タグ : レビュー

脱メタボ弁当

さきほどの記事を投稿した後、「豚よ。なにをスマした記事を書いておる。所詮お前は社会という歯車に挟まれ、もがき苦しみ、無様な悲鳴をあげる豚なのだから。ほれ、ブヒヒと鳴いてみるがよい」と、心の博士からの声が聞こえてしまいましたので、豚は豚らしい記事を書いてみようと思います。

ところで世間一般では「メタボ」なる単語が流行っておるようですが、きれいな単語でごまかしているようにしか思えないぼく。ここは自分を追い込むためにも、あえて「豚」表記にこだわっていきたい所存です。

結局、豚になる原因は食生活だと思うんですよね。

ぼくなんかは、これでも一日合計で二時間近くウォーキング(レウさんの散歩)しているというのに豚ですから。ガッツリ食べて、バランスも考えていないからこそブヒヒと、腹の肉がほくそ笑むのでしょう。くそったれめが!

さて、そんななか、コンビニ「サークルKサンクス」で、脱メタボを題材にしたお弁当が販売されていたようです。というか教えてもらいました。なんと AllAbout とのコラボ商品。

コラボ弁当

こりゃガッツリと食べてみるしかないな!と歩いて五分のご近所さんであるところのサークルKサンクスに行ってご購入。

鶏肉とカシューナッツの辛味仕立て弁当 手巻おにぎり(牛ごぼう仕立て)

お前おにぎりまで食うのか!という感じがしないでもないですが、なんとこれで合計 459+154 で 613 カロリーなわけですから、すごい。実際にモリモリとゆっくり噛んで食べてみたところ、正直おにぎりは普通のおにぎりです。

ですが、コラボ弁当のほうはかなり美味い!

コンビニ弁当といえば、こういった低カロリー商品はあまりおいしくないという個人的な嗜好から、安っぽいチキンカツ弁当だったり、ハンバーグっぽい弁当だとかの高カロリーなものばかり選んで食べていた(だから豚なんだ)わけですが、これなら十分合格点というか、ちょくちょく食べたいぐらいの仕上がりです。キャンペーンといわず定番にしてくんないかな。

このお弁当、そこそこ売れているのか、入荷量が少なかったのかはわかりませんが、ぼくが手に取ったのが最後のひとつでした。でも、このお弁当のすぐ下の棚に「凄盛」 な弁当(1,160カロリー)を置くのは、なんか間違っている気がしないでもありません。

とにかくカロリーも控えめで味もイケてるということで、ひじょーにオススメできるコンビニ弁当です。

まるで工作員のような投稿になってしまいましたが、実においしくいただきました。ごちそうさま!

ペットシーツレビュー:ペッツビレッジクロス「厚型ペットシーツ」

唐突に初めてみます(しかしタイミングが悪い……)。

大型犬ともなれば、その「尿」 の量は半端ないわけでして、生半可なシーツではグッショリのベトベトになってしまうわけです。良く『コップ一杯の水を零してみました!』と宣伝されていたりするのですが、そんな程度で済むはずもなく!

ペットシーツジプシーを自称し、色々と試しているぼくとしては良い記事のネタになるんではないかと、購入して実際に使用したペットシーツのレビューをしてみることにします。 ((写真撮影時になんとも言い切れない気持ちになりますが))

とはいってもガッツリ箱買いする都合上、即消費できるはずもないので、二ヶ月近く置いたうえでの掲載になると思います。皆さんがペットシーツを選ぶ際の参考に少しでもなれば、と。実際に排泄したあとのシーツの写真が載っかってしまったりしますので、そういうのが苦手な方は画像をクリックしないほうが安心です。

さて、今回は楽天のペットグッズ販売でも有名な「ペッツビレッジクロス」さんのところで販売されているペットシーツです。

商品名 単価 販売元 備考
厚型ペットシーツ
(ワイドサイズ)
約 23 円
(4,500円/200枚)
ペッツビレッジクロス
送料無料
同梱可能

箱で購入した場合、袋に入ったかたちで四つ。ワイドサイズ(60×43)の場合は、袋に五十枚入っています。

こんなかんじで。こんな感じで。

やはり袋入りは収納が便利です。こういったペットシーツを扱っているところでは、袋に入っていないタイプのものもあるのですが、それと比較すると置き場所にあまり困らないというメリットがあります。

では早速、実際におしっこを吸収したときにどうなるかというと……。

ペツビレ厚型ワイドシーツ 朝一番じゃない、通常時のおしっこ アッー!

日によって量も変わりますので、あまり確実ではないというところも念頭に置いていただきたいのですが、左が「朝一番のもっとも濃い&量の多い時」のものです。うーん、残念ながら少しサイドから漏れてしまっています。右はそうではない、いわば通常時のおしっこ。これであれば問題はまったくない感じですね。ただ、どちらも裏面への浸透はありませんでした。

朝一おしっこ時には少し残念な結果になってしまいましたが、多くの犬種では問題のないレベルのはずです。厚型と銘打っているわりにはそれほどでもないところなのが気になるところではありますが、中型犬~大型犬(ニューファンは一応「超」)までなら十分対応できるシーツです。ぼくもこの程度の漏れなら気にしていません。

お店自体も配送が早く、送料無料で同梱配送もしてくれる&セールも多いところですから、楽天のなかでも非常に使いやすいところなのでオススメできます。

それでは、また別のペットシーツでお会いしましょう!(なんだこれ)

おいしいお水を飲みませんか?

いちばんでかいやつ!直径二十六センチのどでかいステンレスボウルがレウさんの水入れです。

市販のかわいらしいものなんかでは供給量が足りず、あっという間に空っぽに。ケージに取り付けるタイプのものも、いちいち水が出る量が少ないため、一時しのぎならまだしも常用には向きません。ですから、自ずと選択は限られてくるのですが、留守中に水が汚れてしまったりした場合には、たとえのどが渇いていても汚れた水を飲むしかないわけなのです。これはとてもかわいそうなことと言えましょう。

水入れをどうするかというところは、レウさんが我が家にやってきてからというものの悩み続けていた問題。

最初は普通の水入れを買い、ケージで留守中には、とケージに取り付けるタイプのものを買い、どうやら普通の水入れでは量が少なすぎることに気づいてバケツにしてみたり、そのバケツをわざわざ満タンの状態で部屋にえっちらほっちら運んでぶちまけてくださったりだとか、様々な製品を買い求めては試しておりました。

そのなかでひとつ、値段的にお高いことから敬遠していた製品が……ウォーターファウンテンです。水を入れておくとポンプで水が巡回し、些末な汚れはフィルターが食い止めてくれるので、常にきれいなおいしいお水が飲めるという、留守の多いご家庭では飛び上がりながら重宝されそうなステキ・アイテムです。水入れについて悩んでいた際に、ニューファン・オーナーでも使用している方がいらっしゃったので、それはたいそういいものなのだろう、きっといつかは……と心躍らせておりました。

このイカしたアイテムを赫乃丈 さんが買ったとのこと。そのときはいったいどんな様子だったかというと……

11:40
げるげる: やあやあ
にゆうふ: やあ!
げるげる: 我が家にウォータードームを導入したよ!
にゆうふ: お、すこしきになっているアイテムだよ!
げるげる: 水が美味しいらしいよ
にゆうふ: レビューきぼんぬ。
げるげる: http://item.rakuten.co.jp/takuhai/rt4535275500529/
11:41
にゆうふ: お、やすい。わたしのしってる、ウォーターファウンテンとはちがうものだ。
げるげる: うむ。ウォーターファウンテンは餌入れつきででかいのですがこっちは餌入れなしでやすいんだ。
にゆうふ: ぽちった。 ((オンラインストアでカートに入れることを指す用語))

一分内に即決し、その翌々日に到着。

ウォータードームです。実は猫用?ああ、悩んでいたわりには速攻でポチれるほどだったあこがれのアイテムがついに我が家に!

これでレウさんにはずっとおいしいお水をあげることができるんだなー!と感慨もひとしお。ウキウキしながらSASSOKUセッティングを開始。この製品自体はアメリカで販売されているものですが、輸入にあたって日本語のマニュアルがきちんと付属しています。そう難しい作りではないので、組み立て自体はとても簡単です。

中身はこんなのです

組み立て時には力をあまり入れすぎないこと。

謎の突起物はネジで締め上げる形で本体に接続するのですが、これらはプラスティックで作られていますので、力を入れすぎるとぱっきりと割れます。この突起物近辺から水がちろちろとはみ出るようになっているので、ここが破損すると大惨事の引き金となること請け合いですので、注意しましょう。

ぼくはいったい、誰に呼びかけているんでしょうね。

この水色のドームを覆う形で水が常に流れており、そこをペロリと舐めると動物的にはあらやだおいしい!という流れになるはずです。

しかし、レウさんはそんなかわいらしい水の飲み方はせずに、25センチのボウルに下あごをどぼんと入れてゾブリゾブリと水を食べるかのように飲む犬でした。

気が向くと、前足を突っ込んで水をばっしゃばっしゃと掻き出してご満悦顔になったりと普通ではありません。こんなスタイルのおかげで、あごの下はぐしょぐしょになり、部屋中を歩き回って水滴を垂らし、その状態でブルブルッと身を震わすことによって辺り一面は水浸しという状況が完成するのです。

つまり、そんなレウさんのライフ・スタイルにはこの商品はおそろしいほどマッチせず、今やただ電力を消費してただ水を循環させる機械になれ果ててしまっており、些細なれど地球温暖化の一環を担っているというのが、数千円を出したうえでの結論です。大型犬はともかく、小さい犬にはたいへんよろしいんじゃないかとは思いますが……。

飲みづらいんです、それ。だって、飲みづらいんだもの

あ、一緒に買った犬用シャーベットはあっという間に無くなりました。暑いのはダメネー。

レウさん、おめかしをする。

サーバーとかもうどうでもいいや!ハハハ!! ある程度あきらめが付いたので、普通に更新していくことにします。

さて、レウさんの散歩ルート途中にある公園には少し大きめの噴水があります。この時期になると、なぜか近所のガキンチョどもが水着でキャッキャッと遊ぶという。

うーん、ぼくが小さいころにはこんな噴水で水遊びをしたことなんてないのだけれど、都会には都会なりの事情ってやつがあるのか、市民プールなんてものが近所にないのか。今のご時世、公園で水遊びってのはどうなんだろう、変質者に目をつけられそうな気がしないでもないわけですが。

こうして子供が遊べるほどの大きさもあり、レウさんはこの噴水に目をつけており、隙あらばザッバーンと飛び込んでしまいます ((ホントはだめなんです))。ひとしきり飛び跳ねた後は、水路に寝そべってまったり。こうなってしまうと、もう家に帰った後にお風呂に入れてあげなければならないのですが、お風呂を嫌がるワンコも多いなか、水好きのレウさんの相手は非常に楽。

どのぐらい水好きかというと、人が風呂に入っていると鼻でドアを押し開けて、ぶしつけにも風呂に入ってくるほどです。もちろん、浴槽の水があふれ出すわ、風呂は毛まみれになるわ、ともかく狭いわで、とても幸せな気分に浸れるのです。だけど、そのあとに乾かすのがこらまた一苦労。

前のトリミングで店員さんが言うには「いい子でおとなしかった」ようですが、家でのレウさんはドライヤーを怖がってしまうので、タオルドライで八割、残りはサーキュレーター ((要は扇風機です))と自然乾燥に任せるなんて手抜き手法をとっています。いやほんと、なまじ大きいだけあって乾かすのは大変です。大きな犬を瞬時に乾かすアイテムを開発したいと考えるぐらいです。

お風呂上がりのお休み中。かんそうちゅう。

今回のように噴水に飛び込んでハフハフしてしまうのは、やはり気温が暑いせいで、さすがに冬場になると噴水には突っ込もうとはしません(いまのところは)。

今でも時間をかなり遅らせて散歩に行っているつもりなのですが、夏の外出対策を考えねば……と悩んでいた矢先に、普段通りがかる遊歩道でいつも会う、犬好きのご夫婦さん ((いまだ名前も知らない(笑) ))から、大型犬用のアイテムを多く取り扱っている「DINGO 」というお店を紹介していただきました。

さっそく帰ってみてみると……あるじゃないですか!

マンモスボーンマンモスボーンが!!

レウさん、このマンモスボーンに目がありません。今や残っているのは残骸ばかりで、そろそろ追加で購入しなければと考えていた矢先のことだったので、ひっじょーに良いタイミングでやってきてくれました!……安いし 。この骨、実はただのでかい骨なだけなのですが、なにぶんでかい骨。つまり、すごくでかい骨なのです。かじり潰すのにも相当な時間が必要で、留守番中にこれを与えておくと、なかなかおとなしく待っていてくれます。

スンスーンくんかくんか。

話が豪快に逸れてしまいましたが、暑さを凌ぐものとして、レウさんにはアンチヒートシャツを買ってあげたいと考えていたのです。ただ、これがまたどこもサイズがない。レウが着られそうなものがないなか、今回教えていただいたお店は大型犬を中心としたラインナップで取りそろえているようで、価格も控えめ。

早速レウさんには「よだれかけ」と「アンチオーバーヒートシャツ」、「マンモスボーン」を買ってあげることにしました。

「アンチオーバーヒートシャツ」というのは名前そのものですが、水に浸して軽く絞った状態で着せて、気化熱で涼しい感じにしてあげましょう的なシャツのことです。正直、この点に関しての効果はおまじない程度だと思っていますが、少しでも楽になるならということで購入。

よだれかけは……つけると、ニューファンらしさがランクアップするんです。よだれがつかなくなることで、よだれやけも防げますしね!ただ、自作できる範囲内かもしれないので、今度、暇があれば自作に挑戦したいと考えております。裁縫なんてもうン十年もやってませんけど。

今日はこのよだれかけとシャツを着せてお散歩に。道行く人からは相変わらず「でかいでかい!」「でかっ!!」と言われ続けていますが、それでも「何か着てる~かわい~」なんて声がいくつも挙がっていたのは少しうれしいものがあります。だって、本当にかわいいんだもの!

YODAREKAKEかあいいの?

無線LAN奮闘記 ~すでに死んでいた編~

WindowsVistaに移行して、はや二週間。やっと、それっぽく使えないハードウェアが出てきてしまった(いままで繋いでいなかった)

■ ソフトウェアアクセスポイントとしても利用可能(ニンテンドーDS Wi-Fiコネクション)

APモード、XLink Kaiモードは現時点ではVista未対応です。

PSP Xlink Modeを搭載!!筐体は持ち運びに便利なスティック型を採用:PLANEX:GW-US54Mini:製品特徴 (2007-08-03)

我が家にあるWiiとNintendoDSとPSPを電子の海(インターネット)に接続するために購入していた、Planex社製の「GW-US54Mini」。

アクセスポイント機能はVistaにはもれなく対応していないため、死亡確定。公式サイト上には「現時点では未対応」と書いているものの、現時点っていつの話よ? 職業柄か、この手の適当な記載はひっじょーに腹が立つ。

問い合わせ窓口も非常に難解な作りになっていて、どうやら電話でのサポート・センターは用意していないみたい。製品の値段もせいぜい三千円といったところだから、Vistaの対応はあまり期待しない方がいいかもしれない。

値段が安かったとはいえ、まだ二・三回しか使っていないんので若干のダメージ。とはいえ、今更XPに戻るのはめんどくさいし。

どうやら、この手のUSBタイプの製品でアクセスポイント機能がVistaに対応しているものはないようです。未だなお少数派のVISTAerの皆さんは、お気をつけください ;-)

レウさん、はじめてのトリミング ~ザ・ビューティフル・ドッグ編~

レウさんをお店に預けてからの三時間の間、パソコンを直すための買い物なりをしていたのですが、ここでは割愛。

おもしろくもなんともない、ただまるでお金が飛ぶかのようになくなっていただけのことです。ただ、赤の他人にレウさんを預けるのは、考えてみればはじめてのこと。お店で何か粗相をしていないか、寂しがっていないか、やっぱり心配。迎えに行くと喜んでくれるんだろうか、捨てられただなんて思っていないだろうかなんて考えてしまいます。

午後七時を少し回った頃、 すでに真っ暗になっていましたが、レウさんをお迎えに。さっそくレジで今回の美容費を請求されます。

その金額はなんと……「15,750 円」。

……いや、女性の方なら特に驚かないのかもしれませんよね、美容室でこれぐらいかかることもあるでしょう。ただ、ぼくは普通の 28 歳独身男性であるわけですから、せいぜい髪を切りにいって 4,000 円だとかの世界に住んでいるわけです。

いちまんごせん……いやいや、お金の問題じゃない。いかに我が愛しい娘、レウさんがこの一万五千円で美しくきれいになるかどうかです。一万五千円の価値を確認するのはそれからでも遅くはない。いちまんごせんえん。

ちなみにこの値段、法外に高いというわけではなくて、むしろ安い方です。超大型犬のシャンプーとカットが入ってこのお値段ですからね。

若干、呆然としていたぼくを尻目にご対面タイムがやってきました。

ちゃっとトリミング・ルームのドアが開き、レウさんがその真っ黒な巨体を揺らしてぼくに飛び……つかずに、まっすぐドアへ。全く、ぼくの存在に気づいていません。店員さんに促されてようやくぼくに気がつくと、顔は喜びにあふれ、しっぽの振りが尋常でなくなりました。

ガチャン、バリバリ。

店の商品をなぎ倒す、なぎ倒す。犬用おやつが床に落ち、プラスチックの食器が床に次々に落ちていく。あああ、怖い怖い。レウさん。喜んでくれるのはうれしいのですが、弁償は怖いです。

なんとか落ち着けたレウさんを落ち着いて見ると……つやつやであり、さらさらでありながら、ふかふかもふもふな毛並み!謙虚に日本人らしく表現するならば、世界十本の指には入りそうなほどかわいらしいニューファンがおりました!いや、ほんとにきれいな仕上がりです。夏らしく、ひまわりのリボンをつけてくれたのですが、オレンジの首輪によくあっています。

割と手痛い出費ではありましたが、その後、人とすれ違う際にきれいな犬だね~なんて声が聞こえてきたり。なんせ世界一かわいい犬(昇格)ですから、そんな声が聞こえてくるのは致し方ないとして、ぼくから見てもきれいになったことが見て取れるので、大変満足!

どれぐらい変わったかというと……

before…
Before…

after!
After!

このすばらしい光沢がおわかりになりますでしょうか!そしてなによりも、この愛くるしい表情!なんというかわいらしさ!生まれてきてくれてありがとうございます!もうちょっと頭がゆるくなってしまうかわいらしさ。また匂いもいいわけで、一日中モフモフしていたい気持ちになるほどです。これは危ない……。

というわけで、今回のトリミングは大成功! 今まで行かなくてごめんね、レウさん。これからは一年に二回は連れて行ってあげるようにします。

この最果てのブログを見てくださっている動物と過ごされている方は、どんなケアをしているのか、よければ教えてくださいね。