送料別
同梱不可

実際に届いたシーツはどうかというと……ペットビレッジクロスのシーツと比べるまでもなく、とにかく薄い

持ってみてもペランペランで、シーツを透かして見てみると吸水ポリマー(ゼリー?)もムラがあり、少し不安な感じです。実際におしっこを吸収するとどうなるかといいますと!

一発でグッショリビチャビチャ アッ、アアーッ

ああああっ、もうぐっちょりだわ!

すでに 100 枚ほど使用していますが、特にひどいのが横からのおしっこ漏れ。多い日も安心ではありません。少しでもシーツの中央から外れてしまうと、レウさんクラスの朝おしっこだと、それはもう容赦なく、非情なほどに横からはみ出てきます。

シーツの横からおしっこがジワジワジワーッとはみ出てくる時の絶望感といったら、とても文章では表せないほどです。

裏面もシトシト グッショリ

このように裏面もしっとりぐっちょり。

あくまで値段なりの品質、と言えるでしょう。残念ながら大型犬にはおすすめできません。ただ、小型・中型犬では十分に対応できるでしょうから、小型・中型犬を飼っているようなら十分に選択肢として有りだと思います。

ただ少し気になったのが品質のバラツキ。ひとつめの袋に入っていたものと、二つ目のものとではポリマーのムラに違いが見て取れました。

とりあえず我が家では一刻も早く使い切ることを前提としてしまっているので、同製品のリピートはしない予定。やはり「厚型」と銘打っている商品でないと、レウさんのおしっこを完全に封印するには至らないようです。フムー。

乾燥対策のため加湿器を導入した・完

はじめてで完とはこれいかに。

今冬はとにかく寒くてしょうがないので、ちょくちょくエアコンをつけるようになってしまったのですが、稼働させればさせるほどに乾いていく狭い部屋。

ふとある日、温度管理のために壁に掛けている温湿計を見てみると、湿度が 40% を切っている……。乾きすぎだろう!とエアコンを止めてみるものの、今度は寒い。カーボンセラミックヒーターもあるものの、こっちは電気代が恐ろしい。

いったいどうすりゃいいんだ!

A. 加湿すりゃ解決。

というわけで Amazon 様にてポチってみました。

正直まったく実感できなかった加湿具合でしたが、二日ほど使用し、エアコンをつけていても湿度が 50-60% をキープしているところを見ると、そこそこ頑張ってくれて「いた」ようです。

そんな我が家のニューカマーたる TWINBIRD 加湿器くんは昨夜、見るも無惨なバラバラな形になって、お亡くなりになりました。

レウさんの手によって。

嗚呼、留守番中のレウさんの手に届く場所に置いていたのが間違いだった。父ちゃん、怒りを通り越して自分が情けなくて泣きたくなったよ……まだ二日だったのに……。

むごもご ウェーハッハ!

タカラトミー「ワンダフルショット」をいただいた

ああ、昨日の面接のことは思い出したくない。それはさておき、イタチには大きすぎるワイと赫乃丈から、犬用カメラ「ワンダフルショット」をいただいたのです。前々からバウリンガルと同様、少し気にはなっていた犬アイテムだったので実に嬉しい。ありがとうありがとう。

なにをたくらんでるのよ

早速、今朝の散歩時にレウさんに装着し、出かけてみることにしました。なかなか付ける角度が難しく、どうしても横向きか、下向きかになってしまうのはご愛敬。

カメラが気になるのか家を出て道路に出た瞬間、レウさんが頭を振ります。

ブルブルッ!

飛んだ。

飛行機能搭載とは実に恐れ入った。道を歩く女子高生連中が変な目で見るのは気にせず、気を改めてもう一度装着し、 50m ほど歩くと……

ポトリ

落ちた。

一回の散歩で落ちること五回。うーむ、これはクリップに構造的欠陥があるかもしれない。こんなトラブルに巻き込まれつつも、新鋭のカメラマンたることレウさんの撮影した写真をご紹介しましょう。

ギャラリー・レウ
毛 胸毛とアスファルト

陽光 毛と吸い殻

斬新すぎる……!

カメラの固定方法さえなんとかすれば、いずれいい写真が撮れるかもしれないので、もうちょっと頑張ってみよう。どうしてもカメラが下付きになっちゃうんですよねえ。

脱メタボ弁当 その2

仕事帰りにサークルKサンクスに立ち寄ったところ、前回の「鶏肉とカシューナッツの辛味仕立て弁当」とはまた違う「豚しょうが焼き弁当(二色ご飯) 」が新発売になっていました。このお弁当も AllAbout との企画物のようです。

まるで豚が引き寄せられるかのような食材……これは同じ豚として心して食さねばならんということで、逸る(躍動する)腹の肉を押さえつつも早速購入してみました。

豚しょうが焼き弁当(二色ご飯)

ビタミンを含んだ「豚肉」と、食物繊維を含んだ「人参」「もやし」「キャベツ」などを使用した「豚しょうが焼き」をメインに盛付、さらに「ブロッコリー・人参のコンソメ煮」「パンプキンサラダ」などをバランスよく盛り付けました。ご飯は赤米入りご飯と野沢菜ご飯です。

今回も実に低カロリー。

肉も食えて、一食で 500kcal を下回るというのは実に驚き。これよりもっと小さなお弁当でも、500kcal は上回っているのが多いですしね。やはり何よりも野菜が多いのが嬉しい。一人暮らしをしていると、どうしても食のバランスが崩れがちになってしまい、圧倒的に野菜を欠いてしまうことが多いのです。野菜が多いお弁当は大歓迎!

豚しょうが焼き弁当(二色ご飯) いただきます。

実際に食べてみても、豚のしょうが焼きは他社のお弁当ではベトベトしているものが多いなか、実にしつこくない味。それぞれの野菜と、赤米入りのご飯と野沢菜入りのご飯も実にいい味をしています。

この「THINK BODY」企画のお弁当、低カロリーなくせにそこそこボリューム(じっくり噛んで食べれば、豚なぼくでもおなかいっぱいです)もありますし、味もいい。そのうえ食のバランスも取れているわけですから、本当にオススメできます。

コンビニ弁当が主食となっているぼくとしても、ちょっとこのシリーズに匹敵するコンビニ弁当は思い浮かびません。近くにサークルKサンクスがあるなら、騙されたとでも思って一度食べてみてください。

ごちそうさまでした! 次はなんだろー。

脱メタボ担々麺

です。みなさんこんにちは。

今日もらしく低カロリー商品を食べるしかないな!ということで、 AllAbout 企画のTHINK BODY 弁当を食べてみることにしました。自分で作るという選択肢が出てこないあたり、一流のといえましょう。

第一弾はこちら

担々麺 今回選んだのは、担々麺

うーん、辛党のぼくとしてはまったく辛さを感じないどころか、少し甘みを感じる味です。うん、それでもなかなか良い感じです。辛さが苦手なひとにも、これなら大丈夫でしょう。慣れるとこれはこれで美味!

開けたところ

ただ惜しむらくは、麺がちょっと伸びているような食感だということでしょうか。実にもったいない。このあたり、レンジでお手軽にできるというところのデメリットなのかもしれません。

「担々麺(419kcal)」と「明太子おにぎり(165kcal)」でまたもやおなかいっぱいになり、584kcal とカロリー控えめな計算になりました。普通の担々麺だと、なんと 1000kcal を越えることもあるようなので、それを考えると驚くべき低カロリー。豚に優しい!

以前は 1000kcal とかの弁当を平気で食べていたことを考えると、格段に進歩はしているわけです。のままですが(でも 4kg ぐらい体重は落ちました)。

ちなみに今日、サークルKサンクスに置いていた THINK BODY シリーズは、この担々麺だけでした。 店側が意図的にそうしているのかはわかりませんが、せっかくの良シリーズものなのにちょっともったいないですね。

ごちそうさまでした!

大型犬、室内トイレ探しの旅

おといれ最近困っている……というよりも、ずいぶん前から悩んでいるのが、レウさん用の室内トイレ。

一体なんで悩んでいるのかというと、そもそも大型犬が室内で使えるようなトイレがほっとんどなく、良い製品も少ないからなのです。

これまで試したトイレは、

  • ボンビ しつけるトレーXL(スーパーワイド)
    最初に購入し、今も使用しているのがコレ。
    シーツの固定具がプラスチック製のためか、ひとつポッキリと折れてしまいました。
    四隅にしか固定具がないため、中央部分のシーツの固定ができずに不満。
  • 東京ペット トレーニングトイレ
    トイレシーツの固定具がまったくの役立たず。期待していただけに残念。
    レウさんが上に乗って少し動いただけで、シーツがズレるズレる……。
    ズレたところにジャジャー

の二種類。

というよりも、この他にはボンビ製の「しつけるトレーメッシュタイプ XL」ぐらいしか見つけられていません。これはシーツがズレないだろうことは魅力的ですが、便がメッシュ部分にこびりついてしまうだろうこと(下痢になったときなんかは悲惨そうだ…)や、レウさんはシーツに悪戯をしないことを考えると、ちょーっと選択肢に入りません。

シーツの固定具なんかは、安っぽいプラスチック製なんかではなくて、枠全体をバチッと固定させるようバネ式なりマグネット式にすればいい製品ができると思うのです。ペット用品販売会社の皆さん、いかがですかー!

世の室内大型犬飼いの皆さんは、一体どんなトイレを使っているんでしょう。これがオススメ!というのがあれば、是非、是非に教えてくださいッ!