タグ : blog

[雑記] 立ち上がれ、エアコンよ

エアコンが壊れている気がします。

話がさっそくズレますが、今の今までレウさんの誕生日を間違って書いてしまってました(笑) えー、この投稿内で、『ミスよだれこと、ニューファンドランド犬の「レウ(Rew)」。2006年12月21日生まれ(うちの母と同じ!)。 我が家にやってきたのが2006年3月19日。』と。なぜか生まれる前から我が家にやってきていたという、スピリチュアルな前世系のメンヘラ文章になっていました。正しくは2005年の12月21日です。タハー。

話を戻しましょう。

現在の家に越してきてから孤軍奮闘していたエアコン、ここ数日になって設定温度を下げても下げても、温度計が示す室温は30度です。温度計が壊れてるんじゃないかと考え、冷凍庫にぶち込んでやると-20度と、それなりに正確っぽい温度を示してくれます。いい加減に頭に来たので、設定温度を18度とかにしてやったのですが、それでも30度。「冷やせっつってだろ!おいィ?」と頭悪そうにエアコンを罵倒しそうです。もう一人でキレちゃったんですけどね。フヒヒ!

これまでにろくずっぽエアコンの掃除をしていないことが一因としてあるのではないかと考え、先週にエアコンのクリーニング業者に依頼をしたものの、やってくるのは18日ともう少し先のことです。そもそもこれで改善されるかも分からないことですし、この状況はひっじょーにマズい……。くそ、少し高くても早めに来てくれるところを選ぶべきだったか。

アツィ我が家のロイとレウさんは、どちらも暑さには強くないため、五月ぐらいからは24時間ぶっ続けで連続稼働していたわけですが……やっぱりぶっ通し運転が負担なのだろうか。もちろんそうなんでしょうけどね。でもエアコンかけないと暑いんだからしようがないじゃないか!

ロイは割とノホホンとしているのですが、レウさんはぐうたらと寝っ転がっています。ハフハフが絶えないので、相当暑いのでしょう……。

もしも、このエアコンが壊れてしまったとすると、大家さんにONEDARIしなきゃいけないわけで、今すぐにでも出て行き、広い部屋に越したいぼくからすれば胃の痛い話になってしまうわけです。なんかこう、エアコン直してもらってすぐに出るって、ちょっと不義理じゃないですか。かといって、エアコンがない家で過ごすのは自分はともかく、この子らがきつい。

ハーン! どうにかクリーニングで持ち直してくれますように。

[雑記] 生きることには

それには、銭(ゼニ)がいる。

我が家の家訓は「銭がないのは首がないのと同じやで」で、今も立派に病気療養のために絶賛休職中なぼくは、立派なまでの無収入。まさしく首がちょん切れそうな状態なのです。つまり、生きながらにして死にかけている。

真に幸いなことに、毎月バカ高い金額を絞られていた健康保険側では健康保険傷病手当金というものがあり、療養期間中は給与の2/3が給付されるようになっているそうなのです(会社からは当然ビタ一文でません。世の中には補償がある企業も多いなか、一部上場企業の割に、扱いはシビアというかなんというか、駒というか使い捨てといいますか)

喜びいさんで書類を書いて提出したのが、六月の末。

さっぱり連絡も来ずに若干焦りながら、どうなってるのかと思い始めた矢先のこと、組合から一通の手紙が届いた……。

衝撃の通達

な、なんだと……?!

そんな馬鹿な!こんな馬鹿なことが許されるはずがない、と何度読み返しても「不支給通知書」 。のたうち回りながら、もう一度封筒を調べてみたところ、『これだけ振り込むからね!』なんていうはがきが入っていた。

つまり、単なる一部の期間で支給できないよというお知らせでした。紛らわしい、紛らわしいよ……。

ごはんたべられる?ひとあんしん

サーバーお引っ越し終了。

約一日のあいだ、当ウェブログ(newf.jp)に接続できなかったと思います。

当ウェブログ(と、他のドメイン)はこれまで「さくらインターネット」さんのレンタルサーバーを借りて運営していたのですが、「もっとじゃんじゃんペットの動画とか載せたい!」なんてリクエストに応えるには、少しサーバーの容量が心許ない感じでありました。

とはいっても、 スタンダードプランで1GBはあるし、贅沢いわなければ全然余裕あるわけで、なにせ年間五千円という低価格。あまり文句も言えまいと考えていた矢先、ドメインの管理でお世話になっている「VALUEDOMAIN」さんで新しいサーバーホスティングサービスが開始されていた模様。

CORESERVER.JP(コアサーバー)は、PHP MySQLの快適性を重視した大容量の次世代レンタルサーバーサービスです。
XREA の仕様を基本に、より高性能なサーバーと高速な回線に、より豊富なリソース配分を加え、より少ない定員数で安定性を高めた上位互換サービスです。 VALUE-DOMAINとの連携でドメインの運用を自由に行えます。

CORESERVER.JP:コアサーバー (2007-08-05)

これまでの年額五千円と同額でありながら、サーバーのスペックやら手が出せる範囲も相当広い!何より「上位互換」という響きがいい! 仮想マシン上で動かしてるのかしら、これ。安くていろいろできる、というなら躊躇う理由もないことからお引っ越しの準備をすることに。

データベースのバックアップは取っているので、特にめんどくさい作業も必要なさそう……と思っていたものの、ドメインの移管とDNSの反映に予想以上に時間を費やしてしまい、かなりの長い期間、ドメインにアクセスできない状態になってしまいました(もちろん、一度に設定したのではなくて順次していましたが)。

WordPressの移行そのものは割とすんなり。一部のプラグインで前の情報が残っていたためにうまく動作しないものがありましたが、wp_option から直接編集することで対応も完了。

おそらくおかしな箇所ももう無い(たぶん)はずですが、なにやらおかしなエラーが出ているような場合はコメントなどで教えていただけると助かります……。

犬小屋に暮らす。

ぼくはいま割と、いやかなり、無謀なことをしていることを自覚している。

それというのも、ニューファンドランド犬。犬のなかでも超大型犬(幸いながら特超大型犬ではない)にカテゴライズされるものを、独身男性一人暮らしで飼育しているから。これは犬の飼育について少しでも知識がある人にとっては、とんでもない話のはず。都内に一人暮らしをしている時点で家も狭いのも当然だし。

それでもあこがれていたのです。大きくてむくむくとしていて、とても優しい瞳をしているニューファンドランドに。本当に終生付き合っていけるかどうか、何度も問いかけ、二年ほど悩んだすえに、幸いながら大家さんなりからの快諾を得られた(ご近所つきあいは重要です!)ので、レウさんを引き取ることにしたのです。

むぼうだったの? 「そうなの?」

そんなわけでどんな環境で動物と暮らしているのか、このウェブログのタイトルになったぼくの現状を間取り図に起こしてみることにした。

ザ・間取り図

狭ッ!

あらためて書き起こしてみると、この狭さは異様だ!ちょっとへこんできました。ちなみに部屋は六畳です……。 レウさんが来る前には、もっといろいろな家具がありました。ベッドだとか、籐椅子だとか、テレビだとか……AVラックに収まっている機器も多くて……というよりも、もっときちんとしたラックだったし、パソコンも数台あったりと、一人暮らしにしては物の多い状態でした。

ぜんぶ捨てました。この間取り図には書かれていない扇風機やら空気清浄機、脱臭機やらもありますが、間取り図以外の家具はもうありません。

こんな環境でニューファンと暮らしていることについて、ものすごく憤慨される方もいるかもしれない。それほど大型犬と暮らすことは大変なことだと、ニューファンと暮らすことの大変さと、環境の重要さはぼくは知っているつもり。それでも、犬の飼育に必要なのは部屋の広さなんかじゃなくて、どれぐらいその子に幸せになって欲しいのかを考えることだと思いたい。

たぶん、世界中を探してもこんな環境でニューファンドランドと暮らしているのはぼくだけです。レウさんはこれを不幸だと思っているのだろうか。

そんなことよりねむいよ!

うん、とりあえず引っ越し資金を貯めよう!

焼き肉を食べてきた。

なんだかよくわからない会社の面子で焼き肉を食べてきました。もちろん、ロイとレウさんはもちろんお留守番。

生でも食べられてしまうおいしいお肉。近江牛だったっけ。

うん、不思議とこの写真ではすごくまずそうに見えるね。携帯(W42S)の写真だから仕方がない!

この焼き肉屋は水道橋にあるのですが、そこそこ値段がします。何人で行ったかはちょっと記憶にない(ビールしこたま飲んだからか) のですが、最高額は25万円。これ、焼き肉の値段じゃねえです。
ただ、味はひっじょーにいい!舌のうえで「とろり」と、まるでとろけるような甘みのある肉で、ぼくが知っているなかでは一番の焼き肉屋です。これまでに3~4回ほど行っているのですが、いつ来てもおいしいものはおいしい。ちなみに今回は15人で行って、約10万円となりました。一人頭六千円と少しなので若干安くついたかもしれない。あらかじめ幹事さんが予約していた肉のなかには「骨付きカルビ」があったので、各テーブルで食べ終わった残骸を回収、レウさんのおみやげにすることにしました。

もちろんビールやらの酒類もあるわけですが、あまり飲んでしまうと家に帰ってからレウさんの散歩に行けなくなってしまうのでビールを一杯のみ。といっても、ぼくはとてもお酒に弱いのでビール一杯ぐらいで丁度いい感じに酔っぱらいます。安い男よね。

おビール

さて、今回のように外出する際には、レウさんをあまりケージに長時間閉じこめたくないのでケージには入れずに家を出ます。この留守番期間中、レウさんはありとあらゆる手段をもって、ものの破壊や食物の奪取を図ってくださるおかげで、家に帰るとたいていゴミ箱がひっくりかえっていたり、三ドア冷蔵庫がすべてフル・オープン状態になっていたりと、さんざんな目に遭うことがたいそう多いのですが……。

ある程度覚悟し、家のドアを開けたところ…… 今日は最高!なにも、いっさい散らかっていない!えらい!!

ご褒美に持ち帰った「近江牛骨付きカルビの骨」をあげたところ、たいそう気に入っていただけたご様子。ものすごい勢いでケージに閉じこもってバリボリ食べておりました。あまり頻繁に行くことはできないけれど、また行く機会があったら、持ち帰ってあげることにしようっと。

油断するとこうなる。

過去に「はてなダイアリー」に登録して、一番はじめの投稿に「三日ぐらいで書かなくなったりして(笑)」と書き、実際には三日も保たなかったという「はてな事件」を繰り返すところでした。まったく、毎日更新を欠かさない世の中のブロガーな皆さんはなんという根気をお持ちなのだろうか。

さて、台風がようやく過ぎ去ってくれたこともあり、早朝からレウさんのお散歩に行ってまいりました。

このウェブログを開設した6/30からヒートに入ってしまっているため(そもそもこれを書くために始めるつもりだったのに書くの忘れていたよ)、他の犬とはあまり接触できないのが残念。局部からの出血は止まりつつあるので、そろそろ本番に入るはずですから、なかなか油断ができません。

散歩中に大雨でできた水たまりに入って(シャンプーした翌日にな!)元気よくはしゃぐレウさんはとても愛くるしいわけですが、散歩中の写真はないんです。

やっぱり重たいんですよね、デジカメ。持ち歩くのがめんどくさい。iPod Shuffle ぐらいの大きさで簡単きれいに撮影できるナイスなグッズがあれば是非紹介していただきたいなー。

あと写真を加工したりアップロードしたりというところで、あまりのめんどくささにちょっと躓いています。WordPressでPicasaからひょいと呼び出したりできるような機能(プラグイン) があればいいんだけど。めんどくさいばかりだな、自分。

今日のPicは、この散歩後にごはんをロイに奪われる レウさん。なんというボヤヤンさ。

あれれ?

散歩中に出くわすもの

前回、次回は環境について―なんて書きましたけど、そんなことはもうどうでもいいんですよ。

今朝は4時半に目が覚めまして(これは自分にとって異例とも言える)、割と外も涼しそうだったのでさっと散歩の支度をして、ぐうたら寝ているレウを甘言で誘いつつ散歩に出かけたわけです。やはり早朝の散歩は空気もよく、何とはなしに朗らかな気分になります。新聞配達のお兄さんたちが新聞を各家庭に届けるのを眺めながら、散歩も中盤にさしかかったところでそれは現れました。

カップルです。

ぼくのささやかな幸福な朝が、易々と彼らに浸食されていきます。
なんせ「隙ありっ」なんて言いながらチューして笑いあってんですよ。どうなってんの。

なんでこんな見たくも聞きたくもない風景を、目を背けたい現実をばっちり記憶しているかといいますと、このカップルをレウが不思議そうに見て、動かなくなってしまったからです。レウは彼女なりに、「父ちゃんにはあんな相手がいない。なんでだろう?」と疑問に思っていただけなのでしょう。悪気はないに違いはないものの、二回も三回もチューを見せられる前に立ち去りたかった……。

ようやくレウが飽きて歩き去ることができたころ、2ちゃんねるにこんなスレがあったことを思い出した。

レウがこうなると……

  • 食事の前には口の両端からよだれが垂れる(20cm)。
  • 屁が異常に臭い(レディーなのに)。
  • 一日の大半はごろごろ寝ている。
  • 大飯食らい
  • でかい

こんな感じになるだろうか。
うーん、ボケーッとした顔をしているし、そもそも美少女になるとはとうてい思えない。萌えキャラにはなれそうもありません。

家族を紹介してみよう。

ぼくの家はひっじょーに狭い。

なにせ若干普通ではない企業に勤めている都内在住の独身サラリーマンに過ぎないのだから。 そんなぼくではあるものの、かなり常識からかけ離れた家族構成をしているということを、やっと購入して半年経ったデジタルカメラ(Canon PowerShot A710IS)とPCとをようやく接続する気になったので、主原因を紹介してみたい。

よだれクイーン

ミスよだれこと、ニューファンドランド犬の「レウ(Rew)」。2005年12月21日生まれ(うちの母と同じ!)。 我が家にやってきたのが2006年3月19日。新潟生まれで近所では美人と評判。43kgぐらい。

垂れ耳うさぎ

取り立てて特徴もない、唯我独尊の正体不明のロップイヤーの「ロイ(Roy)」。生年月日不明。 我が家にやってきたのが2005年の12月11日。レウさんの先輩にあたります。2kgぐらい。

はじめはロイだけだったのですが、ふとしたきっかけというかなんというか、ダメ元で大家に相談してみたところすんなりと許可を取れてしまったためといいますか、自分の夢でもあったニューファンドランド犬であるレウを迎えるにあたってしまったわけです。

一人暮らしであっても、伴侶となるコンパニオンアニマルと過ごしたいという気持ちをお持ちの方も多くいらっしゃるでしょうし、そうした考えに反対されるかたももちろんいらっしゃるでしょう。

事実困難はありますが、不可能ではありませんし、そうした環境にあっても、彼・彼女らに幸せを感じさせてあげることはきっと十分にできるんだと、ぼくは考えています。

なんて話は追々やっていくとして、次回はその環境について書いていこうと思います。

ぼくです。

みなさま、こんにちは。

ブログブログと世間一般が騒いでから、あまり聞かなくなってきたような気もするので、そろそろ自分もウェブログ(この呼び方の方が「ブログ」よりも かっこいいと信じて疑わない)とやらを持ってみるかと一念発起。こう一念発起とか書いてしまうと、更新停止どころか三日で飽きてしまう系の数多ある個人サ イトを彷彿とさせますね。フヒヒ。

さて、これを書いている時点で、ぼくは休職中です。「治療に専念しろよ」「何やってんだ」的な声もありつつ、薬パワーで元気なうちにいろいろなことに手を出して、頭をクリーニングしたいということもあるわけなのです。

こうしたくだらない話は、なんらかの拍子に足を踏み入れてしまった方にはドンビキされてしまうことでしょう。そこは姑息なぼくのこと、誰もの目を引く愛らしい動物写真で釘付けにしてしまおうというイヤらしいプランも用意してあります。

ここで東京都内某所在住のぼく(独身)のそれはもう愛らしい家族の紹介をしていきたいところですが、数ヶ月前に購入したデジカメ(それ以前のデジカ メはう さぎの尿をひっかけられて液晶が写らなくなった)をめんどくさがって一度もPCにつないでいません。ですから、デジカメをケーブルに接続するまでの間、ど うかお待ちいただきたい次第です。

ここまでを呼んだ方がいらっしゃれば「ああ数日で書かなくなるんだろうな」と思っていただいただろうところで、今回のポストはおしまい。ただ、自分の家族である動物の飼育記録も兼ねておきたいと思っているので、そう易々と更新の停止はしないつもりです。

今後ともひとつよろしくお願いします。