タグ : 買い物

犬に綺麗なお水を。

よだれ、よだれ、よだれ。


ハフハフハフハフ。

そうです、この時期は普段よりもハフハフとしているがためによだれの量も増え、自然と水の容器がよだれまみれになっていたりします。白くてテロテロしたものがプッカプッカ浮いていたりするわけですね。

もちろん、その場で水を変えてあげることができれば良いのですが、留守番の多い我が家ではそれも難しい。とは言え、汚くなったお水を飲ませるなんて……。

以前にウォーターファウンテンで失敗してから、これまでは複数の容器を設置し、これに備えていました。

でも、やはりポンプで水を循環させて、よだれなりゴミなりをフィルターするほうがいい。そちらの方が綺麗なおいしーいお水を提供できそうです。

昔、パソコンを水冷化した時に使っていた水陸両用のポンプは余っていたので、これを使って、市販の適当なフィルターを組み合わせれば自分で作れそうな気はする……。

などと悶々と考えながら、先日ペットショップにレウさんのおやつを買い求めに行ったところ、それっぽい商品がありました。開封して見せてもらい、その場では問題なく使えそうだったので即決。四千円と少しと、交換用のフィルターが千円ちょっと。……楽天で探してみたら、えらく値段が違ったんですけどね……。

Error: NotFound

前回のウォーターファウンテンの問題は一つ、水が溜まらない構造になっていること。小型犬ならともかく、大型犬だとチロチロと流れる水を舐めあげる形式だと物足りません。やはりゾブゾブと飲んでこそ。


ぞぶっぞぶっぞぶっ。

この製品は水が球体を伝うだけのウォーターファウンテンとは異なり、水が中央の穴部分から出てきますので、ここできっちりとベロベロできます。ちなみに水の容量は二リットル。十リットルの製品もあるようですが、とりあえずこれで十分そう。

本体の作りはかなり簡単です。

水が出てくるお皿の部分を外すと、中にフィルターが見えてきます。フィルターを外してやると、フィルターを固定するための台が見え、その下にはポンプが設置されています。フィルターは三週間に一度の目安で交換するようですが、数日に一度はフィルター自体を水洗いしてやります。お水の補給時には特にお皿を取り外す必要もなく、普通に上からどぼどぼと注いであげれば大丈夫。

ブーンと言うポンプの駆動音と、ジョロジョロと水の流れる音は若干気にはなりますが、まあ耐えられるレベルです。お皿のプラ部分が振動して、ビビり音がしているようですから、制震対策をすれば抑えられるかもしれません。本体下部に遮音シートを巻けば、重みで制震されるでしょうし、大幅に改善できそうな印象を受けます。

当初は「なにこれ、おみずのみたいのに」と躊躇っていたレウさんでしたが、いまでは慣れたもの。

これまでは水が汚れていると、無言でお風呂場(水が出てくることを学習)に座り込んだりするストを起こしていたのですが、こうしたこともなくなりました。水もざぶざぶと飲め、かつ以前よりかは周囲に水がまき散らされることも減りましたから、割と満足しています。

ただ……構造的にフィルターの意味があるんだろうか、これ。

ゴミはフィルターに引っかかりますが、フィルターは剥き出しのままで水中に沈んでいるので、あまり衛生的ではないような気がします。実際、フィルターにフードが引っかかっていて、まるでフードを溶かすようになっていたこともあります。水を汚すゴミがあった場合、その水ごと循環されてしまいますね。

やはりそこまで考えるとなると、現状では自作してあげる必要があるのかも。ちょっと考えてみることにしましょう。ふーむ。

さっそく UPS を買ってきました

Windows Vista じゃ管理ソフトが動きませんでした。 ~完~

APC がシェア No.1 だということはあらかじめ調べていたものの、体重計でもお世話になっている OMRON 製(BZ-50T)を「あえて」購入したところ、無償の管理ソフトが Vista 上でパーフェクトに動作しないというオチが待ち受けているとは思いも寄りませんでした。

やったね!

も、もっと調べて、か、か、買うべきだった……! 猛省……ッ!

このままだとただの「停電になっても三分間動く権利」を手に入れただけのナゾの物体になってしまうので、おとなしく管理ソフトを別途購入するしかなさそうです。畜生!

レウさんも唖然 ばかねー

夏の暑さ対策を考える

Sunflower & sky
Creative Commons License photo credit: Lorenzo_EOS

一人暮らしで動物を飼っている方は、夏をどう乗り切るのかきっと頭を悩ませていると思います。ぼくもそのうちのひとりです。

東京都内なんかでは真夏日にエアコンを使用せずに放置していると、室温は 30 度を軽く突破してしまうおそれがあります。そんな過酷な環境に耐えられる動物はそういないわけで、犬、猫、うさぎ、フェレット等々、下手すると熱中症にかかってしまい、命の危機に瀕してしまいます。

おお、書いていて怖くなってきました……ちょっと気が早いですが、今回はそんな真夏対策をどうするのかをつらつらと書いてみることにします。

我が家のニューファンドランドのレウさんは、ご多分にもれず暑さにとてもとても弱いです。そもそもニューファンドランドの耐暑能力はかなり低く(もふもふしてますから)、夏はエアコンなしでは生きていけない身体なのです。たぶん。

これへの対策として、我が家では 5 月頃からエアコンを 24 時間つけっぱなしに。そしてやはり怖いのが停電エアコンの故障

電気代はお金を払えばいいだけですが、突発的なアクシデントにどう対応(故障はしょうがないとして)するのか、ここ数日考えてみました。

  • ネットワーク対応の温度計

We're Having a Heat Wave!
Creative Commons License photo credit: akahodag

まず真っ先に考えたのが常時室温が分かるようにしておき、異常時には帰宅して対応するなどの監視体制を敷くという反社会的かつ王道的なプラン。

ただ、実際に商品を探してみると高い!数万円するのはザラで、さすがに厳しいものがあります。そんななか見つけたのが秋月電子通商で取り扱っている PICNIC という商品。自分で組み立てるキットものらしいのですが、ネットワーク対応+温度測定ができるようです。

こりゃいい、と購入しようと考えていたところ、カートに入れる直前で「ここまでできるキットがあるなら実はエアコンも制御できたりするものがあるんじゃないか?」と思い直し、さらに色々調べるてみると……あった!ありましたよ!ママ!!

うさぎ快適

その名が示すとおり、うさぎを快適にするための製品です。具体的に何ができるかというと……。

  • USB に接続した温度計から、室温・湿度を測定することが可能
  • 接続した温度計からエアコンを直接制御することが可能
  • 障害発生時にはメールを自動送信
  • メール経由でエアコンの操作が可能

すばらしい!すごい!

ぼくが望む機能が丸々入っています。一万円と少しでありながら、この機能!「これしかない」とぽちっと注文。普段は無駄遣いの多いぼくですが、今回の買い物こそは無駄でもなんでもなく、安心を買うためのものと割り切ることができます。

ただこれだけでは温度を測定する PC 本体が止まってしまったときに対応ができなくなってしまうので、別途 UPS (無停電電源装置)を調達してやる必要があります。とはいえ、これもレウさんに快適で安心なお留守番をしてもらうためと割り切って、会社帰りにでも UPS を買って帰ることにします。

いくらセンサーを用意したところで、停電→PC即死のコンボを食らうとどうしようもありませんしね!

Perl のお勉強

そういえば人様のソースをのぞき見しながら作ったり、ネットで引っかかったものをコピペしたものを改変して作ったりと、割と勉強らしい勉強をしたことがなかった Perl をきちんと学ぶべく、久しぶりにきちんとした本を買ってみました。

違った。でもホロかわいいよホロ。

名書「はじめての Perl」をすっ飛んで、いきなり実用に走るという若干地雷を踏んでるっぽい行動ではありますが、基礎はだいたいわかっているからこれでいい……はず。Amazon プライム会員ならではの無料お急ぎ便で明日には届きます。本当に便利な時代になったものです。

やっちゃったよ

iPod nano 4GB Silver

iPod Shuffle が行方不明になってしまい、発見できずにむしゃくしゃしていたら、いつのまにか iPod nano 3G が手元に!

これでいつでもどこでもみっくみくRe:package は、そりゃもう名曲揃いです。