タグ : vista

Vista のスリープが勝手に解除されてしまう

スリープが自動で解除されてしまう問題への対策として、マウスやキーボードでの解除を許可しない、WOL のオフは割と有名だと思います。

ただ、これらの設定には問題がないというのにスリープが勝手に解除されていて、割とイライラッとしていたぼくなのですが、ふと思いついて常駐していた AIM (AOL Instant Messenger) を落としておいたところ、きっちりとスリープし続けてくれました。

「何それ、当たり前じゃない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、一応こういった事例もあったよ的にエントリしておきます。

これからの季節はエアコンが常時稼働になるので、少しでも電気代を節約しなくちゃね!パソコンの電源をきっちり落とせばいいんですが!

さっそく UPS を買ってきました

Windows Vista じゃ管理ソフトが動きませんでした。 ~完~

APC がシェア No.1 だということはあらかじめ調べていたものの、体重計でもお世話になっている OMRON 製(BZ-50T)を「あえて」購入したところ、無償の管理ソフトが Vista 上でパーフェクトに動作しないというオチが待ち受けているとは思いも寄りませんでした。

やったね!

も、もっと調べて、か、か、買うべきだった……! 猛省……ッ!

このままだとただの「停電になっても三分間動く権利」を手に入れただけのナゾの物体になってしまうので、おとなしく管理ソフトを別途購入するしかなさそうです。畜生!

レウさんも唖然 ばかねー

さっそく Vista 様が Advanced/W-ZERO3[es] を認識なさらない。

どうやらファイルの同期や転送には、Windows Mobile デバイスセンターを使用するらしいことが分かったので、さっそく USB ケーブルを刺してみることにした、Advanced/W-ZERO3[es](以降はアドエス)。

うんともすんとも言わない。

クソったれ!と Windows Vista を攻めても仕方がなく、ESET Smart Security のファイアウォールに原因があることがわかりました。NOD32 に色々と付いてしまったバージョンです。どうしようもないぐらいにだっさいパッケージで有名かもしれません。

これ、なにげにトラブル多い気がするんですよね……利用者がそもそも少ないのか、Google 先生に尋ねてみてもさっぱり出てこないので、色々と調べてみることにしてみました。

まずログを見てみると、どうやら「Microsoft Windows Mobile Remote Adapter」 のUDP通信をすべて切って捨てているのが原因の様子。

2008/02/09 22:49:27 使用されたルールが見つかりません 169.254.2.2:5353 169.254.2.2:5353 UDP C:\Program Files\Bonjour\mDNSResponder.exe NT AUTHORITY\SYSTEM

うん。Bonjour さんさえどうにかできれば、解決しそうな気はする。

フィルタリングモードを「自動」から「対話モード」に切り替えて、思わず唸りたくなるほどの『許可する』ウィンドウの山々と戦いつつ、Bonjour Service の mDNSResponder.exe の通信を許可してあげたタイミングで接続に成功。

このまま運用していくとなると、日々うっとうしい早く許可しろよウィンドウに悩まされ続けることになるので、さすがにこれはない。やっぱり適当な「自動」モードに戻したい。

普通ならここで、じゃあこのアプリを除外指定して~となるんですが、この ESET はそれができないという神仕様なので、このまま「対話モード」にしておくしかなさそうです。おとなしくウィルスバスターとかにしとこうかな……。

no music, no life

我が家にはテレビがありません。

昔からテレビを見るほうではありませんでしたし、テレビを置くスペースがあるなら、それを取っ払ってでも部屋を広くしたいと考えた、レウさんを迎えた当時のぼくはポイッと他の人にあげてしまったわけです。

ただ、やはり人の喋っている番組が恋しくなることがあります。

かといってテレビをもう一度買うのも実にアホらしい。場所を取らずに、人の喋りが聴けるものといえば……ラジオしかない! と、ラジオでも買うかと考えていた矢先に良いものを見つけました。

J-WAVEのサイトで公開されている、Windows VISTA 用のガジェット。

j-wave

最近の FM 曲ではストリーミング放送もしているようで、「ラジオ買わなくてもいけるやん」となってしまいました。ただ、いちいちサイトにアクセスして、そこから WMP が立ち上がって……なんて手順が早くもめんどくさく感じていたので、このガジェットの発見はとてもうれしい。Windows VISTA にあるサイドバーに常駐してくれるので、聴きたいときにぷちっと再生ボタンを押すだけで繋がってくれます。

別に音楽がなければ狂って死ぬほどの音楽中毒者ではありませんが、それでも iTunes のライブラリは 40GB 近くになっているので、それなりに音楽が好きなぼくには手放せないガジェットになってくれそうです。

で、ちょうどいま流れていた、平井堅の「Twenty! Twenty! Twenty!」は、彼が尊敬するアーティスト KAN の作詞・作曲 ((アイドル以外に曲をおろしたのは、実はこれが初めてなんじゃなかろうか?))だそうです。なんでも J-WAVE でしか聴けないそう。

KAN さんファンとしては、この曲が聴けただけでガジェットを入れた甲斐があるってものです(笑)

無線LAN奮闘記 ~すでに死んでいた編~

WindowsVistaに移行して、はや二週間。やっと、それっぽく使えないハードウェアが出てきてしまった(いままで繋いでいなかった)

■ ソフトウェアアクセスポイントとしても利用可能(ニンテンドーDS Wi-Fiコネクション)

APモード、XLink Kaiモードは現時点ではVista未対応です。

PSP Xlink Modeを搭載!!筐体は持ち運びに便利なスティック型を採用:PLANEX:GW-US54Mini:製品特徴 (2007-08-03)

我が家にあるWiiとNintendoDSとPSPを電子の海(インターネット)に接続するために購入していた、Planex社製の「GW-US54Mini」。

アクセスポイント機能はVistaにはもれなく対応していないため、死亡確定。公式サイト上には「現時点では未対応」と書いているものの、現時点っていつの話よ? 職業柄か、この手の適当な記載はひっじょーに腹が立つ。

問い合わせ窓口も非常に難解な作りになっていて、どうやら電話でのサポート・センターは用意していないみたい。製品の値段もせいぜい三千円といったところだから、Vistaの対応はあまり期待しない方がいいかもしれない。

値段が安かったとはいえ、まだ二・三回しか使っていないんので若干のダメージ。とはいえ、今更XPに戻るのはめんどくさいし。

どうやら、この手のUSBタイプの製品でアクセスポイント機能がVistaに対応しているものはないようです。未だなお少数派のVISTAerの皆さんは、お気をつけください ;-)

WindowsVista アップデート予定のおはなし。

ぐだぐだなままで発売された WindowsVista。

巷ではパフォーマンスが悪いだとか、落ちまくりとかいろいろと言われているのですが、ぼくが使う限りではそんなこともなく、FFXI なんかもさくさくっと動いています。正直それほどひどい出来だとは思っていないのですが……。

後継クライアントOS 「7」が三年の開発期間(公称)後に登場するとアナウンスされたWindows Vistaですが、SP1に向けたパフォーマンス&信頼性改善アップデートのテストが始まったようです。現在のところはβテスト段階ですが、さっそく非公式リリースも登場しています。リンク先neowinの記事によれば「ほとんどのユーザにとってVistaの速度と安定性を大幅に改善する」パッチは”938979 Vista Performance and Reliability Pack”および”938194 Vista Compatibility and Reliability Pack”の2本。それぞれ32bit版 / 64bit版が存在しています。

Windows Vista パフォーマンス&信頼性アップデートパック ベータ開始&流出 – Engadget Japanese (2007-07-31)
そんな Vista に大規模アップデート!

特に Windows Vista に変更してから(若干微妙なインターフェイスをのぞいて)困っていることもないのですが、こういうアップデートの話を目にするとやはり(・ω・)=3 フヒョー となってしまいます。サービスパックではないものの、どの程度の改善が行われるのか、火曜日が楽しみです。

途中で我慢できずに流出版を入れて偉い目にあいそうな気がしないでもありません。

……。 ……。

おいしいの、それ? 「なになに!おいしいのそれ!!」