タグ : rakuten-link

WP-Rakuten-Link 0.6 をリリース

0.6 をリリースしておきます。
専用ページを作っておきましたので、ダウンロードはこちらからどうぞー。

追記: 0.6.1 にアップデートしました。不具合の修正とか。

更新内容は、だいたい以下のような感じです。

不具合を修正して、新しい API バージョンを指定するようにし、管理画面のコードを一部書き直したり、モバイルに対応していたり、楽天ブックス(とりあえず本だけ)に対応したり、設定画面からキャッシュを削除できるようにしたりだなんて変更があります。

古いバージョンを使用している方は、アップデート推奨な気がします。これまでのものが割と酷かったので。

なお、バージョンアップ後に一度、設定画面を開いて再設定を行っておいてください。設定画面のコードを変更しているので、これをやらないと不具合が出ます。キャッシュファイルも一度消した方が良さそうです。

ちなみに今回のバージョンからは、楽天ブックスで書籍を扱えるようにしてあります。DVD やらゲームもやっておきたかったんですが、商品表示に掛かる API が全部別々になっているので、流石にめんどくさかったので対応していません。ワッハッハ。

Error: NotFound

WordPress の Plugin Directory には登録していない野良プラグインですから、自動アップデート通知なりは機能しません。つまり更新しても誰も気が付かないなんてことも有り得るわけですね。ワッハッハッハ。

そんなたいそうなプラグインでもありませんし、中身も中身なので、登録したらなんだか怒られちゃいそうな気がしちゃいますね。

WP-Rakuten-Link

楽天が提供しているAPIを使用し、エントリ内に指定した楽天市場、楽天ブックスの商品紹介を挿入するプラグインです。

プラグインのインストール後、投稿画面に商品の検索を行うダイアログが追加されますので、そこから商品の検索などを行うことが出来るようになっています。

Error: NotFound

楽天ブックスの書籍も対応しています。

Error: NotFound

ダウンロード : WP Rakuten Link 0.6.1

使用手順

  1. まずは楽天デベロッパーIDを入手してください。これがないことにははじまりません。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、/wp-content/plugins/ にフォルダごと転送してください。
  3. /wp-rakuten-link/cache フォルダの属性を変更(chmod)。書き込みできるようにしてください。707 とかそんな感じ。
  4. WordPress 管理画面からプラグインを有効化してください。
  5. 管理画面の設定メニューにある「WP Rakuten Link」から、楽天デベロッパーID を入力してください。そのほかの設定もここからどうぞ。
    アフィリエイトID は入力しなくても動作しますが、この場合には作者のIDが利用されます。
  6. 投稿画面中に「楽天市場 商品検索」メニューが表示されるかどうかを確認してください。
  7. 検索フォームにキーワードを入れて、検索を押すことで結果が表示されます。楽天市場、楽天ブックスの商品を検索、表示することができます。
  8. [挿入] リンクをクリックすると、文中にコードが挿入されます。
  9. 投稿を保存すれば、該当箇所にテンプレート設定どおりに商品紹介が挿入されます。

機能について

  • 携帯端末で表示された場合、商品購入のリンク先が楽天の携帯サイトになります。
  • 設定画面上から、表示テンプレートを自由に変更することができます。設定画面で空欄にした場合、デフォルトテンプレートが読み込まれます。
  • cache フォルダ上には、取得したデータをキャッシュとして 24 時間保持します。キャッシュファイルが作成されてから、24 時間過ぎるともう一度データを取得しにいきます。
  • 別にそんなすごい独自機能なんてないよ。

必須環境

  • PHP 5.x 以上。バージョンが 4.x の場合には動作しません。
  • WordPress 2.8 以上

注意事項

  • cache フォルダ内には、.htaccess を設置するようにしてください。旧バージョンの方は、新しいバージョンのものに含まれていますので、それを転送するのを忘れないようにしてください。
  • バージョンアップ後は、キャッシュを一度削除するようにしてください。
  • WordPress の Plugin Directory には登録されていませんから、自動アップデート通知がありません。たまに見てもらったほうがいいかも。
  • プラグインの利用にあたっては、楽天ウェブサービスのサイト上にある利用規約を遵守 してください。

免責事項

  • 制作者は本プラグインの使用によって生じた、利用者の如何なる損害に対しても一切の責任を負わないものとします。

更新履歴

  • 2009/04/29 0.1 : こさえた。
  • 2009/05/08 0.2 : なおした。
  • 2009/12/20 0.3 : Shortcode API を使用するように変更。
  • 2009/12/23 0.4 : 商品検索時にカテゴリを選択できるように変更。
  • 2010/01/05 0.5 :
    商品表示に jQuery を使用するのを止めた。なんでこんなことをしていたんだろう。
    キャッシュのデータを XML で保持するように変更。
    商品表示をテンプレートで指定できるように変更。
  • 2010/07/10 0.6 :
    かなりなおした。
    楽天ブックスに対応してみた。
    キャッシュファイルを設定画面から削除できるようにしてみた。
    携帯端末の場合には、携帯サイトに飛ぶようにしてみた。iPhone しかないので確認できないという。
  • 2010/07/10 0.6.1 :
    「あす楽」「キャッチコピー」を新しくテンプレート上で指定できるように。
    表示、検索に使用していたAPIバージョンを「2010-06-30」に変更。
    IMG タグが適切に閉じられていなかった不具合を修正。

WP-Rakuten-Link 0.5 をリリース

WP-Rakuten-Link 0.5 をリリースしました。1.0 になる日はやってくるのでしょうか。

さて、今回のバージョンでは変更点が多くあります。スタイルシートも忘れずに更新しておいてください。

特にキャッシュファイルはフォーマットから変更されていますので、拡張子が DAT となっている旧バージョンのものはすべて使用できません。削除しちゃってください。

大きく変わった点として、商品表示のレイアウトを設定画面上から行うことができるようになりました。

Rakuten Link 0.5

設定画面のアイテム表示テンプレート内に「#ItemName#」などのタグを仕込めば、該当部分が「商品名」に置き換わって表示されます。テンプレートによっては価格を表示しないことや、データ更新日を含めないようにもできますが、設定の結果として楽天ウェブサービスの使用規約に反する可能性がありますのでご注意ください。

画像中のテンプレートが、ぼくのサイトで使用しているものです。見ていただければ何となくお分かりいただけるんじゃないでしょうか。

テンプレートの変更については、テキストエリアの下部にボタンを設けてあり、ボタンを押せばテキストエリア内にタグが挿入されます。Title 要素には簡単な説明を含めていますので、「なんだこれ?」というものにはボタンにマウスのカーソルを合わせてみてください。

テンプレートを空白にしたまま保存した場合には、これまでと同じテンプレートが読み込まれます。「なんのことかよくわからん!」場合にはそのままでも構いません。ただ、オプションの形式が一部追加・変更されている箇所がありますので、プラグインの更新後には必ず設定画面を開き、保存するようにしてください。

変更点としては以下の通りです。

  • 商品の表示に jQuery を使用しないようにした。
    問題があったとかの報告はありませんでしたが、携帯からでは読めなかったりするので。そもそもなんで jQuery で表示させていたんだろう?
  • 商品の表示部分をテンプレートで個別設定できるように変更した。
  • キャッシュのデータを XML のまま保持するようにした。(キャッシュからはデベロッパーズID 部分はマスクされます)
  • 楽天のクレジット表示を画像ではなく、文字ベースのものにした。
    他のものに変更したい場合は、rakuten-link.php の 222-224 行目を編集してください。
  • 楽天のクレジットを表示を選択画面上で選択できるようにした。
    楽天ウェブサービスの利用規約を確認のうえ、これを遵守してください。仮に ID が停止されるなどの措置を受けたとしても、当方は一切責任を持ちません。
  • 同ページ内に同一のアイテムを複数表示しようとしても表示されない不具合を修正した。
  • 細かい部分を色々と修正したりした。

WP-Rakuten-Link

そういえば、WP Super Cache なんかを使用している場合にはどうなるんだろう。都度、結果を生成して出力はしてくれませんよね。HTML で持ってた気がする。この場合は「データ更新日」と「注意文」を必ず入れておくようにしないと規約に反しますね。24 時間内に必ずキャッシュを作り直すならいいんですけど。

あ、「にゆうふの初期テンプレートがダサすぎるから、これを使え!」というのがあれば是非教えてください。ご意見やご要望についても随時。不具合の報告などもあればお願いします。

Error: NotFound

明太子食べたいなあ。

Error: NotFound

wp-rakuten-link を更新

以前に作ったまま、割と放置していた WordPress に楽天の商品を紹介する「WP Rakuten Link」を久しぶりに更新してみました。

更新したはいいものの、プラグインのバージョンアップリストには掲載されないので、たぶんすっかり忘れ去られているんじゃないでしょうか(どうやったら通知できるんだろう)。

今回は不具合の修正がメインですが、久しぶりに見てみたら検索でカテゴリ指定すらできないクソな作りになっていたので、カテゴリを指定して検索できるようにしました。このカテゴリを出力するのにも、楽天の API を使用していますので、まずは楽天デベロッパーズ ID の入力を設定画面から行うようにしておいてください。記事作成、編集画面を開いた時点で、API 経由でカテゴリのデータを取得しています。

見た目で変わっているのはここだけですので、詳しい設定の方法などはこちらを参照してください。

WP-Rakuten-Link

とりあえず、Firefox 3.5.6 と IE8 での動作確認は行っています。Google Chrome でも問題ないでしょう。WordPress は 2.9 で確認していますが、2.7 とか 2.8 でもたぶん大丈夫です。今後、手を加えるとしたら携帯端末からも見られるようにするだとか、商品表示系になるんじゃないかと思います。ご要望とかありましたら、お気軽にどうぞ。

そういえばFirefox のシェアが一位になったとかニュースで発表されていましたが、最近は Chrome の勢いが凄いですね。個人的には、Ctrl+W の連打でブラウザが終了してしまうのが気に入らないのですが、対策方法があったりするんでしょうか。

ああ、新しいナビが欲しいなあ。Air Navi にはもううんざり。

楽天市場の商品を検索表示させるプラグイン

こんにちは、こんにちは!

色々とありましたが、にゆうふはまだ生きていますし、レウさんもバリバリ元気です!

別に何もしていなかったわけではなくて、レウさんを連れて色々な場所にお出かけしたりはしていたのですが、さぼって止ん事無き事情でブログは更新しておりませんでした。ええと、もう四ヶ月近く経っているわけですか。ははあ。ぼくが一番驚いていると思います。

まったく更新していなかった期間も、たまにメールでブログの内容について問い合わせ的なものがあったりしたので、「ああ、見てくれている人はいるんだなあ」としみじみ思ったりもしましたが、今後は定期的に何かしらのエントリーをしていくことはできるんじゃないかなーと思います。少なくとも期間中に取り溜めた写真をもとに色々と書きたいこともありますのでご期待ください。

さて、ここまでの話をブッツリと切ってしまいます。

以前から WordPress のプラグインで楽天市場を検索したりするものが欲しかったのですが、どうにも見つけられませんでした。ないのかなあ。拙作の注目させたい記事を表示させるだけのプラグイン「My Favorite Posts」の紹介記事にも、それっぽいコメントを頂いておりましたし。

無いなら勉強がてら作れるかどうかやってみようかなと調べ始めたところ、楽天がきちんと API を提供してくれていることが判明したので、さっそく暇を見つけて作ってみました。

こんな感じで表示されます



検索画面はこんな感じで

検索画面

WP-Rakuten-Link

使用手順

  1. /wp-content/plugins/ にフォルダごと転送してください。
  2. /wp-rakuten-link/cache フォルダの属性を変更(chmod)。書き込みできるようにしてください。CORESERVER では 707 で確認しています。
  3. WordPress 管理画面からプラグインを有効化。
  4. 管理画面の設定メニューにある「Wp Rakuten Link」から、楽天デベロッパーID の入力が必須です。アフィリエイトID は入力しなくても動作しますが、この場合には作者のIDが利用されます。
  5. 投稿画面中に「楽天市場 商品検索」メニューが表示されるかどうかを確認してください。
  6. 検索フォームにキーワードを入れて、検索を押すことで結果が表示されます。
  7. [挿入] リンクをクリックすると、HTML エディタ状態の場合に限り(リッチエディタに送る方法が分からなかった……)、文中にコードが挿入されます。
    リッチエディタを使用している場合には、[挿入] を押すと表示される商品コードを表示させたい箇所にコピー・ペーストしてください。

機能について

  • cache フォルダ上には、取得したデータをキャッシュとして 24 時間保持します。キャッシュファイルが作成されてから、24 時間過ぎるともう一度データを取得しにいきます。
  • そんなすごい独自機能なんてないよ。

免責事項

  • 制作者は本プラグインの使用によって生じた、利用者の如何なる損害に対しても一切の責任を負わないものとします。

プラグインの利用にあたっては、楽天ウェブサービスのサイト上にある利用規約を遵守していただくようにお願いします。

サーバーはWordPress 2.7、PHP 5 で、ブラウザはWindows 版 Firefox 3.0.10 と IE7、Google Chrome で動作確認をしています。他ブラウザでの試験はできない環境ですので、IE6 等でどうなるかが分かりません。レイアウト崩れ、エラーなどが発生してしまうようなら教えてください。その際、「こうすれば直るよ」と教えていただけると大変うれしいです(他力本願)。エラー処理はかなりさぼってます。

また、ぼくは普段 Firefox しか使っておらず、作成も Firefox を中心にしていることもあって、ところどころ表示がおかしなところがあるかもしれません。認識しているもので特に酷いのが投稿画面上にある検索フォームの IE での挙動で、検索すると下にがばっと余白でき、かつアイテム表示が妙な位置に描画されるというエキサイトな展開が待ち受けています。どうやれば直るってんだ!

ぼくは日曜プログラマなものですから、本職の方から見ると「なんぞこれ」という箇所があると思います。その際には、こっそり教えていただければ助かります。当初は商品表示もすべて jQuery でやっていたのですが、キャッシュファイルの作成やらでどうすればいいのかピンと来なかったものですから、途中でやめてしまいました。

なにかご要望とかがありましたら、コメントにでも残してあげてください。